* TeX についての本 [#t7384365]

** 日本語の本 [#g6b468a6]

-Knuth
[[『TeXブック』改訂新版:http://www.ascii.co.jp/books/detail/4-7561/4-7561-0120-8.html]]
斉藤信男監修/鷺谷好輝訳(アスキー,1992年,5825円,ISBN4-7561-0120-8)
……TeX の原典です。LaTeXの解説ではありません。
原著のソースファイル:[[CTAN:systems/knuth/tex/texbook.tex]]

-Lamport
[[『文書処理システムLaTeX2e』:http://www.pearsoned.co.jp/hed/search/onlinecatalog.html?id=87]]
阿瀬はる美訳(ピアソン・エデュケーション,1999年,3000円,ISBN4-89471-139-7)
……LaTeX2e の原典です。
正誤表 [[CTAN:macros/latex/base/manual.err:http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/macros/latex/base/manual.err]]

-中野賢
[[『日本語LaTeX2eブック』:http://www.ascii.co.jp/books/detail/4-7561/4-7561-1667-1.html]]
(アスキー,1996年,ISBN4-7561-1667-1)
……pTeX 2.x,pLaTeX2e 開発者による決定版です。

-LaTeX コンパニオン3部作 :
--Goossens,Mittelbach,Samarin
[[『The LaTeXコンパニオン』:http://www.ascii.co.jp/books/detail/4-7561/4-7561-1813-5.html]]
アスキー書籍編集部監訳(アスキー,1998年,ISBN4-7561-1813-5,4800円)
……LaTeX3プロジェクトの金字塔の訳です。
[[CTAN:info:http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/info/]]
に companion何々 といったファイル名の正誤表などがあります。
これの第2版が出ました(まだ邦訳はありません)。
--Goossens,Rahtz,Mittelbach
[[『LaTeXグラフィックスコンパニオン』:http://www.ascii.co.jp/books/detail/4-7561/4-7561-3461-0.html]]
鷺谷好輝訳(アスキー,2000年,ISBN4-7561-3461-0,5400円)
……上記の続編です。
[[CTAN/info/LaTeX_Graphics_Companion/:http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/info/LaTeX_Graphics_Companion/]] にサンプルコード類があります。
--Goossens,Rahtz
[[『LaTeX Webコンパニオン――TeXとHTML/XMLの統合』:http://www.ascii.co.jp/books/detail/4-7561/4-7561-3973-6.html]]
鷺谷好輝訳(アスキー,2001年,ISBN4-7561-3973-6,4800円)

-[[乙部さん:http://argent.shinshu-u.ac.jp/otobe/]],
[[藤田さん:http://imt.chem.kit.ac.jp/fujita/fujitas/rd/texlatex.html]]
の一連の本は定評があります :

--乙部厳己・江口庄英
[[『pLaTeX2e for Windows Another Manual Vol.1 Basic Kit 1999』:http://www.sbpnet.jp/books/products/detail.asp?sku=4797307188]](ソフトバンクパブリッシング,1999年)/
[[『pLaTeX2e for Windows Another Manual Vol.2 Extend Kit』:http://www.sbpnet.jp/books/products/detail.asp?sku=4797302674]](ソフトバンクパブリッシング,1997年)
--藤田眞作
[[『LaTeX2e階梯 第2版』:http://www.pearsoned.co.jp/hed/search/onlinecatalog.html?id=145]](ピアソンエデュケーション,2000年)/
[[『pLaTeX2e入門・縦横文書術』:http://www.pearsoned.co.jp/hed/search/onlinecatalog.html?id=121]](ピアソンエデュケーション,2000年)/
[[『LaTeX2eコマンドブック コマンドブックシリーズ』:http://www.sbpnet.jp/books/products/detail.asp?sku=4797322802]](ソフトバンクパブリッシング,2003年)

-奥村晴彦 [[『[改訂第3版]LaTeX2e 美文書作成入門』:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/bibun3/]]
(技術評論社,2004年)[[[Amazonへのリンク:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774119407/]]]
……角藤さんの最新の W32TeX と WinShell,dviout,Mac OS X
用バイナリなどを収めた CD-ROM が付いています。

-ページ・エンタープライゼズ(株)[[『LaTeX2eマクロ&クラスプログラミング基礎解説』:http://www.gihyo.co.jp/books/syoseki.php/4-7741-1546-0]](技術評論社,2002年,2980円,ISBN4-7741-1546-0)
……マクロやスタイルファイル(クラスファイル)の活用・構築への高度な入門書。
吉永さんによる続編 [[『LaTeX2εマクロ&クラス プログラミング実践解説』:http://www.gihyo.co.jp/books/syoseki.php/4-7741-1758-7]](技術評論社,2003年,3280円,ISBN4-7741-1758-7)
……実践的な解説書。 [[[サポートページ:http://www.h4.dion.ne.jp/~latexcat/support/support-index.html]]]

