[[TeX Live]] > [[OS X>Mac]]

----
#contents
----


*インストール [#y09289cd]

OS X に TeX Live をインストールする場合,以下が利用できます。

-MacTeX: TeX Live をベースにした OS X 専用の TeX ディストリビューションです。
-BasicTeX: TeX Live のサブセットで,OS X 専用の TeX ディストリビューションです。

OS X に TeX Live をフルインストールするなら MacTeX が便利です。
TeX Live をフルインストールしたくない場合は BasicTeX をインストールします。
以下でそれぞれのインストール法を説明します。


** OS X El Capitan に向けての注意 [#r55ca802]

2015年秋から配布される予定の OS X El Capitan では,セキュリティ上の理由から /usr への書き込みは出来なくなるため,各種バイナリへのシンボリックリンクが変更となります。(/usr/local 以下には書きこめるので,/usr/local/texlive はこれまでと変わりません。)

|OS X Yosemite 以前|OS X El Capitan|
|/usr/texbin|BGCOLOR(pink):/Library/TeX/texbin|
- /Library は,''ホーム直下の「ライブラリ」ではなく'',''ホームよりも上位にある「ライブラリ」''です。Finder で「移動」-「コンピュータ」として,ハードディスク名をクリックしたときに「アプリケーション」「システム」「ユーザ」と並んで見える「ライブラリ」です。

MacTeX-2015 および BasicTeX-2015 は,Yosemite までのシステムには両方のシンボリックリンクを作成しますので,MacTeX がインストールする各種アプリケーションはこれまでの設定のままで動作します。El Capitan への移行準備として設定変更も可能です。

MacTeX-2015 がインストールする GUI アプリケーション(BibDesk, LaTeXiT, TeX Live Utility, TeXShop)は /usr/texbin がデフォルトとなっているため,El Capitan での使用においては設定変更が必要です。(その他のアプリケーションについても同様の変更が必要となるかもしれません。)

-http://tug.org/mactex/mactex-download.html

また,現在 (2015-07-12) 公開中の El Capitan Public Beta 3 では''和文フォント周りの構成が大きく変化''しており,従来の(この Wiki 内で説明している)方法ではヒラギノフォントなどを正しく埋め込むことができません。
現在,TeX Live のディストリビューション側でこの変更にどう対応するか検討中の段階ですので,現時点では El Capitan Public Beta をインストールしないのが無難です。

-参考:[[(1):https://twitter.com/doraTeX/status/621217678259154944]], [[(2):https://twitter.com/doraTeX/status/621218337599586304]], [[(3):https://twitter.com/doraTeX/status/621219702774235136]], 



**[[MacTeX]] [#mactex]

MacTeX は [[TeX Live]] をベースにした OS X 専用の TeX ディストリビューションです。

**[[BasicTeX]] [#basictex]

BasicTeX は [[TeX Live]] のサブセットで,OS X 専用の TeX ディストリビューションです。
TeX Live をフルインストールしたくない場合は BasicTeX をインストールします。

あるいは,2015 年 9 月 10 日より[[小川版 Drag & Drop UpTeX (UpTeX.app)>http://www2.kumagaku.ac.jp/teacher/herogw/]] が,BasicTeX をベースに collection-langjapanese を加えたディストリビューションとして配布されています。
UpTeX.app は OS X Yosemite (10.10) / El Capitan (10.11) 対応で,日本語フォントのセットアップを自動で行う AppleScript の GUI がかぶせてあり,簡単にセットアップを行うことができます。



*パッケージ管理システムによる TeX Live (MacTeX, BasicTeX) のインストール [#e3decd1a]

**[[Homebrew:http://brew.sh/]] によるインストール [#za78e055]

-https://github.com/caskroom/homebrew-cask
-https://github.com/caskroom/homebrew-cask/blob/master/Casks/mactex.rb
-https://github.com/caskroom/homebrew-cask/blob/master/Casks/basictex.rb

TeX Live をフルインストールする場合は MacTeX をインストールしてください。
Homebrew で MacTeX をインストールできます。
Ghostscript などのツールも Homebrew でインストールできます。

 $ brew install caskroom/cask/brew-cask
 $ brew cask install mactex
 $ sudo tlmgr update --self --all

TeX Live をフルインストールしたくない場合は BasicTeX をインストールしてください。
Homebrew で BasicTeX をインストールできます。

