TeXworks > 設定 > Windows



タイプセットの設定

TeX Live

設定前

公式サイトで配布されている TeXworks は pdfLaTeX がデフォルトになっています.

upLaTeX (ptex2pdf), Latexmk, Latexmk-upLaTeX, Latexmk-LuaLaTeX を使ってタイプセットできるように設定します.

タイプセットの設定については Common Workflows にも記述されているので参考にしてください.

$synctexoption, $fullname, $basename などの意味に関しては,Defining new typesetting tools を参照してください.


                           TeXworksの設定                     [ ][ 🗙 ]

  [ 全体 ][ エディタ ][ プレビュー ][ タイプセット ][ スクリプト ]
    TeXおよび関連プログラムのパス
                                                          [go up] [go down]



                                                          [list add] [list remove]

    タイプセットの方法
     pdfTeX                                                 [go up] [go down]
     pdfLaTeX                                                [ 編集 ]
     LuaTeX
     LuaLaTeX
     XeTeX
     XeLaTeX
     ConTeXt (LuaTeX)
     ConTeXt (pdfTeX)
     ConTeXt (XeTeX)
     BibTeX
     MakeIndex
                                                          [list add] [list remove]
    デフォルト: [ pdfLaTeX                                      ▼]

   コンソール出力を表示しない   [ 自動で隠す              ▼]


upLaTeX (ptex2pdf)

ptex2pdf を使って設定します.


                タイプセットの方法を設定する          [ ][ 🗙 ]

  名前:    upLaTeX (ptex2pdf)
  プログラム: ptex2pdf
  引数:    -u
         -l
         -ot
         $synctexoption -no-guess-input-enc -kanji=utf8
         $fullname


                                         [list add] [list remove]
  ☑ 実行後、PDFを表示する


Latexmk

Latexmk で PDF ファイルを作成します.

タイプセットの方法の [list add] をクリックします.

名前とプログラムを入力します.

[list add] をクリックして新しい引数を追加し,入力します.

実行後、PDFを表示するにチェックをしてください.組み込みビューアを使用して PDF ファイルを表示します.


                タイプセットの方法を設定する          [ ][ 🗙 ]

  名前:    Latexmk
  プログラム: latexmk
  引数:    $fullname






                                         [list add] [list remove]
  ☑ 実行後、PDFを表示する


Latexmk-upLaTeX

Latexmk で PDF ファイルを作成します.

タイプセットの方法の [list add] をクリックします.

名前とプログラムを入力します.

[list add] をクリックして新しい引数を追加し,入力します.

実行後、PDFを表示するにチェックをしてください.組み込みビューアを使用して PDF ファイルを表示します.


                タイプセットの方法を設定する          [ ][ 🗙 ]

  名前:    Latexmk-upLaTeX
  プログラム: latexmk
  引数:    -e
         $latex=q/uplatex %O -synctex=1 -kanji=utf8 -no-guess-input-enc %S/
         -e
         $bibtex=q/upbibtex %O %B/
         -e
         $biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/
         -e
         $makeindex=q/upmendex %O -o %D %S/
         -e
         $dvipdf=q/dvipdfmx %O -o %D %S/
         -norc
         -gg
         -pdfdvi
         $fullname
                                         [list add] [list remove]
  ☑ 実行後、PDFを表示する


Latexmk-LuaLaTeX

Latexmk で PDF ファイルを作成します.

タイプセットの方法の [list add] をクリックします.

名前とプログラムを入力します.

[list add] をクリックして新しい引数を追加し,入力します.

実行後、PDFを表示するにチェックをしてください.組み込みビューアを使用して PDF ファイルを表示します.


                タイプセットの方法を設定する          [ ][ 🗙 ]

  名前:    Latexmk-LuaLaTeX
  プログラム: latexmk
  引数:    -e
         $lualatex=q/lualatex %O -synctex=1 %S/
         -e
         $bibtex=q/upbibtex %O %B/
         -e
         $biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/
         -e
         $makeindex=q/upmendex %O -o %D %S/
         -norc
         -gg
         -pdflua
         $fullname
                                         [list add] [list remove]
  ☑ 実行後、PDFを表示する


設定後

デフォルトを upLaTeX (ptex2pdf) または pdfupLaTeX に変更します.
タイプセットのコンソール出力を確認したい場合は 「コンソール出力を表示しない」 に 『表示する』 を指定します.


