索引作成には,mendex(もしくは makeindex)を用いる.

''目次''
#contents

**参考情報 [#xd191e7b]
[[奥村晴彦:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/]]著『[[[改訂第4版] LaTeX2e 美文書作成入門:http://www.gihyo.co.jp/books/syoseki.php/4-7741-2984-4]]』

**索引語(\index{})の挿入 [#td781055]
ソース内で,索引語には \index{} コマンドを付ける.
 索引語\index{さくいんご@索引語}を挿入\index{そうにゅう@挿入}する.
// なお,索引語が長い場合,索引語の途中で改ページが起こる場合を考慮して
// ……\index{むやみにながいさくいんご@むやみに長い索引語}むやみに長い索引語……
// のごとく,\index コマンドを索引語の「直前」に置くほうがよいこともあります.
-漢字の「読み方」:「漢字の読みの辞書」を問題無く作成する人は必ずしも多くない(?)ので,基本的には一つ一つの\index{} コマンドに「読み方」を付けた方が好ましい?
- 当然ながら\index{} コマンドの引数はミスが許されない.ミスによって異なるものが混在すると,異なる索引語として認識される.
--\index{} コマンドを挿入する場合,一人の人が全ページにわたって挿入作業すべき.複数人で行うと\index{} コマンドの引数の統一化は困難.

***「漢字の読みの辞書」の利用 [#afbc0ab7]
「漢字の読みの辞書」を用いた場合は,\index コマンドに「読み方」の記述は不要.
//次のように,ソース内では「索引語」,「挿入」に対する
 索引語\index{索引語}を挿入\index{挿入}する.

- マクロ定義の試み:
もし,
 \def\term#1{#1\index{#1}}
とマクロ定義し,これを利用すると,
 \term{索引語}を\term{挿入}する.

- ただし,辞書に登録していない語あるいは辞書に登録した「読み方」とは異なる「読み方」をする語に対しては,「読み方」の指定が必要.\index{}コマンド内に読み方が記述された場合は辞書を見に行かない.
 \index{ゆうせんされるよみかた@優先される読み方}

- mendex実行例と「漢字の読みの辞書」ファイル
 $ mendex -d foo.dic foo.idx
 $ cat foo.dic
 # Japanese pronounciation dictionary (tab-separated)
 索引 さくいん
 語  ご
 挿入 そうにゅう
 #

***漢字の「読み方」を得る方法 [#o996016f]
例えば,saykotoeri というコマンドがあるようです(MacOSX用). http://sites.google.com/site/nicohemus/home/saykotoeri
 $ saykotoeri -o -m "索引"
 さくいん

***別名を持つ用語の索引化 [#l86bc3d9]
用語の別名の索引は,基本的に「see」を用い,ページ数は表示させない方が良さそう.
すなわち,記述例として,
-ソース内のどこかに下記を記述し,
 \index{クラクション|see{警笛(クラクション)}}
-本文内の\index{}コマンド付けは,
 警笛\index{けいてき(クラクション)@警笛(クラクション)}
 クラクション\index{けいてき(クラクション)@警笛(クラクション)}


***索引におけるページ番号表示を加工 [#de756abb]
ソース内で,加工コマンド付きの \index{・|加工コマンド} を付加する.ボールド体で表示の例.
 索引語\index{さくいんご@索引語|textbf}を挿入\index{そうにゅう@挿入|textbf}する
// たとえ記述例であろうと,「『漢字を含む索引語』に対し
// 『読み方(というよりソートキー)を完全に省略した』例」は挙げないでください.

***\index{} コマンドの自動挿入 [#b8a9b6bc]
試み例 (texindex.pl): 寒川光「LaTeX&PostScritスーパーユーザのテクニック」共立出版
// もっとも,\index コマンドの自動挿入などということは,
// 「あまり出現しない語句」に対してしか有用ではないと思われます.
// ([[qa:47376]] 参照)


***\index{} コマンドの挿入位置 [#y3854ca0]

下記の位置に\index{} コマンドを挿入すると,文字詰めを殺してしまう.
挿入位置に注意が必要.下記の位置に\index{} コマンドを挿入すると,文字詰めを殺してしまう.
-「)」と句読点との間
-「)」と\footnote{}コマンドとの間


**索引語(\index{})の付け方 [#d893e47a]
編集者・出版社のノウハウ(門外不出?)かもしれません

- 例えば,ある人物(アインシュタイン)の評伝の本で,アインシュタインという言葉を索引にするかしないか? するならば,全出現箇所(多数)のうちのどこに付けるのかを決める規範は?
- 全出現数がn箇所(nページ)以下の索引語化を決めた語句に対しては,その全出現箇所に付けるのが適切か?(例えばn=2 ?)
- 学術書等では,そこで使用されている専門用語の語義を読者が知ろうとするニーズが割と多そうです.そうすると語義を書内で示すこと及びそのページを索引で示すことは重要.

- 外部情報
-- [[索引(wikipedia): http://ja.wikipedia.org/wiki/索引]]