*[[Okular:https://okular.kde.org/]] [#x3070edc]

Okular は KDE に搭載されている,PDF, PS, DVI ファイルが表示可能なドキュメント・ビューアです.
[[SyncTeX]] に対応しています.
ファイルの自動更新機能もあります.

----
#contents
----

**公式 Web サイト [#jde0a0e5]

-[[Okular:https://okular.kde.org/]]
-[[Okular - more than a reader:https://okular.kde.org/]]

**動作環境 [#ca9192aa]

KDE
Windows, macOS, Linux

**ライセンス [#qbc60c11]

[[GPLv2:https://cgit.kde.org/okular.git/tree/COPYING]]

**リリース情報 [#v4dc0489]

[[Development News:https://okular.kde.org/news.php]] を参照.

**ChangeLog [#h7a9328d]

-https://cgit.kde.org/okular.git/log/

**派生版 [#m771d62f]

-[[okular-backend-mupdf:https://github.com/xylosper/okular-backend-mupdf]]

*インストール [#xecad964]

**Windows [#h8e4fcbd]

https://binary-factory.kde.org/job/Okular_Nightly_win32/ から Okular のインストーラーをダウンロードしてインストールできます.

Chocolatey でインストールすることもできます.
Chocolatey を使用する場合は https://chocolatey.org/packages/okular を参照してください.

Windows PowerSlhell を管理者として実行して
 choco install okular
を実行します.

**macOS [#ye831736]

-https://github.com/KDE-mac/homebrew-kde/blob/master/Formula/okular.rb

**Linux [#c209770f]

ほとんどのディストリビューションではパッケージ管理システムからインストールできます.

**Windows [#h8e4fcbd]

[[KDE on Windows:https://sourceforge.net/projects/kde-windows/]] のインストーラーを使用してインストールできます.


*代替フォントの設定 [#o2eb9a55]
-[[Evince#代替フォントの設定>Evince#fallback]]
-[[KDE-Okular や Texmaker で和文フォント非埋め込みPDFを表示させるには:http://blogs.yahoo.co.jp/igproj_fusion/16383026.html]]

*使い方 [#jf24f8bb]

**コマンドラインオプション [#md2d6a7f]

-https://cgit.kde.org/okular.git/tree/shell/main.cpp

 $ okular --help
 使用法: okular [Qt-オプション] [KDE-オプション] [オプション] [URL]

 Usage: okular [options] urls
 Okular, 汎用文書ビューア
 
 Options:
   -h, --help                 Displays this help.
   -v, --version              Displays version information.
   --author                   Show author information.
   --license                  Show license information.
   --desktopfile <file name>  The base file name of the desktop entry for this
                              application.
   -p, --page <number>        表示する文書のページ
   --presentation             文書をプレゼンテーションモードで開く
   --print                    Start with print dialog
   --print-and-exit           Start with print dialog and exit after printing
   --unique                   1 つのインスタンスのみ許可
   --noraise                  Not raise window
 
 Arguments:
   urls                       Documents to open. Specify '-' to read from stdin.

 一般的なオプション:
   --help                    オプションに関するヘルプを表示
   --help-qt                 Qt に特有なオプションを表示
   --help-kde                KDE に特有なオプションを表示
   --help-all                すべてのオプションを表示
   --author                  著作者情報
   -v, --version             バージョン情報を表示
   --license                 ライセンス情報を表示
   --                        オプションの最後

 オプション:
   -p, --page <number>       表示する文書のページ
   --presentation            文書をプレゼンテーションモードで開く
   --print                   Start with print dialog
   --unique                  1 つのインスタンスのみ許可
   --noraise                 Not raise window

 引数:
   URL                       開く文書。標準入力から読む場合は “-” を指定。

*SyncTeX [#ya8f4753]

**forward search [#i560a338]

TeX ファイルの 30 行目に対応する PDF ファイルの該当する箇所にジャンプしたい場合は

 $ okular --unique "file:hoge.pdf#src:30 `pwd`/hoge.tex"

のように実行します.

**inverse search [#ja9305fc]

[設定(%%%S%%%)]-[Okular を設定(%%%O%%%)...]-[エディタ]
[設定(%%%S%%%)] &gt; [Okular を設定(%%%O%%%)...] &gt; [エディタ]

例えば [[TeXstudio]] の場合は
エディタ の項目に
:エディタ|
 カスタム
:コマンド|
 texstudio "%f" -line %l

を設定します.

Okular 上で Shift + 左クリックを実行すると TeXstudio が起動して TeX 文書の対応する行にジャンプします.