 $ brew install caskroom/cask/brew-cask
 $ brew cask install basictex
 $ sudo tlmgr update --self --all
 $ sudo tlmgr install collection-langjapanese

インストールのやり方などの事例も参考になります。
-[[MacにTexを導入する:http://mktozk.hateblo.jp/entry/configure-tex-on-mac]]

//念のため TeX Live 2014 対応のものも残しておきます.
//-[『Fuzoku実践入門』サンプルリポジトリの紹介:http://learning-fuzoku.hatenablog.com/entry/2014/11/11/163019]]
//--[『Fuzoku実践入門』環境サンプルファイル:https://github.com/akinomurasame/learning-fuzoku-sample]


**[[MacPorts:http://www.macports.org/]] [#ebd5afd3]
-[[TeXLivePackages – MacPorts:http://trac.macports.org/wiki/TeXLivePackages]]
-http://www.macports.org/ports.php?by=name&substr=texlive
-http://svn.macports.org/repository/macports/trunk/dports/tex/
-[[texlive-lang-japanese:http://trac.macports.org/browser/trunk/dports/tex/texlive-lang-japanese/Portfile]]
-[[texlive-luatex:http://trac.macports.org/browser/trunk/dports/tex/texlive-luatex/Portfile]]
-[[texlive:http://trac.macports.org/browser/trunk/dports/tex/texlive/Portfile]]

***TeX Live/MacPorts [#f8cc2ba3]

TeX Live/MacPorts をフルインストールする場合は

 $ sudo port install texlive +full

日本語関連のパッケージと texlive-luatex パッケージと texlive パッケージをインストールする場合は

 $ sudo port install texlive-lang-japanese texlive-luatex texlive

を実行します。

インストールのやり方などの事例も参考になります。
-[[SphinxでLatex拡張を使ってPDF出力する:http://qiita.com/H-A-L/items/8222d894daf1552cef67]]
-[[LaTeXをmacportsを使ってインストール:http://regry358.hatenablog.com/entry/2014/06/02/155405]]
-[[OSXへのTeXliveインストール (MacTex / MacPorts):http://sphinx-users.jp/cookbook/pdf/latex-install-osx.html]]



*TeX Live のセットアップ [#bcb0d462]

**[[tlmgr]] を使用してのアップデート [#p3c663c9]
ターミナルで,以下のコマンドを実行します。
 $ sudo tlmgr update --self --all
--self は tlmgr 自体のアップデート,--all は TeX Live 構成要素のアップデートを実行します。
tlmgr は複数のリポジトリを管理できます。
[[TeX Live Utility]] は tlmgr の機能を GUI で実現するものですので,上記の機能をメニュー項目から実行できます。

**日本語環境の整備 [#i9febc9b]

日本語環境を整備するには以下の作業をするとよいでしょう。

***ヒラギノフォント [#d19a1537]

-ヒラギノフォントを利用可能にする設定
--[[[改訂第6版]LaTeX2e美文書作成入門:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/bibun6/]]では既に設定済みです。
--MacTeX インストールの初期設定のままでは,TeXでヒラギノフォントを用いることはできません。
ターミナル上で,ヒラギノフォントのシンボリックリンクを作成し,TeX で利用できるようにします。
[[日本語フォントのセットアップ:http://www.fugenji.org/~thomas/texlive-guide/font_setup.html]]にも詳細な記述があります。
 $ sudo mkdir -p /usr/local/texlive/texmf-local/fonts/opentype/hiragino/
 $ cd /usr/local/texlive/texmf-local/fonts/opentype/hiragino/
 $ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 Pro W3.otf" ./HiraMinPro-W3.otf
 $ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 Pro W6.otf" ./HiraMinPro-W6.otf
 $ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ丸ゴ Pro W4.otf" ./HiraMaruPro-W4.otf
 $ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Pro W3.otf" ./HiraKakuPro-W3.otf
 $ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Pro W6.otf" ./HiraKakuPro-W6.otf
 $ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Std W8.otf" ./HiraKakuStd-W8.otf
 $ sudo mktexlsr
--ヒラギノのNシリーズ([[JIS X 0213:2004:http://ja.wikipedia.org/wiki/JIS_X_0213]]に対応した字形)を利用する場合(upLaTeX では \usepackage[uplatex,jis2004]{otf} とすれば使えます。)
 $ sudo mkdir -p /usr/local/texlive/texmf-local/fonts/opentype/hiragino/
 $ cd /usr/local/texlive/texmf-local/fonts/opentype/hiragino/
 $ sudo ln -s "/System/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 ProN W3.otf" ./HiraMinProN-W3.otf
 $ sudo ln -s "/System/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 ProN W6.otf" ./HiraMinProN-W6.otf
 $ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ丸ゴ ProN W4.otf" ./HiraMaruProN-W4.otf
 $ sudo ln -s "/System/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ ProN W3.otf" ./HiraKakuProN-W3.otf
 $ sudo ln -s "/System/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ ProN W6.otf" ./HiraKakuProN-W6.otf
 $ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ StdN W8.otf" ./HiraKakuStdN-W8.otf
 $ sudo mktexlsr

