*[[Inkscape:http://inkscape.org/]] [#ycda5b1e]
*[[Inkscape:https://inkscape.org/]] [#ycda5b1e]

#ref(http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/0e/Inkscape_logo_2.svg/120px-Inkscape_logo_2.svg.png,right,around,nolink,Inkscape)

&color(White,#5F2F2F){  ''◆目次◆''  };&br;

----
#contents
----

#img(,clear)

*Inkscape とは [#v6fd1815]

Inkscape は,オープンソースのベクターグラフィックエディタ (SVG エディタ) です.~
Inkscape はベクターグラフィックエディタ (SVG エディタ) です.

|COLOR(#FFF):BGCOLOR(#7C0):''入力''|COLOR(#FFF):BGCOLOR(#7C0):''インポート可能な形式''|COLOR(#FFF):BGCOLOR(#7C0):''出力''|
|SVG, PDF, AI (Adobe Illustrator)|EPS, PS|SVG, PDF, EPS, PS, ODG|

[[PostScriptやEPSをインポートするには、Ghostscriptをインストールする必要があり、ps2pdfがPATH上になければなりません。:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/FAQ_(Japanese)#Inkscape.E3.81.A7.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.83.9D.E3.83.BC.E3.83.88.2F.E3.82.A8.E3.82.AF.E3.82.B9.E3.83.9D.E3.83.BC.E3.83.88.E3.81.A7.E3.81.8D.E3.82.8B.E3.83.95.E3.82.A1.E3.82.A4.E3.83.AB.E5.BD.A2.E5.BC.8F.E3.81.AF.E3.81.AA.E3.82.93.E3.81.A7.E3.81.99.E3.81.8B.3F]]
[[PostScript や EPS をインポートするには、Ghostscript をインストールする必要があり、ps2pdf が環境変数 Path 上になければなりません。:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/FAQ_(Japanese)#Inkscape.E3.81.A7.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.83.9D.E3.83.BC.E3.83.88.2F.E3.82.A8.E3.82.AF.E3.82.B9.E3.83.9D.E3.83.BC.E3.83.88.E3.81.A7.E3.81.8D.E3.82.8B.E3.83.95.E3.82.A1.E3.82.A4.E3.83.AB.E5.BD.A2.E5.BC.8F.E3.81.AF.E3.81.AA.E3.82.93.E3.81.A7.E3.81.99.E3.81.8B.3F]]

-[[Inkscape 公式サイト:http://inkscape.org/]]
-[[Inkscape 開発サイト:https://launchpad.net/~inkscape.dev]]
--[[コミットログ:http://bazaar.launchpad.net/~inkscape.dev/inkscape/trunk/changes]]
-[[Inkscape 公式サイト:https://inkscape.org/]]
-[[Inkscape 開発サイト:https://gitlab.com/inkscape/inkscape]]
--[[コミットログ:https://gitlab.com/inkscape/inkscape/commits/master]]
-[[Inkscape Wiki:http://wiki.inkscape.org]]
--[[LaTeX - Inkscape Wiki:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/LaTeX]]
--[[FAQ (Japanese) - Inkscape Wiki:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/FAQ_(Japanese)]]
---[[数学記号や特殊記号を入力するには?:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/FAQ_(Japanese)#.E6.95.B0.E5.AD.A6.E8.A8.98.E5.8F.B7.E3.82.84.E7.89.B9.E6.AE.8A.E8.A8.98.E5.8F.B7.E3.82.92.E5.85.A5.E5.8A.9B.E3.81.99.E3.82.8B.E3.81.AB.E3.81.AF.3F]]
---[[Inkscapeでインポート/エクスポートできるファイル形式はなんですか?:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/FAQ_(Japanese)#Inkscape.E3.81.A7.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.83.9D.E3.83.BC.E3.83.88.2F.E3.82.A8.E3.82.AF.E3.82.B9.E3.83.9D.E3.83.BC.E3.83.88.E3.81.A7.E3.81.8D.E3.82.8B.E3.83.95.E3.82.A1.E3.82.A4.E3.83.AB.E5.BD.A2.E5.BC.8F.E3.81.AF.E3.81.AA.E3.82.93.E3.81.A7.E3.81.99.E3.81.8B.3F]]
--[[Tools:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/Tools]]
--[[Extension repository:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/ExtensionsRepository]]

**動作環境 [#a70b2acc]

Windows, OS X, Linux で動作します.~
Windows, macOS, Linux

**License [#ibc5e002]

[[GPL:http://bazaar.launchpad.net/~inkscape.dev/inkscape/trunk/annotate/head:/COPYING]]
[[GPLv2 or later (GIMP からコピーしたファイルに関しては GPLv3 or later):https://gitlab.com/inkscape/inkscape/blob/master/COPYING]]

**リリース情報 [#d961699f]
[[最新ニュース:http://inkscape.org/index.php?lang=ja]]を参照.~
[[最新ニュース:https://inkscape.org/ja/news/]]を参照.

**ChangeLog [#q8a7ad68]

[[Changes:http://bazaar.launchpad.net/~inkscape.dev/inkscape/trunk/changes]]
[[コミットログ:https://gitlab.com/inkscape/inkscape/commits/master]]

*ダウンロード [#i5a8dfd7]
-ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/sourceforge/i/in/inkscape/inkscape/
-http://ftp.jaist.ac.jp/pub/sourceforge/i/in/inkscape/inkscape/
-https://inkscape.org/download/

*不具合 [#tedcde5e]
**Windows 版 Inkscape 0.48.4 (0.48.2 以降) のメニューのフォントがおかしい → etc\pango\pango.aliases の sans の先頭に meiryo, を追加する [#i6aee1d9]
*不具合 [#caadafb3]

-[[Windows 版 Inkscape の メニューフォント設定方法:http://www.ginshali.info/2011/12/windows-inkscape.html]]
-https://bugs.launchpad.net/inkscape
//-[[Bug #1502126 “OSX 10.11 El Capitan can't run LaTeX extension” : Bugs : Inkscape:https://bugs.launchpad.net/inkscape/+bug/1502126]] → [[packaging/macosx: fix for bug #1502126 (support MacTeX on El Capitan):https://gitlab.com/inkscape/inkscape/commit/b3a069d14c6b7b180555e2d6ad0fdf7bba2d0bcb]]

