*[[Inkscape:https://inkscape.org/]] [#ycda5b1e]

&color(White,#5F2F2F){  ''◆CONTENTS◆''  };&br;

#contents

#img(,clear)

*Inkscape とは [#v6fd1815]

Inkscape はベクターグラフィックエディタ (SVG エディタ) です.~

|COLOR(#FFF):BGCOLOR(#7C0):''入力''|COLOR(#FFF):BGCOLOR(#7C0):''インポート可能な形式''|COLOR(#FFF):BGCOLOR(#7C0):''出力''|
|SVG, PDF, AI (Adobe Illustrator)|EPS, PS|SVG, PDF, EPS, PS, ODG|

[[PostScriptやEPSをインポートするには、Ghostscriptをインストールする必要があり、ps2pdfがPATH上になければなりません。:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/FAQ_(Japanese)#Inkscape.E3.81.A7.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.83.9D.E3.83.BC.E3.83.88.2F.E3.82.A8.E3.82.AF.E3.82.B9.E3.83.9D.E3.83.BC.E3.83.88.E3.81.A7.E3.81.8D.E3.82.8B.E3.83.95.E3.82.A1.E3.82.A4.E3.83.AB.E5.BD.A2.E5.BC.8F.E3.81.AF.E3.81.AA.E3.82.93.E3.81.A7.E3.81.99.E3.81.8B.3F]]

-[[Inkscape 公式サイト:https://inkscape.org/]]
-[[Inkscape 開発サイト:https://launchpad.net/~inkscape.dev]]
--[[コミットログ:http://bazaar.launchpad.net/~inkscape.dev/inkscape/trunk/changes]]
-[[Inkscape Wiki:http://wiki.inkscape.org]]
--[[LaTeX - Inkscape Wiki:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/LaTeX]]
--[[FAQ (Japanese) - Inkscape Wiki:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/FAQ_(Japanese)]]
---[[数学記号や特殊記号を入力するには?:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/FAQ_(Japanese)#.E6.95.B0.E5.AD.A6.E8.A8.98.E5.8F.B7.E3.82.84.E7.89.B9.E6.AE.8A.E8.A8.98.E5.8F.B7.E3.82.92.E5.85.A5.E5.8A.9B.E3.81.99.E3.82.8B.E3.81.AB.E3.81.AF.3F]]
---[[Inkscapeでインポート/エクスポートできるファイル形式はなんですか?:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/FAQ_(Japanese)#Inkscape.E3.81.A7.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.83.9D.E3.83.BC.E3.83.88.2F.E3.82.A8.E3.82.AF.E3.82.B9.E3.83.9D.E3.83.BC.E3.83.88.E3.81.A7.E3.81.8D.E3.82.8B.E3.83.95.E3.82.A1.E3.82.A4.E3.83.AB.E5.BD.A2.E5.BC.8F.E3.81.AF.E3.81.AA.E3.82.93.E3.81.A7.E3.81.99.E3.81.8B.3F]]
--[[Tools:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/Tools]]
--[[Extension repository:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/ExtensionsRepository]]

**動作環境 [#a70b2acc]

Windows, OS X, Linux

**License [#ibc5e002]

[[GPLv3, GPLv2:http://bazaar.launchpad.net/~inkscape.dev/inkscape/trunk/annotate/head:/COPYING]]

**リリース情報 [#d961699f]
[[最新ニュース:https://inkscape.org/ja/news/]]を参照.~

**ChangeLog [#q8a7ad68]

[[Changes:http://bazaar.launchpad.net/~inkscape.dev/inkscape/trunk/changes]]

*ダウンロード [#i5a8dfd7]
-https://inkscape.org/download/
-http://www.partha.com/

*不具合 [#caadafb3]

-https://bugs.launchpad.net/inkscape
-[[Bug #1502126 “OSX 10.11 El Capitan can't run LaTeX extension” : Bugs : Inkscape:https://bugs.launchpad.net/inkscape/+bug/1502126]] → [[packaging/macosx: fix for bug #1502126 (support MacTeX on El Capitan):http://bazaar.launchpad.net/~inkscape.dev/inkscape/trunk/revision/14391]]

*PDF/EPS/PS + LaTeX [#d6b72996]

