非推奨のコマンド・パッケージ

マクロ定義

\def によるマクロの定義は推奨されません.なぜなら,それ以前に同名のマクロが定義されていても警告なしに上書きしてしまうからです.マクロの定義には「可能な限り」 \newcommand,再定義には \renewcommand を使うようにしてください.

発展的な話題

xparse というパッケージを使用するとより柔軟にマクロを定義することができます.

書体変更コマンド

以下のコマンドは1993年にリリースされた LaTeX2e の New Font Scheme Selection (NFSS) release 2 をサポートしていないため,非推奨です.NFSS とは書体の選択についての機構です.

以下の表の代替コマンドを使用してください.

非推奨コマンド代替コマンド書体
{\bf ...}\textbf{...}\bfseries太字
{\it ...}\textit{...}\itshapeイタリック体
{\rm ...}\textrm{...}\rmfamilyローマン体
{\sc ...}\textsc{...}\scshapeスモールキャピタル
{\sf ...}\textsf{...}\sffamilyサンセリフ体
{\sl ...}\textsl{...}\slshapeスラント体 (光学的斜体)
{\tt ...}\texttt{...}\ttfamilyタイプライター体

非推奨コマンドはそれ以前の設定を上書きします.例えば {\it \bf hoge} だと hoge は太字にはなりますが,イタリックにはなりません.代替コマンドを用いて \textit{\textbf{hoge}} (あるいは \textbf{\textit{hoge}}) とすれば太字かつイタリックになります.

なお,{\em ...} および \emph{...} は非推奨ではないので,問題なく使用出来ます.

和文では上記に加え以下のコマンドも非推奨なので注意してください.

非推奨コマンド代替コマンド書体
{\mc ...}\textmc{...}\mcfamily明朝体
{\gt ...}\textgt{...}\gtfamilyゴシック体

参考文献

コメント



Last-modified: 2016-07-22 (金) 22:37:05 (1096d)