LaTeX コマンドの誤用例

LaTeX(および各種パッケージ)が提供するコマンドの誤用例であって,しかもユーザ自身ではそれが誤用であることに気づきにくいものを取り上げてみます.

ここではエラー・警告は出ないものを扱うことにしましょう. 厳密に「誤用」例に限ると数が集まらないでしょうから,「各コマンドの仕様が微妙であることによるトラブル」も集めてみます.



エラーは出ないが,本来の仕様からは誤りである例

箇条書きの環境において,箇条書きの各項目を \item の引数にしている

enumerate,itemize といった箇条書きの環境(内部で list,trivlist 環境を用いている環境)の \item は必須の引数をとりません. つまり,

\begin{itemize}
  \item foo
  \item bar
\end{itemize}

のように各項目を余分な括弧で囲まずに記述するのが正しく

\begin{itemize}
  \item{foo}
  \item{bar}
\end{itemize}

のように各項目を \item の通常の引数であるかのように記述するのは誤りです. この誤用がもたらす問題の一例は qa:30976 にあります. \item の直後に書体・文字サイズ・色といった属性を指定した文字列を記述する場合は,引数型の書体変更・色変更コマンドを用いるか,\item の直後に \leavevmode や\mbox{} を置いてグループに入る前に段落を開始してください.

なお,\item には項目の番号・記号を直接指定するためのオプション引数はありますが,それと混同しないでください.

コマンドの仕様が微妙であることによるトラブル例

\paragraph などの後続の記述を追い込む見出しコマンドの直後で,宣言型の色変更コマンドを使用

qa:29823 で例示され qa:29827 で解説されているように,標準配布のクラスファイルにおける \paragraph のような見出しコマンドの直後で

\paragraph{foo}
{\color{blue}Bar ...}

のごとく宣言型の \color で色変更を行うと \paragraph による見出しにまで色がついてしまいます. この場合は,引数型のコマンド \textcolor を用いて色をつけてください.


Last-modified: 2015-05-10 (日) 22:44:26 (1077d)