Windows 版 Inkscape 0.48.4 (0.48.2 以降) を起動するとメニューのフォントが 0.48.1 とは異なっていました.
*PDF/EPS/PS + LaTeX [#d6b72996]

inkscape の etc\pango\pango.aliases の
-[[Inkscape Wiki:http://wiki.inkscape.org]]
--[[LaTeX - Inkscape Wiki:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/LaTeX]]
---[[Release notes/0.92 - Inkscape Wiki#Export PDF / EPS / PS:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/Release_notes/0.92#Export_PDF_.2F_EPS_.2F_PS]]
---[[Release notes/0.91 - Inkscape Wiki#PDF/EPS/PS + LaTeX:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/Release_notes/0.91#PDF.2FEPS.2FPS_.2B_LaTeX]]
---[[Release notes/0.48 - Inkscape Wiki#New LaTeX export for PDF/EPS/PS:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/Release_notes/0.48#New_LaTeX_export_for_PDF.2FEPS.2FPS]]
-[[svg-inkscape:https://ctan.org/pkg/svg-inkscape]], [[CTAN:help/Catalogue/entries/svg-inkscape.html]]
--使い方は texdoc で確認してください
 texdoc svg-inkscape
-[[InkscapeでTex用の図を作成する方法:http://akitosblog.seesaa.net/article/225071699.html]]
-[[InkscapeでLaTeX用の図を書く:http://d.hatena.ne.jp/amarui/20130124/1358995146]]

 sans = "arial,browallia new,mingliu,simhei,gulimche,ms gothic,kartika,latha,mangal,raavi"
Inkscape は PDF, EPS, PS ファイルで保存する場合に PDF, EPS, PS のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成できます.


>
&color(#72C304,#72C304){%%%        &color(Black){''Portable Document Format''};       &color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){''🗙''}; ]%%%};%%%};&br;
 PDF バージョン制限 %%% PDF 1.5               [ ''ᐯ'' ]%%%&br;
 テキスト出力オプション:  ◯ フォントを埋め込む&br;
            ◯ テキストをパスに変換する&br;
            🔘 PDF のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成&br;
  ☑ フィルターエフェクトをラスタライズする&br;
 ラスタライズ解像度 (dpi):                      %%%90 [''⇕'']%%%&br;
 出力ページサイズ:    🔘 ドキュメントのページサイズを使用&br;
            ◯ エクスポートオブジェクトのサイズを使用&br;
 裁ち落し/マージン (mm):                   %%%0.0    [''⇕'']%%%&br;
 オブジェクトのエクスポートを ID で制限する: %%%               %%%&br;
<
>
&color(#72C304,#72C304){%%%             &color(Black){''Encapsulated PostScript''};           &color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){''🗙''}; ]%%%};%%%};&br;
 PS レベル制限 %%% PostScript level 3             [ ''ᐯ'' ]%%%&br;
 テキスト出力オプション:  ◯ フォントを埋め込む&br;
            ◯ テキストをパスに変換する&br;
            🔘 EPS のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成&br;
  ☑ フィルターエフェクトをラスタライズする&br;
 ラスタライズ解像度 (dpi):                      %%%90 [''⇕'']%%%&br;
 出力ページサイズ:    🔘 ドキュメントのページサイズを使用&br;
            ◯ エクスポートオブジェクトのサイズを使用&br;
 裁ち落し/マージン (mm):                   %%%0.0    [''⇕'']%%%&br;
 オブジェクトのエクスポートを ID で制限する: %%%               %%%&br;
<
>
&color(#72C304,#72C304){%%%                  &color(Black){''PostScript''};                &color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){''🗙''}; ]%%%};%%%};&br;
 PS レベル制限 %%% PostScript level 3             [ ''ᐯ'' ]%%%&br;
 テキスト出力オプション:  ◯ フォントを埋め込む&br;
            ◯ テキストをパスに変換する&br;
            🔘 PS のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成&br;
  ☑ フィルターエフェクトをラスタライズする&br;
 ラスタライズ解像度 (dpi):                      %%%90 [''⇕'']%%%&br;
 出力ページサイズ:    🔘 ドキュメントのページサイズを使用&br;
            ◯ エクスポートオブジェクトのサイズを使用&br;
 裁ち落し/マージン (mm):                   %%%0.0    [''⇕'']%%%&br;
 オブジェクトのエクスポートを ID で制限する: %%%               %%%&br;
>

 sans = "meiryo,arial,browallia new,mingliu,simhei,gulimche,ms gothic,kartika,latha,mangal,raavi"
コマンドラインから PDF, EPS, PS のテキストを除外して LaTeX ファイルを出力することも可能です.

に修正して Inkscape を再起動すると解決しました.
//-https://inkscape.modevia.com/inkscape-man.html
 inkscape -D -z --file=image.svg --export-pdf=image.pdf --export-latex
 inkscape -D -z --file=image.svg --export-eps=image.eps --export-latex
 inkscape -D -z --file=image.svg --export-ps=image.ps --export-latex

*PDF+LaTeX/EPS+LaTeX/PS+LaTeX [#d6b72996]
**注意点 [#i348fa25]

-[[LaTeX - Inkscape Wiki:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/LaTeX]]
-[[Release notes/0.48#New LaTeX export for PDF/EPS/PS - Inkscape Wiki:http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/Release_notes/0.48#New_LaTeX_export_for_PDF.2FEPS.2FPS]]
-[[CTAN:help/Catalogue/entries/svg-inkscape.html]], http://az.ctan.org/pkg/svg-inkscape
-http://sites.google.com/site/richardhenwood/inkscapelatexextension
-[[InkscapeでTex用の図を作成する方法:http://akitosblog.seesaa.net/article/225071699.html]]
-[[InkscapeでLaTeX用の図を書く:http://d.hatena.ne.jp/amarui/20130124/1358995146]]
***! LaTeX Error: Cannot determine size of graphic in ???.eps_tex (no BoundingBox) → 「EPS+LaTeX: EPS のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成」 のチェックボックスを解除する [#p8fa7725]

Inkscape 0.48 から PDF, EPS, PS ファイルで保存する場合に PDF+LaTeX, EPS+LaTeX, PS+LaTeX を指定することが可能になりました.
! LaTeX Error: Cannot determine size of graphic in ???.eps_tex (no BoundingBox) のエラーが発生する場合は 「EPS+LaTeX: EPS のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成」 のチェックボックスを解除してください. (→ [[inkscapeで作った画像epsをtexでの利用の仕方がわからず困っています.:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10107244200]])

