BasicTeX

BasicTeX は TeX Live のサブセットで,macOS 専用の TeX ディストリビューションです。 BasicTeX は TeX Live の scheme-small に対応し,LaTeX の文書作成に必要な最低限のパッケージと pdfTeXLuaTeXXeTeX などが含まれています。 BasicTeX には e-pTeXe-upTeX が含まれていませんので,日本語の LaTeX 文書を作成するためには別途 collection-langjapanese をインストールします。 collection-langjapanese をインストールすれば,jsclassesOTFBXjsclsjlreq も利用可能になります。



BasicTeX のインストール

BasicTeX.pkg でインストール

More Packages - MacTeX またはミラーサイト (MacTeX) から BasicTeX.pkg をダウンロードします。

BasicTeX のインストールの概略は以下のとおりです。

  1. ダウンロードした BasicTeX.pkg をダブルクリックしてインストールします。
  2. ターミナル上で sudo tlmgr update --self --all を実行し,最新版までアップデートします。
  3. ターミナル上で sudo tlmgr paper a4 を実行してデフォルトの用紙サイズを A4 に変更します。
  4. BasicTeX には標準で日本語 pTeX / upTeX が入っていませんので,collection-langjapanese を追加でインストールします。
    sudo tlmgr install collection-langjapanese
    collection-langjapanese をインストールすれば,依存関係で collection-langcjk もインストールされます。

Ghostscript は別途インストールする必要があります。

Homebrew でインストール

Homebrew で BasicTeX をインストールできます。

$ brew cask install basictex
$ sudo tlmgr update --self --all
$ sudo tlmgr paper a4
$ sudo tlmgr install collection-langjapanese

インストールの事例

TeX Live 2016 以降での注意点

TeX Live 2015 以前でのインストール事例・解説記事では,BasicTeX に加えて

$ sudo tlmgr install ptex

などとすれば日本語環境ができるとしているものがあります。 確かに 2015 以前では ptex をインストールすれば platex も使えるようになっていたのですが, 2016 以降では platex は platex パッケージに分離されました。 このため,ptex をインストールしただけでは platex が使えるようにはなりません。

日本語環境を構成するには,このページで解説しているように collection-langjapanese を インストールすることをおすすめします。

BasicTeX + collection-langjapanese で LuaTeX-ja を使う

TeX Live の collection-langjapanese には LuaTeX-ja も含まれています。 しかし,BasicTeX + collection-langjapanese だけでは ltjsarticle.cls などを使った文書をタイプセットすることができません。 LuaTeX-ja を実際に使用するには,別途 collection-luatex (ctablestack.sty etc.) や collection-latexextra (filehook.sty etc.) などいくつかのパッケージを追加する必要があります。

% Twitter などを参考に再現してみて,最小構成を確認できれば追記します。 -- アセトアミノフェン (2016-06-22)

% ここが参考になりそう。


Last-modified: 2018-06-22 (金) 05:12:16 (152d)