-[[Inkscape Wiki:http://wiki.inkscape.org]]
--[[LaTeX - Inkscape Wiki:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/LaTeX]]
--[[Release notes/0.91 - Inkscape Wiki#PDF/EPS/PS + LaTeX:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/Release_notes/0.91#PDF.2FEPS.2FPS_.2B_LaTeX]]
--[[Release notes/0.48 - Inkscape Wiki#New LaTeX export for PDF/EPS/PS:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/Release_notes/0.48#New_LaTeX_export_for_PDF.2FEPS.2FPS]]
-[[svg-inkscape:http://www.ctan.org/pkg/svg-inkscape]], [[CTAN:help/Catalogue/entries/svg-inkscape.html]]
--使い方は texdoc で確認してください
 texdoc svg-inkscape
-[[InkscapeでTex用の図を作成する方法:http://akitosblog.seesaa.net/article/225071699.html]]
-[[InkscapeでLaTeX用の図を書く:http://d.hatena.ne.jp/amarui/20130124/1358995146]]

Inkscape は PDF, EPS, PS ファイルで保存する場合に PDF+LaTeX, EPS+LaTeX, PS+LaTeX を指定できます.~

----
&color(#72C304,#72C304){%%%        &color(Black){''Portable Document Format''};       &color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){''×''}; ]%%%};%%%};&br;
 PDF バージョン制限 %%% PDF 1.5               [ ''ᐯ'' ]%%%&br;
  ☐ テキストをパスに変換する&br;
  ☑ PDF+LaTeX: PDF のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成&br;
  ☑ フィルダーエフェクトをラスタライズする&br;
 ラスタライズ解像度 (dpi):                      %%%90 [''⇕'']%%%&br;
 出力ページサイズ:    🔘 ドキュメントのページサイズを使用&br;
            ◯ エクスポートオブジェクトのサイズを使用&br;
 裁ち落し/マージン (mm):                   %%%0.0    [''⇕'']%%%&br;
 オブジェクトのエクスポートを ID で制限する: %%%               %%%&br;
----
&color(#72C304,#72C304){%%%             &color(Black){''Encapsulated PostScript''};           &color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){''×''}; ]%%%};%%%};&br;
 PS レベル制限 %%% PostScript level 3             [ ''ᐯ'' ]%%%&br;
  ☐ テキストをパスに変換する&br;
  ☑ EPS+LaTeX: EPS のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成&br;
  ☑ フィルダーエフェクトをラスタライズする&br;
 ラスタライズ解像度 (dpi):                      %%%90 [''⇕'']%%%&br;
 出力ページサイズ:    🔘 ドキュメントのページサイズを使用&br;
            ◯ エクスポートオブジェクトのサイズを使用&br;
 裁ち落し/マージン (mm):                   %%%0.0    [''⇕'']%%%&br;
 オブジェクトのエクスポートを ID で制限する: %%%               %%%&br;
----
&color(#72C304,#72C304){%%%                  &color(Black){''PostScript''};                &color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){''×''}; ]%%%};%%%};&br;
 PS レベル制限 %%% PostScript level 3             [ ''ᐯ'' ]%%%&br;
  ☐ テキストをパスに変換する&br;
  ☑ PS+LaTeX: PS のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成&br;
  ☑ フィルダーエフェクトをラスタライズする&br;
 ラスタライズ解像度 (dpi):                      %%%90 [''⇕'']%%%&br;
 出力ページサイズ:    🔘 ドキュメントのページサイズを使用&br;
            ◯ エクスポートオブジェクトのサイズを使用&br;
 裁ち落し/マージン (mm):                   %%%0.0    [''⇕'']%%%&br;
 オブジェクトのエクスポートを ID で制限する: %%%               %%%&br;
----

コマンドラインから PDF+LaTeX, EPS+LaTeX, PS+LaTeX で出力することも可能です.