----
&color(Black,#72C304){%%%   &color(White){''Portable Document Format''};                 &color(Black,#CC3333){%%%[  ''&color(White){✕};''  ]%%%}; %%%};&br;
 PDF バージョン制限 %%% PDF 1.5                 [ ▼ ]%%%&br;
 テキストをパスに変換                          ☐&br;
 PDF+LaTeX: PDF のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成 ☑&br;
 フィルタエフェクトをラスタライズ                    ☑&br;
 ラスタライズ解像度 (dpi):                      %%%600%%%&br;
 エクスポート領域は描画全体                     ☑&br;
 エクスポート領域はページ                       ☐&br;
 オブジェクトを ID で制限する %%%                     %%%&br;
----
&color(Black,#72C304){%%%   &color(White){''Encapsulated PostScript''};                   &color(Black,#CC3333){%%%[  ''&color(White){✕};''  ]%%%}; %%%};&br;
 PS レベル制限 %%% PostScript level 3              [ ▼ ]%%%&br;
 テキストをパスに変換                          ☐&br;
 EPS+LaTeX: EPS のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成 ☑&br;
 フィルタエフェクトをラスタライズ                    ☑&br;
 ラスタライズ解像度 (dpi):                      %%%600%%%&br;
 エクスポート領域は描画全体                     ☑&br;
 エクスポート領域はページ                       ☐&br;
 オブジェクトを ID で制限する %%%                     %%%&br;
----
&color(Black,#72C304){%%%   &color(White){''PostScript''};                            &color(Black,#CC3333){%%%[  ''&color(White){✕};''  ]%%%}; %%%};&br;
 PS レベル制限 %%% PostScript level 3              [ ▼ ]%%%&br;
 テキストをパスに変換                          ☐&br;
 PS+LaTeX: PS のテキストを除外して LaTeX ファイルを生成   ☑&br;
 フィルタエフェクトをラスタライズ                    ☑&br;
 ラスタライズ解像度 (dpi):                      %%%600%%%&br;
 エクスポート領域は描画全体                     ☑&br;
 エクスポート領域はページ                       ☐&br;
 オブジェクトを ID で制限する %%%                     %%%&br;
----

コマンドラインから PDF+LaTeX, EPS+LaTeX, PS+LaTeX で出力することも可能です.

//-http://inkscape.modevia.com/inkscape-man.html
 inkscape -D -z --file=image.svg --export-pdf=image.pdf --export-latex
 inkscape -D -z --file=image.svg --export-eps=image.eps --export-latex
 inkscape -D -z --file=image.svg --export-ps=image.ps --export-latex

*エクステンション [#s696e33c]

-&color(Red){''エクステンションを修正する場合の注意点''};
--&color(Red){''Python はインデントに意味を持つので修正する場合はインデントに注意して修正してください.''};
--&color(Red){''タブではなくスペースでインデントすることをおすすめします.''};
--&color(Red){''コメントアウトは # (シャープ) を使用します.''};
--&color(Red){''Python で Windows の PATH を文字列で表す場合は raw 文字列 (r'...') を使用すると便利です.''};
--&color(Red){''Python で Windows のパスを文字列で表す場合は raw 文字列 (r'...') を使用すると便利です.''};

**[[EqTeXSvg (Latex 数式):http://www.julienvitard.eu/en/eqtexsvg_en.html]] [#w6edd3aa]
**[[EqTeXSVG (LaTeX formula):https://www.julienvitard.eu/en/eqtexsvg_en.html]] [#w6edd3aa]

LaTeX と連携するためのエクステンション.~
環境変数 PATH に pstoedit, dvisvgm, dvips, latex が存在するディレクトリが含まれていれば [エクステンション(N)] → [レンダリング] → [Latex 数式...] から使用可能.~
[[EqTeXSvg の公式サイト:http://www.julienvitard.eu/en/eqtexsvg_en.html]]から最新版 (2011-05-17) をインストールしてください ([[インストール>Inkscape#v77ed75c]] を参照).~
[[Inkscape にデフォルトで含まれています:http://bazaar.launchpad.net/~inkscape.dev/inkscape/trunk/view/head:/share/extensions/eqtexsvg.py]]が,バージョンが古く (2010-04-04),古いバージョンの場合は修正しないと正しく動作しません.~
LaTeX と連携するためのエクステンション.
''環境変数 Path に [[pstoedit]], [[dvisvgm]], [[dvips]], latex が存在するディレクトリが含まれていれば'' [エクステンション(N)] &gt; [レンダリング] &gt; [LaTeX formula...] から使用可能.~
[[EqTeXSvg の公式サイト:https://www.julienvitard.eu/en/eqtexsvg_en.html]]から最新版 (2015-02-25) をインストールしてください ([[インストール>Inkscape#v77ed75c]] を参照).
[[Inkscape にデフォルトで含まれています:https://gitlab.com/inkscape/extensions/blob/master/eqtexsvg.py]]が,バージョンが古く (2010-04-04),正しく動作しません.

-[http://nan-hen.com/?p=9244 Inkscape (Win)でLaTeX数式を使えるようにする]
-[[InkscapeでLaTexを使う:http://chiron.blog.ocn.ne.jp/astrocal/2012/09/inkscapelatex_1.html]]
-[[InkscapeでLaTexを使えるようにできたメモ:http://d.hatena.ne.jp/biost/20120302/1330660995]]
-[[Inkscape で LaTeX 数式を表示しようとするとエラーになる:http://d.hatena.ne.jp/nlogn/20120131/1327995778]]
-[[InkscapeをLaTeXと一緒に使う:http://sora-blue.net/~shogo82148/memo/soft/inkscape/with-LaTeX.html]]
//--http://sora-blue.net/~shogo82148/memo/soft/inkscape/with-LaTeX.html
//--http://sora-blue.net/~shogo82148/i/memo/soft/inkscape/with-LaTeX.html
//-[[Inkscape で LaTeX の数式を入力する:http://www.empitsu.com/wp/?p=24]]
//-[[Inkscape で LaTeX の数式を入力する(続編):http://www.empitsu.com/wp/?p=85]]
//-[[Windows版の Inkscape で LaTeX の数式を入力する:http://d.hatena.ne.jp/hiroki777/20080221]]

***インストール [#v77ed75c]
dvisvgm, dvips, latex は [[W32TeX]] または [[TeX Live]] に含まれています.
----
-http://www.pstoedit.net/
***インストール (Windows) [#v77ed75c]
[[TeX Live]] には dvisvgm, dvips, latex が含まれています.~
[[W32TeX]] には pstoedit, dvisvgm, dvips, latex が含まれています.~

から pstoedit をダウンロード,インストールして pstoedit.exe のフォルダーに PATH を通します.
----
-http://inkscape.org/download/
TeX Live を使用している場合は [[pstoedit]] をダウンロード,インストールして環境変数 Path に pstoedit.exe のコマンド検索パスを追加します.

から Inkscape のリリース版をダウンロードして展開します.
-https://inkscape.org/en/download/

から Inkscape 最新版をダウンロードして展開します.

