Microsoft Office

言わずと知れた Word, Excel, PowerPoint, Access など。

公式サイト

ここでは,TeX/LaTeX と関連づけた利用法(Office 文書への数式の挿入,Office による図の作成など)に絞って説明します。



Microsoft Word で PDF を作る

Word は,同じファイルを開いても,同じように書いても,バージョン,設定,テンプレート,プリンター*1,その他の環境の違いによって,レイアウトが変わってしまうという嫌な特徴を持っています。 正しい方法で PDF にしておけば,レイアウトの崩れは防げます。

以前は,和文フォントを埋め込まずに「リュウミンL-KL」「中ゴシックBBB」にしておけば

といった理由で,以前は好まれていました。 しかし,最近では PDF の仕様が変更され,むしろ基本書体以外のフォントを埋め込むことが推奨されています(PDF1.7 仕様書)。

The Identity-H and Identity-V CMaps shall not be used with a non-embedded font. Only standardized character sets may be used.

通信の高速化により軽い PDF への要求は以前ほどではなくなりましたし,「いっそのことすべて埋め込んでくれ」という場合が今後は多くなるでしょう*2。 学会で配布する PDF などでは,海外のコンピュータでそのまま開けるように和文フォントを埋め込んだほうがよいでしょう。

フォントを埋め込まない PDF の作り方(Adobe Acrobat Distiller DC 使用)

上で述べたとおり,現在では基本書体以外のフォントを埋め込むのが主流です。 それでもフォントを埋め込みたくない場合は以下の方法が有効でしょう。

紙に印刷するには,Word ではなく Adobe Acrobat Reader DC(または Adobe Acrobat DC)の印刷メニューで,プリンター名を物理的なプリンターに変えてから印刷しましょう。

なお,PDF ではなく Word のファイルとして保存する場合には,プリンターフォントではなく Windows 標準の TrueType フォントを使わないと,開いた環境により文字がずれてしまいます。

Office で PDF を作成する際の注意

Word などの極細 (0.25 pt) の罫線は使わないほうが無難です。 画面では見えても,印刷すると飛んでしまうことがあります。

アドイン

プレゼンツールを参照.

LaTeX との比較

いわゆる「ワープロソフト」と LaTeX はまったく異なるツールで,見た目だけに注目した単純な比較はナンセンスです。 はじめての方へもお読みください。

Word の正しい使い方

「ネ申 Excel」への警鐘

外部リンク


*1 プリンター依存性は Word 2000 でほぼ解消されたようです。
*2 「MS 明朝を埋め込むこと」といった指示は Linux/macOS ユーザに酷ですが…

Last-modified: 2018-11-17 (土) 23:22:00 (61d)