TeX と外字

ここでは,TeX や LaTeX で外字を扱うための方法を説明します。

外字とは,特定の文字集合(文字コードなど)に含まれない文字をいい,日本では一般に JIS 規格(通常は JIS X 0208,稀に JIS X 0213 や JIS X 0221)に含まれない文字をいいます。 表外字または拡張漢字と呼ばれることもあります。



OTF パッケージで Adobe-Japan1-6 の 23,058 グリフ

OTF パッケージ(ベータ版・開発版)を使えば,Adobe-Japan1-6 の 23,058 グリフを出力できます。 ほとんどの文字はこれで大丈夫でしょう。

Illustrator や Inkscape による外字作成

Adobe-Japan1-6 にもない文字は IllustratorInkscape で作ってしまいましょう。 ここでは Illustrator を例に説明します。

まず目印に一辺100ポイントの正方形を描いておきます。 間違えて消したり動かしたりしないようにロックしておくといいでしょう。

100ポイントの正方形

左下隅から12ポイント上がったところが起点になるように元となる文字を入力します。

元になる文字の入力

文字のアウトラインをとって,修正します。 この場合,中央の「一」と「口」を選択して「←」キーを数回押し,次に「口」の左縦棒だけ選択してさらに「←」キーを数回押せばいいでしょう。

文字の修正

目印の正方形の枠の塗りをなしにしてから EPS 形式で保存します。 ここではファイル名を kou-itai.eps としました。

枠の塗りを無しに

実際に LaTeX 文書中に入れてみましょう。

これを処理した結果です:

精興社と外字の例

同様にして Inkscape でも外字を作成することができます。

IPAmj 明朝の利用

人名の表記等,細かな字形の差異を特別に使い分ける必要のある業務等での活用を想定した IPAmj 明朝フォントを利用する ipamjm パッケージ があります。 IPAmj 明朝の MJ 文字図形名の番号を指定して当該グリフを表示させます。

さらに,IVS による異体字表現をサポートする PXipamjm パッケージもあります。

グリフウィキの活用

フリーな「漢字字形共有サイト」であるグリフウィキで登録された漢字字形を LaTeX 文書で簡単に利用できるようにするパッケージとして,BXglyphwiki パッケージが開発されています。

各種マーク

有用なマークを EPS 化されたものがありましたら,実体または URL を送っていただければ幸いです。

絵文字を出力する

upLaTeX で絵文字を出力する試みがあります。

XeLaTeXLuaLaTeX で絵文字を出力する方法の紹介です。

関連リンク


Last-modified: 2018-04-21 (土) 20:24:45 (238d)