展開したフォルダーを C:\inkscape と仮定します.別のフォルダーに展開した場合は読み替えてください.
----
[[EqTeXSvg:http://www.julienvitard.eu/en/eqtexsvg_en.html]] から eqtexsvg.zip をダウンロードします.

eqtexsvg.zip を展開し,eqtexsvg.inx, eqtexsvg.py を C:\inkscape\\share\extensions にコピーして元々の eqtexsvg.inx, eqtexsvg.py を上書きします.
----
EqTeXSvg (Latex 数式) は tempdir に inkscape-?????? フォルダーを作成しますが作成される inkscape-?????? フォルダーの親ディレクトリは
 C:\inkscape>.\python\python.exe
 Python 2.6.5 (r265:79096, Mar 19 2010, 21:48:26) [MSC v.1500 32 bit (Intel)] on
 win32
-https://github.com/julienvitard/eqtexsvg

から EqTeXSVG をダウンロードします.

eqtexsvg.inx, eqtexsvg.py を C:\inkscape\\share\extensions にコピーして元々の eqtexsvg.inx, eqtexsvg.py を上書きします.

EqTeXSVG (LaTeX formula) は tempdir に inkscape-?????? フォルダーを作成しますが作成される inkscape-?????? フォルダーの親ディレクトリは
 PS C:\inkscape> .\python.exe
 Python 2.7.14 (default, Jan 24 2018, 14:36:54)  [GCC 7.2.0 64 bit (AMD64)] on win32
 Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
 >>> import tempfile
 >>> tempfile.gettempdir()
とすることで確認できます.

もし,tempfile.gettempdir() がスペースの含まれたディレクトリであれば,スペースの含まないディレクトリ (C:\inkscape\tmp) を作成して
 class Equation:
     """Current LaTeX Equation"""
 
     def __init__(self, param={}):
 
     ...
 
         try: 
             #self.temp_dir = tempfile.mkdtemp('', 'inkscape-')
             self.temp_dir = tempfile.mkdtemp('', 'inkscape-', r'C:\inkscape\tmp')
などとして C:\inkscape\share\extensions\eqtexsvg.py の self.temp_dir を修正してください.~
この場合は,C:\inkscape\tmp\inkscape-?????? に一時ファイルを作成します.~
処理がうまくいけば,一時ファイルと C:\inkscape\tmp\inkscape-?????? が削除されます.
***インストール (Linux) [#jbc77a7b]

***使用方法 [#se15d9b2]
-環境変数 PATH に pstoedit, dvisvgm, dvips, latex が存在するディレクトリが含まれていれば [エクステンション(N)] → [レンダリング] → [Latex 数式...] から使用可能.
eqtexsvg を最新版に更新します.

PATH を通しているのに Latex 数式が表示されない場合は,まずコマンド プロンプトから
 C:\>echo %PATH%
として PATH を確認します.~
pstoedit, dvisvgm, dvips, latex が格納されているディレクトリが PATH に登録されていればコマンド プロンプトから
 C:\inkscape>inkscape
として Inkscape を起動してみてください.
-デフォルトで含まれている eqtexsvg.py (2010-04-04) を使用すると,数式がうまく表示されなかったので eqtexsvg.py の dvips コマンドのオプションを以下のように修正すると表示されました.最新版 (2011-05-17) では修正しなくても表示されました.~
         #os.system('dvips -q -f -E -D 600 -y 5000 -o "%s" "%s"' % (ps_file, dvi_file))
         os.system('dvips -q -f -E -Ppdf -o "%s" "%s"' % (ps_file, dvi_file))
-eqtexsvg.py は tempdir に inkscape-?????? フォルダーを作成しますが作成される inkscape-?????? フォルダーの親ディレクトリは
 C:\inkscape>.\python\python.exe
 Python 2.6.5 (r265:79096, Mar 19 2010, 21:48:26) [MSC v.1500 32 bit (Intel)] on
 win32
 Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
 >>> import tempfile
 >>> tempfile.gettempdir()
とすることで確認できます.~
もし,tempfile.gettempdir() がスペースの含まれたディレクトリであれば,スペースの含まないディレクトリ (C:\inkscape\tmp) を作成します.~
 $ wget https://github.com/julienvitard/eqtexsvg/archive/master.tar.gz
または
 $ curl -kRLO https://github.com/julienvitard/eqtexsvg/archive/master.tar.gz

最新版の eqtexsvg.py (2011-05-17)  を使用する場合は~
 class Equation:
     """Current LaTeX Equation"""
 
     def __init__(self, param={}):
ファイルを展開して eqtexsvg.py に実行権限を付加して /usr/share/inkscape/extensions にコピーします.

     ...
  
         try: 
             #self.temp_dir = tempfile.mkdtemp('', 'inkscape-')
             self.temp_dir = tempfile.mkdtemp('', 'inkscape-', r'C:\inkscape\tmp')
 $ tar xvf master.tar.gz
 $ cd eqtexsvg-master
 $ chmod +x eqtexsvg.py
 $ sudo cp -p eqtexsvg.py eqtexsvg.inx /usr/share/inkscape/extensions

デフォルトで含まれている eqtexsvg.py (2010-04-04) を使用する場合は~
     def effect(self):
 
         #base_dir = tempfile.mkdtemp("", "inkscape-");
         base_dir = tempfile.mkdtemp('', 'inkscape-', r'C:\inkscape\tmp')
などとして eqtexsvg.py の self.temp_dir や base_dir を修正します.~
この場合は,C:\inkscape\tmp\inkscape-?????? に一時ファイルを作成します.~
処理がうまくいけば,一時ファイルと C:\inkscape\tmp\inkscape-?????? が削除されます.
Inkscape を起動すると [エクステンション(N)] &gt; [レンダリング] &gt; [LaTeX formula...] が使用出来ます.

----
&color(Black,#72C304){%%%   &color(White){''Latex 数式''};                        &color(Black,#CC3333){%%%[  ''&color(White){✕};''  ]%%%}; %%%};&br;
 Latex 数式: %%%\(\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\)%%%&br;
 追加パッケージ(カンマで区切る):&br;
 Debug information                       ☐&br;
***使用方法 [#se15d9b2]
-''環境変数 Path に pstoedit, dvisvgm, dvips, latex が存在するディレクトリが含まれていれば'' [エクステンション(N)] &gt; [レンダリング] &gt; [LaTeX formula...] から使用可能.

LaTeX formula が表示されない場合は,まず環境変数 Path を確認します.

Windows PowerShell の場合は
 $Env:Path
コマンド プロンプトの場合は
 path
を実行します.

pstoedit, dvisvgm, dvips, latex が格納されているディレクトリが Path に登録されていればコマンドラインから Inkscape の実行ファイルが存在するディレクトリに移動して
 .\inkscape
と入力して Inkscape を起動してみてください.

>
&color(#72C304,#72C304){%%%                &color(Black){''LaTeX formula''};              &color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){''🗙''}; ]%%%};%%%};&br;
 LaTeX formula: %%%\(\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\)%%%&br;
 追加パッケージ(カンマ区切り):&br;
 ☐ Debug information&br;
&br;
 ライブプレビュー                        ☑&br;
----
デフォルトでは Latex 数式は \( ~ \) となっているようです.
 ☑ ライブプレビュー&br;
<
デフォルトでは LaTeX formula は \( ~ \) となっているようです.
 \(\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\)
以下の数式モードが使用可能です.