-ヒラギノフォントをPDFなどに埋め込む設定とする場合は,ターミナル上で以下を実行します。
 $ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed hiragino (ヒラギノフォントを埋め込む)
--ヒラギノ以外のフォントを埋め込む設定にする際には,ターミナル上で以下を実行します。([[OTF]]も参照)
 $ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed noEmbed  (埋め込まない)*初期設定値*
 $ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed ipaex    (IPAexフォントを埋め込む)
 $ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed ipa      (IPAフォントを埋め込む)
 $ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed ms       (MSフォントを埋め込む)
 $ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed yu-win   (游フォントを埋め込む)
 $ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed yu-osx   (游フォントを埋め込む)
 $ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed kozuka   (小塚書体を埋め込む)
 $ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed morisawa (モリサワフォントを埋め込む)

***IPAexフォント/IPAフォント [#x667dd85]

IPAexフォント/IPAフォントは TeX で使用可能な状態でインストールされていますので,updmap-sys の設定だけですぐに pdf に埋め込めます。

***MS,小塚,モリサワフォント [#w0d23b74]

MSフォント,小塚,モリサワを利用する場合は,上のヒラギノと同様にシンボリックリンクを TEXMFLOCAL 以下にまずは作成する必要があります。

***游明朝・游ゴシックフォント [#l68bf523]

OS X の游明朝・游ゴシックフォントに関しては [[游明朝体・游ゴシック体をMac OS XのLaTeXで使う:http://tandoori.hatenablog.com/entry/20131117/1384696037]] を参考にしてください。

***みかちゃんフォントなどのフリー書体・その他の日本語書体 [#i9ff3350]

[[みかちゃんフォント:http://www001.upp.so-net.ne.jp/mikachan/]]などのフリー書体([[フォント]]参照)や,その他の日本語書体を埋め込みたい場合は,そのためのスタイルファイルを利用するのが便利でしょう。
設定は,多少面倒です。
[[PXシリーズ:http://zrbabbler.sp.land.to/index.html]],[[MacTeX 2013とみかちゃんフォントの設定:http://appcar.jp/wp/casual/2013/06/19/mactex-2013-mikachan/]]を参考にしてください。
自力で一から構築する場合は [[MacPortsのpTeXにおける和文多書体環境の整えかた:http://miko.org/~tatyana/tech/OSX/pTeX/fonts.html]] が参考になります。

***Ghostscript で日本語を扱えるようにする設定(ReadMe-ja.pdf より) [#mc6bf937]
 $ sudo mkdir -p /usr/local/texlive/texmf-local/fonts/truetype
 $ cd $(dirname $(gs --help | grep "Resource/Font" | awk '{print $1}'))
 $ sudo zsh -c "rm ./CIDFont/*(@) ./CIDFSubst/*(@)"
 $ cd /usr/local/texlive/2015/texmf-dist/scripts/cjk-gs-integrate
 $ sudo perl cjk-gs-integrate.pl --link-texmflocal


