Evince

Evince は PDF, PS, EPS, DVI ファイルが表示可能なドキュメント・ビューアです. SyncTeX に対応しています. ファイルの自動更新機能もあります.



動作環境

Windows, macOS, Linux

ライセンス

GPLv2

リリース情報

https://gitlab.gnome.org/GNOME/evince/tags

変更履歴

Forks

ダウンロード/インストール

Windows

Windows 版 Evince は MSYS2 の pacman でインストールできます.フォントを埋め込まなくても日本語を表示することができます.

64-bit Evince の場合は

pacman -S mingw-w64-x86_64-evince mingw-w64-x86_64-gstreamer mingw-w64-x86_64-gst-plugins-base

32-bit Evince の場合は

pacman -S mingw-w64-i686-evince mingw-w64-i686-gstreamer mingw-w64-i686-gst-plugins-base

macOS

Arch Linux

sudo pacman -S evince poppler-data

Linux Mint/Debian/Ubuntu

Evince は GNOME の標準ドキュメントビューアなので、最初からインストールされているケースがほとんどでしょう。手動でインストールするには次のようにします。

sudo apt install evince

依存関係により evince-common パッケージもインストールされます。 GNOME keyring サポートを外した evince-gtk パッケージもあります。なお、Evince に依存したプログラムをコンパイルするには libevince-dev パッケージが必要です。

Fedora

sudo dnf install evince

openSUSE

sudo zypper install evince

Beyond Linux From Scratch

代替フォントの設定

フォントが埋め込まれていない場合に Ryumin-Light (明朝体) がゴシック体で表示されてしまう場合は ~/.config/fontconfig/fonts.conf を作成して代替フォントの設定をします. 以下の設定では TeX Live に含まれている IPAexMincho, IPAexGothic で表示するようにしています.

$ mkdir -p ~/.config/fontconfig
$ vi ~/.config/fontconfig/fonts.conf


<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
<dir>/usr/local/texlive/2018/texmf-dist/fonts/truetype/public/ipaex</dir>
<dir>/usr/share/texlive/texmf-dist/fonts/truetype/public/ipaex</dir>
<dir>/usr/share/texmf-dist/fonts/truetype/public/ipaex</dir>
<dir>/usr/share/texmf/fonts/truetype/public/ipaex</dir>

<match target="pattern">
  <test qual="any" name="family">
    <string>Ryumin</string>
  </test>
  <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
    <string>IPAexMincho</string>
  </edit>
</match>
<match target="pattern">
  <test qual="any" name="family">
    <string>GothicBBB</string>
  </test>
  <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
    <string>IPAexGothic</string>
  </edit>
</match>

</fontconfig>

$ fc-match Ryumin
ipaexm.ttf: "IPAex明朝" "Regular"
$ fc-match GothicBBB
ipaexg.ttf: "IPAexゴシック" "Regular"

使い方

コマンドラインオプション

$ evince --help
用法:
  evince [オプション...] [ファイル…] GNOME ドキュメントビューアー

ヘルプのオプション:
  -h, --help                      ヘルプのオプションを表示する
  --help-all                      ヘルプのオプションをすべて表示する
  --help-sm-client                Show session management options
  --help-gtk                      GTK+ のオプションを表示する

アプリケーションのオプション:
  -p, --page-label=PAGE           表示するドキュメントのページラベル
  -i, --page-index=NUMBER         表示するドキュメントのページ番号
  -n, --named-dest=DEST           表示する Named destination
  -f, --fullscreen                フルスクリーンモードで起動する
  -s, --presentation              プレゼンテーションモードで起動する
  -w, --preview                   プレビューアーで起動する
  -l, --find=STRING               ドキュメントの中から単語や語句を検索する
  --display=DISPLAY               使用するXのディスプレイを指定する

SyncTeX

forward and inverse search

fwdevince, evince_forward_search を使用して forward search ができます. invevince, bwdevince, evince_inverse_search, evince_backward_search を使用して inverse search ができます. inverse search は Ctrl + 左クリックで対応する TeX 文書の該当箇所にジャンプします.

fwdevince

Evince/fwdevince を参照.


Last-modified: 2018-05-27 (日) 04:21:57 (53d)