-インライン数式モード
--\( ~ \)
 \(\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\)
--$ ~ $
 $\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}$
--\begin{math} ~ \end{math}
 \begin{math}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{math}
-ディスプレイ数式モード (番号を付けない場合)
--\[ ~ \]
 \[\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\]
--$$ ~ $$
 $$\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}$$
--\begin{displaymath} ~ \end{displaymath}
 \begin{displaymath}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{displaymath}
--\begin{equation*} ~ \end{equation*}
 \begin{equation*}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{equation*}
--\begin{eqnarray*} ~ \end{eqnarray*}
 \begin{eqnarray*}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{eqnarray*}
--\begin{align*} ~ \end{align*}
 \begin{align*}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{align*}
--\begin{gather*} ~ \end{gather*}
 \begin{gather*}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{gather*}
--\begin{equation*} ~ \end{equation*}
 \begin{equation*}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{equation*}
-ディスプレイ数式モード (番号を付ける場合)
--\begin{equation} ~ \end{equation}
 \begin{equation}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{equation}
--\begin{eqnarray} ~ \end{eqnarray}
 \begin{eqnarray}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{eqnarray}
--\begin{align} ~ \end{align}
 \begin{align}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{align}
--\begin{gather} ~ \end{gather}
 \begin{gather}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{gather}
----
--\begin{equation} ~ \end{equation}
 \begin{equation}\frac{\pi^2}{6}=\lim_{n \to \infty}\sum_{k=1}^n \frac{1}{k^2}\end{equation}

**[[textext:http://pav.iki.fi/software/textext/]] [#b9881c0b]
**[[Tex Text:https://github.com/textext/textext]] [#l1a0873e]

LaTeX 形式の数式を Inkscape に含めることが可能なエクステンション.~
再編集も可能です.~
意図した場所に出力されないかもしれませんがどこかに存在するのでがんばって探し当ててください.~
Inkscape で LaTeX の数式を埋め込むエクステンション.再編集可能.

-[[textext 公式サイト:http://pav.iki.fi/software/textext/]]
-[[textext 開発サイト:https://bitbucket.org/pv/textext/]]
--[[コミットログ:https://bitbucket.org/pv/textext/changesets]]
--https://bitbucket.org/pv/textext/issue/55/textext-using-inkscape048
--https://bitbucket.org/pv/textext/issue/59/textext-with-portable-inkscape
-[[Inkscape Portable with Textext (MikTex, pstoedit, gs):http://portableapps.com/node/28897]]
-[[textext, pdf2svg on Windows:http://tako.nakano.net/textext_pdf2svg.html]]
-[[Inkscape 0.48.4 で LaTeX の数式を入れるには:http://rexpit.blog29.fc2.com/blog-entry-97.html]]
-[[MacBook AirのInkscapeでLaTeXの数式を扱う:http://blog.izumin.info/2013/01/macbook-airinkscapelatex.html]]
-[[Inkscape 0.4.8+TexText:http://blog.nhiroki.net/2012/10/04/textext_on_windows]]
-[[textext で使う my.sty:http://kreisel.fam.cx/webmaster/clog/2011-11-23-1.html]]
-[[ぼやっきんぐ   &raquo; Inkscape:http://www.empitsu.com/wp/?cat=8]]
-[[OZのXX使い: textextの検索結果:http://kozimathewizard.blogspot.com/search?q=textext]]
-[[いわにぃのブログ : textext を含む記事:http://blog.livedoor.jp/ti5942/search?q=textext]]
-[[仮想化された日々:textext を含む記事:http://blog.livedoor.jp/les_paul_sp/search?q=textext]]
-[[textext を含む記事:たなぴのブログ:http://blog.livedoor.jp/tanapy/search?q=textext]]
-[[うぶつん&#12288;&#65374;退化する脳みそのための備忘録&#65374;: inkscape:http://ubutun.blogspot.com/search/label/inkscape]]
-[[inkscape - Wiki 小さなそして広がっていく世界:http://ac206223.ppp.asahi-net.or.jp/adiary/memo/adiary.cgi/hirosugu/inkscape]]
-[[Inkscape に textextを導入:http://d.hatena.ne.jp/m_katsurai/20100908/1283915982]]
-[[Fixing textext on Inkscape 0.48:http://laconsigna.wordpress.com/2010/11/13/fixing-textext-on-inkscape-0-48/]]
-[[XeLaTex:http://d.hatena.ne.jp/yambi/20110405/1302005022]]
-[[InkscapeでLatex数式:http://d.hatena.ne.jp/HRM-7/20100710/1278752062]]
-[[Inkscape - PukiWiki:http://mizupc8.bio.mie-u.ac.jp/pukiwiki/index.php?Inkscape]]
-[[Mac/OS X/X11/Inkscape - PukiWiki:http://mizupc8.bio.mie-u.ac.jp/pukiwiki/index.php?Mac%2FOS%20X%2FX11%2FInkscape]]
-[[MacのInkscapeでTeXを使う:http://d.hatena.ne.jp/colourful/20081219/p1]]
-[[QA: 電子回路図の挿入>http://oku.edu.mie-u.ac.jp/tex/mod/forum/discuss.php?d=582&parent=3140&mode=3]]
**[[SVG2TikZ:https://github.com/kjellmf/svg2tikz]] [#u5ee2f7d]

***インストール [#y0f25738]
----
-http://www.pstoedit.net/
Inkscape 等で作成した SVG ファイルを TikZ のコードに変換するプログラムです.

から pstoedit をダウンロード,インストールして pstoedit.exe のフォルダーに PATH を通します.
----
-http://inkscape.org/download/
**[[JessyInk:https://launchpad.net/jessyink]] [#k0206a78]

から Inkscape のリリース版をダウンロードして展開します.

