TeXnicle



TeXnicle とは

TeXnicle は TeX 統合環境です. SyncTeX に対応しています.

動作環境

macOS

License

BSD 2-Clause

リリース情報/ChangeLog

スクリーンショット

The TeXnicle main screen showing the code snippet library.The TeXnicle main screen showing the editor and project tree.The TeXnicle main screen showing the symbol palette.A TeXnicle project with bookmarks
The TeXnicle main
screen showing the
code snippet library.
The TeXnicle main
screen showing the
editor and project
tree.
The TeXnicle main
screen showing the
symbol palette.
A TeXnicle project
with bookmarks
The TeXnicle main project screenThe code snippets libraryA stand-alone editor.
The TeXnicle main
project screen
The code snippets
library
A stand-alone editor.

設定

MacTeX がインストールされていることを前提としています.
デフォルトでは pdflatex を使用することになっているので、日本語 upLaTeX(e-upTeX)で使用する場合は以下のように新たな設定を追加します.

uplatex+dvipdfmx として設定する方法

  1. 「Preferences」-「Typesetting」の項で Engines タブを選択し、表中の latex を選択して Duplicate します.
  2. コピーした engine ファイル (latex.engine) を選択し、Edit します.
  3. 28行目の ENGINE の行を以下のように修正します.
    ENGINE=$TEXLOC/uplatex
  4. 29行目の DVIPS の行を以下のように修正します.
    DVIPDFMX=$TEXLOC/dvipdfmx
  5. 30行目の PS2PDF の行は不要なのでコメントアウトします.その他、ps2pdf に係わる行を好みに応じてコメントアウトしておきます.
    #PS2PDF=/usr/local/bin/ps2pdf
  6. 76行目〜の dvips を使用する設定を dvipdfmx を使用するように設定し直します.
      # Run dvipdfmx
      echo "***------------------------------------------------------------"
      echo "*** Doing dvipdfmx on $mainfile..."
      echo "***------------------------------------------------------------"
      $DVIPDFMX "$mainfile"
  7. 92行目の完了表示を以下のように修正します.
    echo "*** uplatex.engine has completed."
  8. 編集済みの engine ファイルを保存して閉じ、Reveal すると Finder 上 で選択されるので、ファイル名をわかりやすく(たとえば uplatex.engine に)修正します.
  9. 「Preferences」-「Typesetting」の項で Typesetting タブを選択し、Default Engine に日本語 upLaTeX 用に書き直した新しい engine を選択します.
  10. 個々のファイルでその都度 engine を選択するには、画面左の歯車マークを選択して Engine を設定します.

Happy LaTeXing!

便利技

画面幅で改行

「Preferences」-「General」で、Hard wrap とあるのを Soft wrap に設定します.改行幅も設定できます.

使い方

ウィンドウ中央に TeX ソースを記述すると、ウィンドウ右に pdf ファイルが表示されます。
コマンドキー+クリックで、ソースと pdf の該当箇所を相互に参照できます.
Live Update を有効にしておくと、修正するたびに自動でコンパイルしてくれます(on/off は設定可能です).

関連リンク


Last-modified: 2018-04-30 (月) 20:29:38 (112d)