LaTeX入門 / 最初の例 / 簡単な数式 (1) / 簡単な数式 (2) / 各種パッケージの利用 / レポート / HTML と LaTeX の比較 / 複雑な数式 / 図表 / 図表の配置 / 相互参照とリンク / 文献引用 / 索引作成 / LaTeX マクロの作成 / スライドの作り方(jsarticle 編) / 応用的な使い方 / 発展編


文献引用

論文やレポートでは,引用文献のリストを作成し,本文中で文献番号を付記する必要があります。 ここでは,そのような文献引用の方法を説明します。

すべて手動で行う方法

文献リストを作る環境が thebibliography 環境です。 「そんなの enumerate 環境(番号付き箇条書き)でいいじゃないか」と思うかもしれませんが,参考文献のリストにはそれなりの形式があります。 thebibliography 環境ではその形式に従ったやり方で文献リストを作ってくれます。

文献リストを出力したいところに次のように書きます。

\begin{thebibliography}{99}
  \item 奥村晴彦,黒木裕介『\LaTeXe 美文書作成入門』第7版(技術評論社,2017)
  \item ……
\end{thebibliography}

99というのは文献リストの番号が最大で2桁になるという意味です。 これは番号部分の幅を定めるためだけに参照されます。

この方法では,本文中で文献を参照する際に自分で番号を間違えないように

奥村,黒木~[1] によれば,……であることが知られている~[3--5,7]

のように付けなければなりません(~ は,その部分で行分割しない空白です)。 これではリストの順番を変更するのに不便ですので,以下のようにコンピュータに任せた方がよいでしょう。

半分人間が行う方法

文献リストを出力したいところに次のように書きます。

\begin{thebibliography}{99}
  \bibitem{美文書} 奥村晴彦,黒木裕介『\LaTeXe 美文書作成入門』第7版(技術評論社,2017)
  \bibitem{…}  ……
\end{thebibliography}

この \bibitem には,文献名を代表するような分かりやすい名前をつけておきましょう。 そして,本文中で文献番号が欲しいところで

詳しくは奥村~\cite{美文書} 第11章を参照されたい。

のように書きます。 こうして (u)pLaTeX で2回処理すると \cite{美文書} が [1] のような番号で置き換えられます。 \cite と \bibitem を使った相互参照のある文書を処理するには,少なくとも2回タイプセットする必要があります。

文献処理の全自動化

文献の項目数が少なければ上の方法でもかまわないのですが,数が多くなってきたときには,この方法は若干面倒です。 LaTeX と組み合わせて文献データベースから自動的に参考文献リストを作るためのツールとして,BibTeX があります. ここでは,pTeX に特化した pBibTeX を用いて,文献処理を自動化してしまう方法を紹介します(upTeX に対応した upBibTeX というツールもあります)。

まず,「文献データベースファイル」を,TeX 文書のファイルとは別に作成します。 このファイル名を bunsi.bib としましょう。 この新しいファイルに,次に示すようにどんどん書いてしまうのです。

まずは日本語の文献です。

の『分子細胞生物学 第4版』という本があるとします。 その場合,相互参照のために使うラベル名を mcb とすると,次のように書きます。 author, title... といったそれぞれの項目は,順不同でかまいません。 思いついたまま書いてください。

@book{mcb,
 author = "ボルティモア,ロディッシュ,ダーネル and others",
 title = "『分子細胞生物学 第4版』",
 publisher = "東京化学同人",
 year = "2001年9月10日",
 note = "野田春彦,丸山工作 訳" }

行末のコンマを忘れずに書いてください。

このうち,author(または editor), title, publisher, year の4つは,どの本でも省略せずに書きます(他の項目は省略可)。 その他の著者の存在を示す「ほか」は,"and others" と記します。 note は本の情報等を書く項目であり,訳者はここに書いてしまいます。 なお,著者名が漢字であれば,yomi という項目に(できればアルファベットで "Kousaku Maruyama" のように)書きます。

次に,欧米の文献です。

という本があるとします。 その場合,相互参照のために使うラベル名を mcbe とすると,次のように書きます。

@book{mcbe,
 author = "D. Baltimore, H. Lodish, J. E. Darnell and others",
 title = "MOLECULAR CELL BIOLOGY, Fourth Edition",
 publisher = "W. H. Freeman",
 year = "2000" }

一方,本文(ファイル名を bunken.tex とします)には,文献リストを出力したい場所に次のように書いておきます。

本文では,先ほどと同様に文献を \cite で参照します。 あるいは,本文(\begin{document} と \bibliographystyle{jplain} の間)に \nocite{*} と書きます。 これは「一切文献を \cite で参照しません」という命令です。

確認しますが, 文献データベースファイル(bib ファイル)名は bunsi.bib です。 また,文献リストの形式には jplain というものを選びます。 これは,一般的に多く使われる文献リストの形式 です。

\documentclass{jsarticle}
\begin{document}

\textit{Molecular Cell Biology}~\cite{mcbe} (日本語訳は『分子細胞生物学』~\cite{mcb} )は,
\textit{Molecular Biology of the Cell} と並んで,しばしば分子生物学の入門書として読まれる本です。

\bibliographystyle{jplain}
\bibliography{bunsi}

\end{document}

他にも bib ファイルがあるときは \bibliography{bunsi,bunsi2} のようにコンマで区切ります。 その上で,以下のコマンドで処理します。

platex bunken
pbibtex bunken
platex bunken
platex bunken

拡張子を省略していますが,そのほうが楽でしょう。 具体的には

  1. まず bunken.tex を platex でタイプセット(bunken.dvi, bunken.aux, bunken.log ができる)
  2. 出てきた bunken.aux を pbibtex で処理(bunken.bbl, bunken.blg ができる)
  3. 文献リスト bunken.bbl ができたことを確認し,platex で bunken.tex を再度タイプセット

pbibtex が作成した文献リスト bunken.bbl を覗いてみると,thebibliography 環境が書き込まれているのがわかります。 したがって,その後の platex によるタイプセットは少なくとも2回必要です。

「文献データベースファイル」を作るのが若干面倒だと思われるかもしれません。 BibTeX 関連ツールには,そのような作業を助けてくれるツールが紹介されています。

BibTeX よりスタイルのカスタマイズが簡単な BibLaTeX という LaTeX パッケージも便利です。

Wiki 内の関連項目

リンク

W32TeX の 2009年7月20日の変更で,アスキー pTeX 付属の jbibtex は pbibtex という名前に変更され,翌日の2009年7月21日には NTTjTeX 付属の jbibtex が追加されました。 したがって,それ以前に書かれた記事を参照すると pbibtex の代わりに jbibtex というコマンドで書かれています。 適宜読み替えてください(ほぼ全ての記事は NTTjTeX ではなくアスキー pTeX 向けに書かれているようですので)。


Last-modified: 2018-04-01 (日) 13:49:45 (385d)