展開したフォルダーを C:\inkscape と仮定します.別のフォルダーに展開した場合は読み替えてください.
----
-https://bitbucket.org/pv/textext/src

の get source >> から最新版の textext のファイル (zip, gz, bz2 のうちから好きなものを選択)

-https://bitbucket.org/pv/textext/get/tip.zip
-https://bitbucket.org/pv/textext/get/tip.tar.gz
-https://bitbucket.org/pv/textext/get/tip.tar.bz2

をダウンロード,展開して

-textext.py
-textext.inx

を C:\inkscape\share\extensions にコピーします.
----
Inkscape を起動して [エクステンション(N)]-[Tex Text] を実行しようとすると RuntimeError の例外が発生します.
----
&color(Black,#72C304){%%%                                                      &color(Black,#CC3333){%%%[  &color(White){''✕''};  ]%%%}; %%%};&br;
         Inkscapeは、実行したスクリプトから追加データを受け取りまし&br;
         た。スクリプトはエラーを返しませんでしたが、実行結果が意図し&br;
         ないものになっていることを示唆している可能性があります。&br;
&br;
 Traceback (most recent call last):
   File "textext.py", line 403, in <module>
     raise RuntimeError("Neither pygtk nor Tkinter is available!")
 RuntimeError: Neither pygtk nor Tkinter is available!
----

-http://dgleich.wordpress.com/2010/10/26/fixing-textext-on-inkscape-for-windows/

から site-packages.zip をダウンロードして
C:\inkscape\python\Lib\site-packages に

-cairo\
-gtk-2.0\
-pycairo-1.8.10-py2.6.egg-info
-pygtk.pth
-pygtk.py
-pygtk.pyc
-pygtk.pyo

を展開します.

//-http://ftp.gnome.org/pub/GNOME/binaries/win32/pygtk/2.24/
//-http://ftp.gnome.org/pub/GNOME/binaries/win32/pycairo/1.8/
//-http://ftp.gnome.org/pub/GNOME/binaries/win32/pygobject/2.28/

----
Inkscape を起動して [エクステンション(N)]-[Tex Text] を実行しようとすると AttributeError の例外が発生します.
----
&color(Black,#72C304){%%%                                                      &color(Black,#CC3333){%%%[  &color(White){''✕''};  ]%%%}; %%%};&br;
         Inkscapeは、実行したスクリプトから追加データを受け取りまし&br;
         た。スクリプトはエラーを返しませんでしたが、実行結果が意図し&br;
         ないものになっていることを示唆している可能性があります。&br;
&br;
 Traceback (most recent call last):
   File "textext.py", line 741, in <module>
     paths += [os.path.join(os.abspath(os.dirname(sys.argv[0])), '..', '..')]
 AttributeError: 'module' object has no attribute 'abspath'
----
C:\inkscape\share\extensions\textext.py の 741 行目あたりの os.abspath, os.dirname を os.path.abspath, os.path.dirname に修正します.
----
     # The path where Inkscape is likely to be
     #paths += [os.path.join(os.abspath(os.dirname(sys.argv[0])), '..', '..')]
     paths += [os.path.join(os.path.abspath(os.path.dirname(sys.argv[0])), '..', '..')]
----
Inkscape を起動して [エクステンション(N)]-[Tex Text] を実行します.~
Text に \begin{document} ~ \end{document} に入れる文章を入力します.~
ここでは Scale factor を 100 にして Text に Happy Inkscaping と入力しました.~

&color(Black,#72C304){%%%  &color(White){''TeX Text''};                                     &color(Black,#62B304){%%%[ &color(White){''◛''}; ]%%%};&color(Black,#62B304){%%%[ &color(White){''▭''}; ]%%%};&color(Black,#CC3333){%%%[  &color(White){''✕''};  ]%%%}; %%%};&br;
 Preamble file:   (なし)&br;
  Scale factor:  100.00&br;
LaTeX page width: 10cm&br;
   Converter:   Pstoedit&br;
            Happy Inkscaping&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
   Text:&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
&br;
----
実行すると RuntimeError の例外が発生します.

&color(Black,#72C304){%%%  &color(White){''Textext Error''};                                     &color(Black,#CC3333){%%%[  &color(White){''✕''};  ]%%%}; %%%};&br;
        ''Error occurred while converting text from Latex to SVG:''&br;
 Traceback (most recent call last):
   File "textext.py", line 246, in cb_ok
     self.callback()
   File "textext.py", line 456, in <lambda>
     asker.ask(lambda: self.do_convert(info, old_node))
   File "textext.py", line 470, in do_convert
     new_node = converter.convert(info)
   File "textext.py", line 1043, in convert
     self.tex_to_pdf(info)
   File "textext.py", line 1014, in tex_to_pdf
     out = exec_command(['pdflatex', self.tmp('tex')] + latex_opts)
   File "textext.py", line 698, in exec_command
     % (' '.join(cmd), p.returncode, out + err))
 RuntimeError: Command pdflatex ...
 ...
----
C:\inkscape\share\extensions\textext.py の 1014 行目あたりを修正します.

pdfcrop の実行には Perl が必要です.
----
         # Exec pdflatex: tex -> pdf
         #out = exec_command(['pdflatex', self.tmp('tex')] + latex_opts)
         out = exec_command(['pdflatex', latex_opts, self.tmp('tex')])
         out = exec_command(['pdfcrop', '--clip', self.tmp('pdf').replace('\\', '/'), self.tmp('pdf').replace('\\', '/')])
----
textext は tempdir に tmp?????? フォルダーを作成しますが作成される tmp?????? フォルダーの親ディレクトリは
 C:\inkscape>.\python\python.exe
 Python 2.6.5 (r265:79096, Mar 19 2010, 21:48:26) [MSC v.1500 32 bit (Intel)] on
 win32
 Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
 >>> import tempfile
 >>> tempfile.gettempdir()
とすることで確認できます.

もし,tempfile.gettempdir() がスペースの含まれたディレクトリであれば
 class LatexConverterBase
     def __init__(self, document):
         #self.tmp_path = tempfile.mkdtemp()
         self.tmp_path = tempfile.mkdtemp('', tempfile.gettempprefix(), r'C:\inkscape\tmp')
などとしてスペースの含まないディレクトリ (C:\inkscape\tmp) を作成して self.tmp_path を修正してください.~
tempfile.gettempprefix() は
 C:\inkscape>.\python\python.exe
 Python 2.6.5 (r265:79096, Mar 19 2010, 21:48:26) [MSC v.1500 32 bit (Intel)] on
 win32
 Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
 >>> import tempfile
 >>> tempfile.gettempprefix()
 'tmp'
とすることで確認できます.~
この場合は,C:\inkscape\tmp\tmp?????? に一時ファイルを作成します.~
処理がうまくいけば,一時ファイルが削除されます.~
C:\inkscape\tmp\tmp?????? は OSError の例外が発生し,
 [Error 32] プロセスはファイルにアクセスできません。別のプロセスが使用中です。: 'C:\inkscape\tmp\tmp??????'
となり削除できません.~
プログラム上では pass してこのエラーを無視しているので,この例外のエラーメッセージは表示されません.~
気になる場合はプログラムを修正するか手動でディレクトリを削除するかしてください.
----

***textext で日本語を使う [#q35ff2bf]

pdflatex では,日本語を使えないので日本語を使える Tex Text Japanese を作成します.