//-https://inkscape.modevia.com/inkscape-man.html
 inkscape -D -z --file=image.svg --export-pdf=image.pdf --export-latex
 inkscape -D -z --file=image.svg --export-eps=image.eps --export-latex
 inkscape -D -z --file=image.svg --export-ps=image.ps --export-latex

**注意点 [#i348fa25]

***! LaTeX Error: Cannot determine size of graphic in ???.eps_tex (no BoundingBox) → 「EPS+LaTeX: EPS のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成」 のチェックボックスを解除する [#p8fa7725]

! LaTeX Error: Cannot determine size of graphic in ???.eps_tex (no BoundingBox) のエラーが発生する場合は 「EPS+LaTeX: EPS のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成」 のチェックボックスを解除してください. (→ [[inkscapeで作った画像epsをtexでの利用の仕方がわからず困っています.:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10107244200]])~

*エクステンション [#s696e33c]

-&color(Red){''エクステンションを修正する場合の注意点''};
--&color(Red){''Python はインデントに意味を持つので修正する場合はインデントに注意して修正してください.''};
--&color(Red){''タブではなくスペースでインデントすることをおすすめします.''};
--&color(Red){''コメントアウトは # (シャープ) を使用します.''};
--&color(Red){''Python で Windows の PATH を文字列で表す場合は raw 文字列 (r'...') を使用すると便利です.''};

**[[EqTeXSVG (LaTeX formula):http://www.julienvitard.eu/en/eqtexsvg_en.html]] [#w6edd3aa]

LaTeX と連携するためのエクステンション.~
''環境変数 PATH に [[pstoedit]], [[dvisvgm]], [[dvips]], latex が存在するディレクトリが含まれていれば'' [エクステンション(N)] → [レンダリング] → [LaTeX formula...] から使用可能.~
[[EqTeXSvg の公式サイト:http://www.julienvitard.eu/en/eqtexsvg_en.html]]から最新版 (2015-02-25) をインストールしてください ([[インストール>Inkscape#v77ed75c]] を参照).~
[[Inkscape にデフォルトで含まれています:http://bazaar.launchpad.net/~inkscape.dev/inkscape/trunk/view/head:/share/extensions/eqtexsvg.py]]が,バージョンが古く (2010-04-04),正しく動作しません.~

-[http://ohtsuka.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/inkscape-winlat.html Inkscape (Win)でLaTeX数式を使えるようにする]
-[[InkscapeでLaTexを使う:http://chiron.blog.ocn.ne.jp/astrocal/2012/09/inkscapelatex_1.html]]
-[[InkscapeでLaTexを使えるようにできたメモ:http://d.hatena.ne.jp/biost/20120302/1330660995]]
-[[Inkscape で LaTeX 数式を表示しようとするとエラーになる:http://d.hatena.ne.jp/nlogn/20120131/1327995778]]

***インストール (Windows) [#v77ed75c]
[[TeX Live]] には dvisvgm, dvips, latex が含まれています.~
[[W32TeX]] には pstoedit, dvisvgm, dvips, latex が含まれています.~

----
TeX Live を使用している場合は [[pstoedit]] をダウンロード,インストールして pstoedit.exe のフォルダーに PATH を通します.
----
-https://inkscape.org/en/download/

から Inkscape 最新版をダウンロードして展開します.

展開したフォルダーを C:\inkscape と仮定します.別のフォルダーに展開した場合は読み替えてください.
----
-https://github.com/julienvitard/eqtexsvg

から EqTeXSVG をダウンロードします.

eqtexsvg.inx, eqtexsvg.py を C:\inkscape\\share\extensions にコピーして元々の eqtexsvg.inx, eqtexsvg.py を上書きします.
----
EqTeXSVG (LaTeX formula) は tempdir に inkscape-?????? フォルダーを作成しますが作成される inkscape-?????? フォルダーの親ディレクトリは
 C:\inkscape>.\python\python.exe
 Python 2.6.5 (r265:79096, Mar 19 2010, 21:48:26) [MSC v.1500 32 bit (Intel)] on
 win32
 Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
 >>> import tempfile
 >>> tempfile.gettempdir()
とすることで確認できます.

***インストール (Linux) [#jbc77a7b]

eqtexsvg を最新版に更新します.~

 $ wget https://github.com/julienvitard/eqtexsvg/archive/master.tar.gz
または
 $ curl -LO https://github.com/julienvitard/eqtexsvg/archive/master.tar.gz

ファイルを展開して eqtexsvg.py に実行権限を付加して /usr/share/inkscape/extensions にコピーします.~

 $ tar xvf master.tar.gz
 $ cd eqtexsvg-master
 $ chmod +x eqtexsvg.py
 $ sudo cp -p eqtexsvg.py eqtexsvg.inx /usr/share/inkscape/extensions

Inkscape を起動すると [エクステンション(N)] → [レンダリング] → [LaTeX formula...] が使用出来ます.~

***使用方法 [#se15d9b2]
-''環境変数 PATH に pstoedit, dvisvgm, dvips, latex が存在するディレクトリが含まれていれば'' [エクステンション(N)] → [レンダリング] → [LaTeX formula...] から使用可能.