                           TeXworksの設定                     [ ][ 🗙 ]

  [ 全体 ][ エディタ ][ プレビュー ][ タイプセット ][ スクリプト ]
    TeXおよび関連プログラムのパス
                                                          [go up] [go down]



                                                          [list add] [list remove]

    タイプセットの方法
     upLaTeX (ptex2pdf)                                          [go up] [go down]
     pdfTeX                                                 [ 編集 ]
     pdfLaTeX
     LuaTeX
     LuaLaTeX
     XeTeX
     XeLaTeX
     ConTeXt (LuaTeX)
     ConTeXt (pdfTeX)
     ConTeXt (XeTeX)
     Latexmk
     Latexmk-upLaTeX
     Latexmk-LuaLaTeX
     BibTeX
     MakeIndex
                                                          [list add] [list remove]
    デフォルト: [ upLaTeX (ptex2pdf)                                ▼]

   コンソール出力を表示しない   [ 表示する               ▼]


SumatraPDF との連携

pdfupLaTeXS

pdfuplatexS.bat を作成します.



@echo off
ptex2pdf -u -l -ot "-synctex=1 -kanji=utf8 -no-guess-input-enc" %1 && ^
if %ERRORLEVEL% equ 0 (
tasklist /fi "IMAGENAME eq SumatraPDF.exe" /nh | ^
findstr "SumatraPDF.exe" > nul || ^
echo rundll32 shell32,ShellExec_RunDLL SumatraPDF -reuse-instance "%~n1.pdf" | ^
cmd
)

実行後、PDFを表示するのチェックをはずします.


                タイプセットの方法を設定する          [ ][ 🗙 ]

  名前:    pdfupLaTeXS
  プログラム: pdfuplatexS.bat
  引数:    $basename






                                         [list add] [list remove]
  ☐ 実行後、PDFを表示する


LuaLaTeXS

lualatexS.bat を作成します.



@echo off
lualatex -synctex=1 %1 && ^
if %ERRORLEVEL% equ 0 (
tasklist /fi "IMAGENAME eq SumatraPDF.exe" /nh | ^
findstr "SumatraPDF.exe" > nul || ^
echo rundll32 shell32,ShellExec_RunDLL SumatraPDF -reuse-instance "%~n1.pdf" | ^
cmd
)

実行後、PDFを表示するのチェックをはずします.


                タイプセットの方法を設定する          [ ][ 🗙 ]

  名前:    LuaLaTeXS
  プログラム: lualatexS.bat
  引数:    $basename






                                         [list add] [list remove]
  ☐ 実行後、PDFを表示する


inverse search

TeX コマンドのオプションに -synctex=1 を追加します.

SumatraPDF の [☰]-[設定(S)]-[オプション(O)...] の逆順検索コマンドラインの設定に以下の記述を設定します.

"C:\texlive\2018\tlpkg\texworks\texworks.exe" --position=%l "%f"

--position オプションはファイル名よりも先に指定しなければうまくいきません.

Adobe Acrobat Reader DC との連携

pdfupLaTeXA

pdfuplatexA.bat を作成します.



@echo off
tasklist /fi "IMAGENAME eq AcroRd32.exe" /nh | ^
findstr "AcroRd32.exe" > nul && ^
pdfopen --file "%~n1.pdf" && ^
pdfclose --file "%~n1.pdf" & ^
ptex2pdf -u -l -ot "-synctex=1 -kanji=utf8 -no-guess-input-enc" %1 && ^
powershell -Command "& {$pdf = """%~n1.pdf"""; $pages = (pdfinfo $pdf | Select-String "^Pages:"); $page = (-split $pages)[1]; pdfopen --file $pdf --page $page}"

実行後、PDFを表示するのチェックをはずします.


                タイプセットの方法を設定する          [ ][ 🗙 ]

  名前:    pdfupLaTeXA
  プログラム: pdfuplatexA.bat
  引数:    $basename






                                         [list add] [list remove]
  ☐ 実行後、PDFを表示する


LuaLaTeXA

lualatexA.bat を作成します.



@echo off
tasklist /fi "IMAGENAME eq AcroRd32.exe" /nh | ^
findstr "AcroRd32.exe" > nul && ^
pdfopen --file "%~n1.pdf" && ^
pdfclose --file "%~n1.pdf" & ^
lualatex -synctex=1 %1 && ^
powershell -Command "& {$pdf = """%~n1.pdf"""; $pages = (pdfinfo $pdf | Select-String "^Pages:"); $page = (-split $pages)[1]; pdfopen --file $pdf --page $page}"

実行後、PDFを表示するのチェックをはずします.


                タイプセットの方法を設定する          [ ][ 🗙 ]

  名前:    LuaLaTeXA
  プログラム: lualatexA.bat
  引数:    $basename






                                         [list add] [list remove]
  ☐ 実行後、PDFを表示する



Last-modified: 2018-06-23 (土) 01:41:27 (115d)