----
C:\inkscape\share\extensions\textext.py をコピー,貼り付けして C:\inkscape\share\extensions\textext_ja.py にリネームします.~
C:\inkscape\share\extensions\textext.inx をコピー,貼り付けして C:\inkscape\share\extensions\textext_ja.inx にリネームします.~
----
C:\inkscape\share\extensions\textext_ja.inx を編集します.
----
-<_name>Tex Text Japanese</_name>
-<id>org.ekips.filter.textext_ja</id>
-<dependency type="executable" location="extensions">textext_ja.py</dependency>
-<command reldir="extensions" interpreter="python">textext_ja.py</command>

に変更します.
----
 <inkscape-extension>
   <_name>Tex Text Japanese</_name>
   <id>org.ekips.filter.textext_ja</id>
   <dependency type="executable" location="extensions">textext_ja.py</dependency>
   <dependency type="executable" location="extensions">inkex.py</dependency>
   <effect>
     <object-type>all</object-type>
   </effect>
   <script>
     <command reldir="extensions" interpreter="python">textext_ja.py</command>
   </script>
 </inkscape-extension>
----
C:\inkscape\share\extensions\textext_ja.py の 109 行目あたりの windows.set_title を "TeX Text Japanese" に変更します.
----
             window.set_title("TeX Text Japanese")
----
textext の Text に入力された日本語は UTF-8 で保存されます.

最新版の W32TeX はデフォルトでは [[ptexenc:http://tutimura.ath.cx/ptexlive/?ptexenc%2F%CA%B8%BB%FA%A5%B3%A1%BC%A5%C9%C8%BD%C4%EA]] を用いて自動判別するので文字コードを指定したり変換したりする必要はありません.

ただし,日本語① などの文字列 (この場合は platex ではなく uplatex で処理しないと ① が表示されません) の場合は UTF-8 と判別できないようなので -no-guess-input-enc で自動判別をしないようにして -kanji=utf8 を追加します.

C:\inkscape\share\extensions\textext_ja.py の 1014 行目あたりの # Exec pdflatex: tex -> pdf を

-# Exec pdfplatex: tex -> dvi -> pdf
-# Exec pdfuplatex: tex -> dvi -> pdf
-# Exec pdfplatex2: tex -> dvi -> eps -> pdf
-# Exec pdfuplatex2: tex -> dvi -> eps -> pdf

のどれかに修正します.

pdfcrop, epstopdf の実行には Perl が必要です.
----
         # Exec pdfplatex: tex -> dvi -> pdf
         out = exec_command(['platex', '-no-guess-input-enc', '-kanji=utf8', latex_opts, self.tmp('tex')])
         out = exec_command(['dvipdfmx', self.tmp('dvi')])
         out = exec_command(['pdfcrop', '--clip', self.tmp('pdf').replace('\\', '/'), self.tmp('pdf').replace('\\', '/')])
----
または
----
         # Exec pdfuplatex: tex -> dvi -> pdf
         out = exec_command(['uplatex', '-no-guess-input-enc', '-kanji=utf8', latex_opts, self.tmp('tex')])
         out = exec_command(['dvipdfmx', self.tmp('dvi')])
         out = exec_command(['pdfcrop', '--clip', self.tmp('pdf').replace('\\', '/'), self.tmp('pdf').replace('\\', '/')])
----
または
----
         # Exec pdfplatex2: tex -> dvi -> eps -> pdf
         out = exec_command(['platex', '-no-guess-input-enc', '-kanji=utf8', latex_opts, self.tmp('tex')])
         out = exec_command(['dvips', '-Ppdf', '-E', '-o', self.tmp('eps'), self.tmp('dvi')])
         out = exec_command(['epstopdf', self.tmp('eps')])
----
または
----
         # Exec pdfuplatex2: tex -> dvi -> eps -> pdf
         out = exec_command(['uplatex', '-no-guess-input-enc', '-kanji=utf8', latex_opts, self.tmp('tex')])
         out = exec_command(['dvips', '-Ppdf', '-E', '-o', self.tmp('eps'), self.tmp('dvi')])
         out = exec_command(['epstopdf', self.tmp('eps')])
----

C:\inkscape\share\extensions\textext_ja.py の 1153 行目あたりの # Exec pstoedit: pdf -> svg の項目を # Exec Ghostscript (epswrite) and pstoedit: pdf -> eps -> svg に修正します.
----
         # Exec Ghostscript (epswrite) and pstoedit: pdf -> eps -> svg
         exec_command(['gswin32c', '-dSAFER', '-q', '-dBATCH', '-dNOPAUSE',
                       '-sDEVICE=epswrite', '-dEPSCrop', '-r9600',
                       '-sOutputFile='+self.tmp('eps'), self.tmp('pdf')])
         exec_command(['pstoedit', '-ndt', '-f', 'plot-svg',
                       self.tmp('eps'), self.tmp('svg')]
                      + pstoeditOpts)
----
入力する文字列によっては (例えば abc) 実行すると XMLSyntaxError の例外が発生します.~
入力する文字列によっては (例えば 日本語) 実行しても XMLSyntaxError の例外は発生しません.~
Ghostscript (epswrite) and pstoedit で pdf -> eps -> svg 変換して処理しようとすると発生するようです.~
pstoedit で pdf -> svg 変換して処理すれば発生しませんでした.(ただし,日本語は表示されません)~

&color(Black,#72C304){%%%  &color(White){''Textext Error''};                                     &color(Black,#CC3333){%%%[  &color(White){''✕''};  ]%%%}; %%%};&br;
        ''Error occurred while converting text from Latex to SVG:''&br;
 Traceback (most recent call last):
   File "textext_ja.py", line 246, in cb_ok
     self.callback()
   File "textext_ja.py", line 456, in <lambda>
     asker.ask(lambda: self.do_convert(info, old_node))
   File "textext_ja.py", line 470, in do_convert
     new_node = converter.convert(info)
   File "textext_ja.py", line 1050, in convert
     new_node = self.svg_to_group()
   File "textext_ja.py", line 1072, in svg_to_group
     tree = etree.parse(self.tmp('svg'))
   File "lxml.etree.pyx", line 2692, in lxml.etree.parse (src/lxml/lxml.etree.c:49594)
   File "parser.pxi", line 1500, in lxml.etree._parseDocument (src/lxml/lxml.etree.c:71364)
   File "parser.pxi", line 1529, in lxml.etree._parseDocumentFromURL (src/lxml/lxml.etree.c:71647)
   File "parser.pxi", line 1429, in lxml.etree._parseDocFromFile (src/lxml/lxml.etree.c:70742)
   File "parser.pxi", line 975, in lxml.etree._BaseParser._parseDocFromFile (src/lxml/lxml.etree.c:67740)
   File "parser.pxi", line 539, in lxml.etree._ParserContext._handleParseResultDoc (src/lxml/lxml.etree.c:63824)
   File "parser.pxi", line 625, in lxml.etree._handleParseResult (src/lxml/lxml.etree.c:64745)
   File "parser.pxi", line 565, in lxml.etree._raiseParseError (src/lxml/lxml.etree.c:64088)
 XMLSyntaxError: Document is empty, line 1, column 1
----