PATH を通しているのに LaTeX formula が表示されない場合は,まず PATH を確認します.~
Windows PowerShell の場合は
 $Env:Path
コマンド プロンプトの場合は
 path
を実行します.~
pstoedit, dvisvgm, dvips, latex が格納されているディレクトリが PATH に登録されていれば Windows PowerShell またはコマンド プロンプトから
 .\inkscape
として Inkscape を起動してみてください.

----
&color(#72C304,#72C304){%%%                &color(Black){''LaTeX formula''};              &color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){''×''}; ]%%%};%%%};&br;
 LaTeX formula: %%%\(\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\)%%%&br;
 追加パッケージ(カンマ区切り):&br;
 ☐ Debug information&br;
&br;
 ☑ ライブプレビュー&br;
----
デフォルトでは LaTeX formula は \( ~ \) となっているようです.
 \(\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\)
以下の数式モードが使用可能です.

-インライン数式モード
--\( ~ \)
 \(\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\)
--$ ~ $
 $\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}$
--\begin{math} ~ \end{math}
 \begin{math}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{math}
-ディスプレイ数式モード (番号を付けない場合)
--\[ ~ \]
 \[\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\]
--\begin{align*} ~ \end{align*}
 \begin{align*}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{align*}
--\begin{gather*} ~ \end{gather*}
 \begin{gather*}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{gather*}
--\begin{equation*} ~ \end{equation*}
 \begin{equation*}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{equation*}
-ディスプレイ数式モード (番号を付ける場合)
--\begin{align} ~ \end{align}
 \begin{align}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{align}
--\begin{gather} ~ \end{gather}
 \begin{gather}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{gather}
--\begin{equation} ~ \end{equation}
 \begin{equation}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{equation}
----

**[[SVG2TikZ:https://github.com/kjellmf/svg2tikz]] [#u5ee2f7d]

Inkscape 等で作成した SVG ファイルを TikZ のコードに変換するプログラムです.

**[[JessyInk:https://launchpad.net/jessyink]] [#k0206a78]

-[[Inkscapeでプレゼンテーション:http://d.hatena.ne.jp/yambi/20110405/1301974923]]

*Inkscape で TeX 数式 [#f9da7d32]

[[TeX2img]] (Windows/Mac) を使用して,TeX ソースから数式画像を EPS/PDF 形式でアウトライン化して出力するのが簡単です.
なお,TeX2img は数式以外の地の文や日本語も問題なく処理できます.
-[[InkscapeでTeX数式:http://hooktail.org/computer/index.php?Inkscape%A4%C7TeX%BF%F4%BC%B0]]
-[[Inkscapeでtex数式を使う(数式はアウトラインに):http://www.my-chicken-heart.com/2007/09/inkscapetex.html]]
-[[Latexの数式をsvgに:http://blog.livedoor.jp/les_paul_sp/archives/317234.html]]
-[[TeX, EPS, Inkscape for Win:http://researchmap.jp/jo8ju0xue-10163/#_10163]]
-[[PDFのトリミングとベクター画像抽出:http://acetaminophen.hatenablog.com/entry/2014/09/15/075714]]

*関連リンク [#l46f1d34]

-[[InkscapeでDesign:http://inkscapedesign.web.fc2.com/]]
-[[Inkscaper ~Inkscapeの使い方~:http://logo.dollsent.jp/]]
-[[Wikipedia.ja:Inkscape]]
-[[Wikibooks.ja:Inkscape:http://ja.wikibooks.org/wiki/Inkscape]]
-[[MacWiki:Inkscape]]
-[[Inkscape - 窓の杜ライブラリ:http://www.forest.impress.co.jp/library/software/inkscape/]]
-[[Mac版Inkscape日本語化:http://shinob.cocolog-nifty.com/mix_dvd/2008/04/macinkscape_978d.html]]
-[[Inkscape+日本語環境 [Mac][Free]:http://lime1100.blog108.fc2.com/blog-entry-56.html]]
-[[Beamerscape:https://github.com/jbohren/beamerscape]]