Kile

2018-05-11 に KDE Frameworks 5 に対応した Kile 3.0 beta 2 がリリースされています。



Kile とは

Kile は LaTeX の統合環境です.

SyncTeX に対応しています.

エディタ部分は KTextEditor を使用しています.

動作環境

Windows, Linux

License

GPLv2

リリース情報

News

ChangeLog

設定

[設定(S)]-[Kile を設定(C)...]-[ツール]-[ビルド]

QuickBuild

LaTeX+DVItoPDF+ViewPDF の場合

LaTeX+DVItoPDF+ViewPDF を選択します.

選択:
LaTeX+DVItoPDF+ViewPDF

LaTeX+DVItoPDF+ForwardPDF の場合

PDF ファイルを表示するときに forward search をしたい場合は

[新規...]

LaTeX+DVItoPDF+ForwardPDF

[全般] タブで

LaTeX
DVItoPDF
ForwardPDF

を設定して LaTeX+DVItoPDF+ForwardPDF を選択します.

選択:
LaTeX+DVItoPDF+ForwardPDF

LaTeX

コマンド(M):
uplatex
オプション:
-synctex=1 -interaction=nonstopmode '%source'

BibTeX

コマンド(M):
upbibtex
オプション:
'%S'

MakeIndex

コマンド(M):
upmendex
オプション:
'%S.idx'

DVItoPDF

コマンド(M):
dvipdfmx
オプション:
'%S.dvi'

ViewPDF

Okular Unique の場合

選択:
Okular Unique
コマンド(M):
okular
オプション:
--unique '%target'

Evince の場合

選択:
Evince
コマンド(M):
evince
オプション:
'%target'

qpdfview Unique の場合

[新規...]

qpdfview Unique

選択:
qpdfview Unique
コマンド(M):
qpdfview
オプション:
--unique '%target'

使い方

QuickBuild

メニューの [ビルド(U)]-[QuickBuild] でビルドして PDF ファイルを表示します.

Okular との連携

forward search

[設定(S)]-[Kile を設定(C)...]-[ツール]-[ビルド]

ForwardPDF

選択:
Okular
コマンド(M):
okular
オプション:
--unique '%absolute_target'

Kile のメニューの [ビルド(U)]-[表示(V)]-[ForwardPDF] で forward search ができます.

inverse search

Okular のメニューの [設定(S)]-[Okular を設定(O)...]-[エディタ] の項目から Kile を選択します.

エディタ:
Kile
コマンド:
kile --line %l

Shift + 左クリックで対応する TeX 文書の該当箇所にジャンプします.

Evince との連携

forward search

fwdevince は Evince/fwdevince の fwdevince を使用します.



#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

import sys
import re
import subprocess

if __name__ == '__main__':
    m = re.match(r'file:(\S*)#src:(\S*) (\S*)', sys.argv[1])
    if m:
        pdf = m.group(1)
        line = m.group(2)
        tex = m.group(3)
        subprocess.call(['fwdevince', pdf, line, tex])

$ chmod +x kile2fwdevince
$ sudo cp -p kile2fwdevince /usr/local/bin

[設定(S)]-[Kile を設定(C)...]-[ツール]-[ビルド]

ForwardPDF

[新規...] をクリックして Evince を入力します.

選択:
Evince
コマンド(M):
kile2fwdevince
オプション:
'%target'

Kile のメニューの [ビルド(U)]-[表示(V)]-[ForwardPDF] で forward search ができます.

qpdfview との連携

forward search



#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

import sys
import re
import subprocess

if __name__ == '__main__':
    m = re.match(r'file:(\S*)#src:(\S*) (\S*)', sys.argv[1])
    if m:
        pdf = m.group(1)
        line = m.group(2)
        tex = m.group(3)
        args = pdf + '#src:' + tex + ':' + line + ':0'
        subprocess.call(['qpdfview', '--unique', args])

$ chmod +x kile2qpdfview
$ sudo cp -p kile2qpdfview /usr/local/bin

[設定(S)]-[Kile を設定(C)...]-[ツール]-[ビルド]

ForwardPDF

[新規...] をクリックして qpdfview を入力します.

選択:
qpdfview
コマンド(M):
kile2qpdfview
オプション:
'%target'

Kile のメニューの [ビルド(U)]-[表示(V)]-[ForwardPDF] で forward search ができます.

inverse search

[Edit]-[Settings...]-[Behaviour]

Source editor:
kile --line %2 "%1"

ダブルクリックで対応する TeX 文書の該当箇所にジャンプします.

zathura との連携

forward and inverse search

の Forward/Inverse Search with Kile を参照.

関連リンク


Last-modified: 2018-07-07 (土) 01:39:40 (162d)