***[[pdf2svg:http://www.cityinthesky.co.uk/opensource/pdf2svg]] [#yec57718]

Converter には pstoedit の他に [[pdf2svg:http://www.cityinthesky.co.uk/opensource/pdf2svg]] もあります.

pdf2svg の Windows バイナリが [[textext, pdf2svg on Windows:http://tako.nakano.net/textext_pdf2svg.html]] からダウンロードできます.

pdf2svg は日本語の PDF も SVG に変換可能ですが poppler-data の配置場所と fontconfig の FONTCONFIG_PATH が正しく設定されていることが必要です.

poppler-data を正しい位置に配置していない場合 Fontconfig error が発生します.

 >pdf2svg tmp.pdf tmp.svg
 Fontconfig error: Cannot load default config file
 Error: Couldn't open 'nameToUnicode' file 'C:\target\share\poppler\nameToUnicode
 \%'
 Error: Missing language pack for 'Adobe-Japan1' mapping
 Error: Unknown font tag 'F1'
 Error (176): No font in show/space

のエラーが表示される場合は W32TeX の C:\w32tex\share\texworks\share\poppler をコピーして C:\target\share にペーストしてください.~
これで poppler-data が正しい位置に配置されます.

----
 C:.
 ├─w32tex
 │  └─share
 │      └─texworks
 │          └─share
 │              └─poppler
 └─target
     └─share
         └─poppler
----

poppler-data を正しい位置に配置しても FONTCONFIG_PATH が正しく設定されていなければ Fontconfig error が発生します.

 >pdf2svg tmp.pdf tmp.svg
 Fontconfig error: Cannot load default config file
 Error: Couldn't find a font for 'Ryumin Light Identity H'
 some font thing failed

C:\w32tex\share\texmf\fonts\conf\local.conf を編集します.

----
 <?xml version="1.0"?>
 <!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
 <!-- local.conf file to configure local font access -->
 <fontconfig>
 
 <!-- 
   Additional font directory list
 
   Find fonts in these directories and their subdirectories
 
   You can add directories if you have additional fonts.
   Example:
 
 <dir>c:/w32tex/share/texmf/fonts/opentype</dir>
 <dir>c:/w32tex/share/texmf/fonts/truetype</dir>
 -->
 
 <match target="pattern">
   <test qual="any" name="family">
     <string>Ryumin</string>
   </test>
   <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
     <string>MS Mincho</string>
   </edit>
 </match>
 <match target="pattern">
   <test qual="any" name="family">
     <string>GothicBBB</string>
   </test>
   <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
     <string>MS Gothic</string>
   </edit>
 </match>
 
 </fontconfig>
----

環境変数 FONTCONFIG_PATH を適切な場所に設定します.

MinGW Shell (MSYS) の場合は
 $ export FONTCONFIG_PATH=C:/w32tex/share/texmf/fonts/conf
 $ pdf2svg tmp.pdf tmp.svg

コマンド プロンプトの場合は
 >set FONTCONFIG_PATH=C:\w32tex\share\texmf\fonts\conf
 >pdf2svg tmp.pdf tmp.svg

とすることで FONTCONFIG_PATH が正しく設定され,日本語の PDF も SVG に変換可能になります.

ただし,変換できない場合もあります.

 >pdf2svg tmp2.pdf tmp2.svg
 Error: Missing or invalid Encoding entry in Type 0 font
 Error: Unknown font tag 'R10'
 Error (238): No font in show/space

**[[svg2latex:https://gitorious.org/svg2latex/svg2latex]] [#x3c0d408]

svg2latex takes an svg file and produces a file with latex markup and a pdf or eps file which is called in by the latex markup.

-[[svg2latex - Gitorious:https://gitorious.org/svg2latex/svg2latex]]
-[[svg2latex:http://sites.google.com/site/richardhenwood/svg2latex2]]

**[[svg2tex:https://github.com/Oni/svg2tex]] [#wc9b7463]

Svg2tex is a python script that extracts all text from a *.svg file to a LaTeX picture environment. This way the picture's text is processed directly by LaTeX and can be included into the document.

**[[inkscape2tikz:http://code.google.com/p/inkscape2tikz/]] [#u5ee2f7d]

**[[JessyInk:http://code.google.com/p/jessyink/]] [#k0206a78]

-[[JessyInk:http://code.google.com/p/jessyink/]]
-[[Inkscapeでプレゼンテーション:http://d.hatena.ne.jp/yambi/20110405/1301974923]]

*Inkscape で TeX 数式 [#f9da7d32]

[[TeX2img]] (Windows/Mac) を使用して,TeX ソースから数式画像を EPS/PDF 形式でアウトライン化して出力するのが簡単です.
なお,TeX2img は数式以外の地の文や日本語も問題なく処理できます.
-[[InkscapeでTeX数式:http://hooktail.org/computer/index.php?Inkscape%A4%C7TeX%BF%F4%BC%B0]]
-[[Inkscapeでtex数式を使う(数式はアウトラインに):http://www.my-chicken-heart.com/2007/09/inkscapetex.html]]
-[[Latexの数式をsvgに:http://blog.livedoor.jp/les_paul_sp/archives/317234.html]]
-[[TeX, EPS, Inkscape for Win:http://researchmap.jp/jo8ju0xue-10163/#_10163]]
-[[PDFのトリミングとベクター画像抽出:http://acetaminophen.hatenablog.com/entry/2014/09/15/075714]]

*関連リンク [#l46f1d34]

-[[InkscapeでDesign:http://inkscapedesign.web.fc2.com/]]
-[[Inkscaper ~Inkscapeの使い方~:http://logo.dollsent.jp/]]
-[[WikiPedia.ja:Inkscape]]
-[[Wikibooks.ja:Inkscape:http://ja.wikibooks.org/wiki/Inkscape]]
-[[Wikipedia.ja:Inkscape]]
-[[Wikibooks.ja:Inkscape]]
-[[MacWiki:Inkscape]]
-[[Inkscape - 窓の杜ライブラリ:http://www.forest.impress.co.jp/library/software/inkscape/]]
-[[Mac版Inkscape日本語化:http://shinob.cocolog-nifty.com/mix_dvd/2008/04/macinkscape_978d.html]]
-[[Inkscape+日本語環境 [Mac][Free]:http://lime1100.blog108.fc2.com/blog-entry-56.html]]
-[[Beamerscape:https://github.com/jbohren/beamerscape]]