-本田知亮[[『LaTeX2e 標準コマンド ポケットリファレンス』:http://www.gihyo.co.jp/books/syoseki.php/4-7741-2423-0]](技術評論社,2005年,2380円,ISBN4-7741-2423-0)……文書の体裁のカスタマイズの急所を押さえた解説。

-阿瀬はる美
[[『てくてくTeX(上:http://www.ascii.co.jp/books/detail/4-7561/4-7561-0222-0.html]]・[[下)』:http://www.ascii.co.jp/books/detail/4-7561/4-7561-0223-9.html]]
(アスキー,1994年,各2,039円,上ISBN4-7561-0222-0 下ISBN4-7561-0223-9)
……UNIX MAGAZINEの連載をまとめたもの.楽しく読みやすく,本格的.LaTeX2.09 のころのものですが,勉強になります.

-皆本晃弥
[[やさしく学べるpLaTeX2ε入門:http://www.saiensu.co.jp/books-htm/ISBN4-7819-1032-7.htm]]
(サイエンス社,2003,2835円,ISBN4-7819-1032-7)
……情報処理教育としての講義・演習に使えるpLATEX2εの入門書.基本から,数式,表作成,パッケージ,Web,プレゼンテーションへの利用まで解説.複雑な数式も扱えるようにAmS-LaTeXについても紹介している.
[[作者サポートページ:http://www.ma.is.saga-u.ac.jp/minamoto/latex/]]

[[本棚.orgに棚:http://pitecan.com/Bookshelf/TeX/]],
[[文献データベース>TeXの本/文献データベース]]を作ってみました。
併せてどうぞ。

** 英語の本 [#j5832dce]

本を紹介しているサイト:

-[[Books about TeX and Friends:http://tug.org/books/]] (TUG)
-[[Suggested TeX and LaTeX Books (and other printed resources):http://www.macrotex.net/texbooks/]]

** オンライン本 [#kc5cec06]

上の「英語の本」のリンクにもいくつか載っています。

-The Not So Short Introduction to LaTeX2e:&br;
[[CTAN:info/lshort/:http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/info/lshort/]]
に各国語版あり(日本語版は
[[CTAN:info/lshort/japanese/:http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/info/lshort/japanese/]]
に収録)
-吉永徹美さん [[LaTeX入門:http://www.h4.dion.ne.jp/~latexcat/intro/intro-index.html]]
-渡辺徹さん [[好き好きLaTeX2e:http://tex.dante.jp/typo/#content_1_2]] ← 出版され%%るようです%%てます。[[情報源:http://tex.dante.jp/typo/index.php?%B9%A5%A4%AD%B9%A5%A4%ADLaTeX2e%BD%E9%B5%E9%CA%D4]]
// 出版されたとなると,すでにオンライン本ではありませんよね.既存の書籍と
// は少し違う形態で頒布されているので,線引きは曖昧ですね.
//
// 出版されたことでオンラインでの配布が中止されるなら,この項目は削除
// する必要があるかもしれませんが,引き続きオンラインで配布されるなら
// 残しておいても良いと思います。 -- トニイ 2006/06/28
-藤田眞作さん [[「LaTeX2eまくろの八衢」オンライン版:http://imt.chem.kit.ac.jp/fujita/fujitas2/yatimata2/index.html]]
-[[Making TeX Work:http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/info/makingtexwork/]] (O'Reilly)

このほか [[The TeX Catalogue Online, Topic Index:http://texcatalogue.sarovar.org/bytopic.html]] にたくさんのオンラインリソースが挙げられています。

William Adams の [[Electronic Texts on TeX:http://members.aol.com/willadams/books-e-tex.html]],[[Free Type Books:http://members.aol.com/willadams/books-free-type.html]] のページも必見。

-plain TeX の本(LaTeX の本ではありません)

--[[TeX by Topic:http://www.eijkhout.net/tbt/]] (Victor Eijkhout) 
--[[A Gentle Introduction to TeX:http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/info/gentle/]]
(Michael Doob)
--[[TeX for the Impatient:http://tug.org/ftp/tex/impatient/]]

**拙著のサポートページ [#tc5f6dfd]
// こちらに移動してみました -- トニイ 2004/12/25

//-''最新刊'' [[奥村:『[改訂第3版] LaTeX2e 美文書作成入門』サポートページ:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/bibun3/]]
-[[奥村:『[改訂版]LaTeX2e美文書作成入門』サポートページ:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/bibun2e.html]] 
-[[奥村:『LaTeX2e美文書作成入門』バグ集 :http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/errata2e.html]] (古)
-[[奥村監修:『LaTeX入門』バグ集 :http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/errata.html]](古) 

#comment