***updmap(-sys) の使用に関する注意点 [#qdce07c2]

-''注意'' updmap-sys ではなく updmap を使用した場合は ユーザー個別の texmf(TEXMFHOME)に設定が書き込まれ,その個別設定の方が updmap-sys によるシステム全体の設定よりも優先されます。
tlmgr および kanji-config-updmap-sys は updmap-sys を内部で呼びだしますが,-sys なしの kanji-config-updmap-sys は -sys なしの updmap を実行します。
''-sys をつけたコマンドによる新しい設定が反映されない場合は,-sys なしの updmap による設定が TEXMFHOME に残ってないか確認してください''。(-sys なしの updmap による設定は不可視ファイルとなっています。)
- updmap-sys は TEXMFLOCAL を検索対象とはしますが,TEXMFHOME は検索しませんので,フォントは原則として TEXMFLOCAL に置くことが推奨されています。(→ [[Font Installation with TeX Live 2012+:http://tug.org/mactex/TeXLive2014+Changes.pdf]] を参照)
TEXMFHOME にフォントを置く場合は,updmap(-sys なし)を実行する必要があります。
--埋め込むフォントを細かく制御したい場合は,手動で map ファイルを書き換えます。

***kanji-config-updmap(-sys) [#hf34afcc]

-[[kanji-config-updmap:https://github.com/norbusan/jfontmaps/blob/master/script/kanji-config-updmap.pl]] を使用すれば PDFへの埋め込みフォントの指定,および埋め込み状況の確認ができます。
ターミナル上で実行します。
新規インストール直後など,kanji-config-updmap-sys で設定してもPDFへの埋め込みがされない場合は,上の updmap-sys を使う方法を試してください。
 $ sudo kanji-config-updmap-sys <fontname>  (otf-<fontname>.map にしたがってフォントを埋め込む)
 $ sudo kanji-config-updmap-sys auto        (自動的に <fontname> のいずれかを埋め込む)
 $ sudo kanji-config-updmap-sys nofont      (PDF にフォントを埋め込まない)
 $ sudo kanji-config-updmap-sys status      (現在の埋め込み設定を確認する)
--自動的に埋め込み設定されるフォント <fontname> は次のものです。
 hiragino, hiragino-pron, morisawa, morisawa-pr6n, kozuka, kozuka-pr6, kozuka-pr6n, ipaex, ipa, ms, yu-win, yu-osx
 (いずれもないときは nofont になります) 
--オプションとして -jis2004 を指定すると,JIS2004字形を使用する設定となります。
--kanji-config-updmap-sys は内部で updmap-sys を呼び出しますので,設定はシステムレベルで共通の設定として保存されます。
ユーザー個別の設定としてフォントを指定したいときは,kanji-config-updmap を使用します。
--ptex2pdf を使用するとその都度フォントを指定できます。(下の例は upLaTeX + dvipdfmx で ヒラギノProN JIS2004字体を使用して PDF を作成するものです。)
 $ ptex2pdf -u -l -ot '-synctex=1' -od '-f uptex-hiragino-pron-04.map' hoge.tex


*TeX Live のインストールディレクトリ [#k03895bf]

インストール方法によってディレクトリが異なりますので,ここにまとめておきます。

>
,,MacTeX-2015, [[[改訂第6版]LaTeX2e美文書作成入門:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/bibun6/]]
,基本インストール, /usr/local/texlive/2015, /Applications/TeXLive/Library/texlive/2013
,TEXMFLOCAL, /usr/local/texlive/texmf-local, /Users/Shared/TeXLive/
,TEXMFHOME, ~/Library/texmf, ~/TeXLive/
<

