*jsclasses [#m850c7de]

-[[pLaTeX2e 新ドキュメントクラス:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/jsclasses/]]
-http://www.ctan.org/pkg/jsclasses

**ChangeLog [#v6b070f7]

-http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/jsclasses/#new
-[[[texlive] Index of /trunk/Master/texmf-dist/tex/platex/jsclasses:http://www.tug.org/svn/texlive/trunk/Master/texmf-dist/tex/platex/jsclasses/]]
--[[log:http://www.tug.org/svn/texlive/trunk/Master/texmf-dist/tex/platex/jsclasses/?view=log]]
-[[[texlive] Index of /trunk/Master/texmf-dist/source/platex/jsclasses:http://www.tug.org/svn/texlive/trunk/Master/texmf-dist/source/platex/jsclasses/]]
--[[log:http://www.tug.org/svn/texlive/trunk/Master/texmf-dist/source/platex/jsclasses/?view=log]]

**インストール [#h846e833]

***TeX Live [#w5dcc154]

TeX Live には jsclasses パッケージが最初からインストールされています.~

***W32TeX [#g87352e2]

W32TeX の
(&ref(ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/text/TeX/ptex-win32/current/uptex-w32.tar.xz);)
をインストールすれば新ドキュメントクラスもインストールされます。~
手動でインストールする場合は jsclasses パッケージを $TEXMFLOCAL/tex/platex/
(例えば C:\w32tex\share\texmf-local\tex\platex\)
に展開すれば OK です。

もしファイル名のデータベース $TEXMF/ls-R
(例えば C:\w32tex\share\texmf\ls-R)が
存在するのなら,mktexlsr コマンド (または texhash コマンド) でデータベースを更新しないと,
新しくインストールしたファイルが認識されません。~
しかしこれは忘れやすいので,
初心者のかたは mktexlsr コマンドを打ち込まないほうがいいでしょう。

W32TeX を使用していて間違って mktexlsr コマンドを打ち込んでしまった場合は deltexlsr コマンドを打ち込んでください。~
$TEXMF/ls-R ファイルが削除されます。

**使い方 [#q5891f40]

[[TeX入門]] を参照.~