** 基本システムのインストール場所 [#ffbf8218]
-MacTeX-2015 に収録されている TeXLive-2015 は,デフォルトでは /usr/local/texlive/2015 以下にインストールされます。
-[[[改訂第6版]LaTeX2e美文書作成入門:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/bibun6/]]からインストールすると,デフォルトではアプリケーションフォルダにインストールされます。
***TEXMFLOCAL [#d2b2c9d5]
- TEXMFLOCAL とは,MacTeX/TeX Live 本体のアップデートに影響を受けないディレクトリで,そのコンピュータのユーザー全員に共通の設定を保存します。~
''自分でスタイルファイル(.sty)やフォントなどを追加するときは,この TEXMFLOCAL または下記の TEXMFHOME 以下に置きます。''
- MacTeX-2015 に収録されている TeXLive-2015 による TEXMFLOCAL は /usr/local/texlive/texmf-local で,以前に作成されていない場合に新たに作成されます。
-[[[改訂第6版]LaTeX2e美文書作成入門:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/bibun6/]]からのインストールでは,TEXMFLOCAL はユーザのホームフォルダの一つ上の階層「ユーザ」の中の「共有」フォルダに作成されます。
***TEXMFHOME [#qf071757]
- TEXMFHOME はユーザー個別の設定を保存する場所です。
- MacTeX-2015 に収録されている TeXLive-2015 では,初期設定ではホームのライブラリ以下に収めます。
-[[[改訂第6版]LaTeX2e美文書作成入門:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/bibun6/]]からのインストールでは,TEXMFHOME はユーザのホームフォルダに作成されます。
***その他 [#w4248b01]
-$TEXMF の検索優先順位は,ターミナル上で以下のコマンドで確認できます。
 $ kpsewhich -var-value TEXMF
- MacTeX/TeX Live 2013より,最上位の texmf/ は簡便化のため texmf-dist/ と統合されました。&br;TEXMFMAIN も TEXMFDIST も共に texmf-dist/ を示します。
- ユーザー個別の TEXMF(~/以下の TEXMF)は検索優先順位が高いため,/usr/local/texlive 以下の設定よりも優先されます。&br;また,mktexlsr(ls-Rの作成)は不要です。&br;実際にターミナル上で sudo mktexlsr としても ~/以下の TEXMF に対しては ls-R は作成されません。
>
,TEXMFCONFIG,~/Library/texlive/2015/texmf-config
,TEXMFVAR,~/Library/texlive/2015/texmf-var
,TEXMFHOME,~/Library/texmf
<
-最新版の TeX Live で問題が発生した場合は以前にインストールしていた古い TeX Live に切り替えて使用することもできます。
「システム環境設定」の TeX Distribution で変更できます。(OS X の制約により、パスワードの入力を2回求められます。)
-「システム環境設定」の TeX Distribution を開き,ディストリビューション名をダブルクリックすると,よくアクセスするであろうフォルダ(ディレクトリ)へのエイリアス(ソフトリンク)がまとめられています。
AllTexmf (texmf, texmf-dist, texmf-local, texmf-var), Doc, Info, Man, Programs, Resources, Root, TexmfLocal, TexmfSysVar



*その他の選択肢 [#qab24fbc]

[[VirtualBox:https://www.virtualbox.org/]] などの仮想マシン上に [[Linux]] をインストールし,その上で TeX Live を使用する方法もあります。
OS X を使用していて LaTeX の実行速度が遅い場合は Linux を使用するのも一つの手です。


*MacTeX, BasicTeX の詳細情報 [#g7bda2d7]

**ミラーサイト (MacTeX) [#mirror]

-''HTTP''
--http://ring.airnet.ne.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://ftp.jaist.ac.jp/pub/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://ftp.naist.jp/pub/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://ftp.nara.wide.ad.jp/pub/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://ftp.kddilabs.jp/pub/ctan/systems/mac/mactex/
--http://ftp-srv2.kddilabs.jp/TeX/ctan/systems/mac/mactex/
--http://ftp.ne.jp/pub/ctan/systems/mac/mactex/
--http://srv2.ftp.ne.jp/pub/ctan/systems/mac/mactex/
--http://ftp.riken.go.jp/pub/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://mirror.math.kyushu-u.ac.jp/tex-archive/systems/mac/mactex/
--http://ring.maffin.ad.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://ring.nict.go.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://ring.shibaura-it.ac.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://ring.tains.tohoku.ac.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://ring.u-toyama.ac.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://ring.yamanashi.ac.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://ring.ix.oita-u.ac.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://www.dnsbalance.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://core.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--http://mirror.ctan.org/systems/mac/mactex/

-''FTP''
--ftp://ring.airnet.ne.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp.naist.jp/pub/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp.nara.wide.ad.jp/pub/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp.kddilabs.jp/pub/ctan/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp-srv2.kddilabs.jp/TeX/ctan/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp.ne.jp/pub/ctan/systems/mac/mactex/
--ftp://srv2.ftp.ne.jp/pub/ctan/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp.riken.go.jp/pub/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp.shonan.bunkyo.ac.jp/pub/TeX/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp.nuie.nagoya-u.ac.jp/pub/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp.u-aizu.ac.jp/pub/tex/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ring.maffin.ad.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ring.nict.go.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ring.shibaura-it.ac.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ring.tains.tohoku.ac.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ring.u-toyama.ac.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ring.yamanashi.ac.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ring.ix.oita-u.ac.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://ftp.dnsbalance.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/
--ftp://core.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/mactex/