*[[REVTeX:http://publish.aps.org/revtex/]] [#cfdc01cb]
*[[REVTeX:https://journals.aps.org/revtex]] [#cfdc01cb]

[FIXME] 以下はかなり古い内容です。
TeX Live や 角藤さんの W32TeX
などにはインストール済みですので,改めてインストールする必要はありません。
使い方をもっと詳しくすべきですね。

-[[REVTeX Home Page:http://publish.aps.org/revtex/]]
-[[REVTeX Home Page:https://journals.aps.org/revtex]]

**リリース情報 [#i3bdc15f]

2010-08-11 REVTeX 4.1

**インストール [#jaaef53a]

TeX Live, W32TeX には既にインストールされています.~
TeX Live, W32TeX には既にインストールされています.

参考

-[[VineLinux6にrevtex4-1を入れる:http://m.ils.uec.ac.jp/memo/]]
-[[UbuntuにLatex+Revtexをインストール:http://y-m-sakurai800.hatenadiary.jp/entry/2015/09/21/172017]]
-[[latex: revtex4-1 スタイルのインストール (MacOS X):http://qiita.com/ryokbys/items/206e5a9bdfa5f174edb9]]

**AMS-LaTeX と natbib のインストール [#f1d3fb76]

TeX Live, W32TeX には既にインストールされています.~
TeX Live, W32TeX には既にインストールされています.

REVTeX の使用には次のパッケージも必要です。

-AMS-LaTeX 2.0 以降
-natbib [1999/05/28 7.0 (PWD)] 以降

**実行 [#f6f956b2]

revtex4 を展開したディレクトリの中に sample というディレクトリがありますので、
その中に入ってサンプル apssamp.tex を組版してみましょう。

要は latex apssamp と bibtex apssamp を交互に数回繰り返せばいいわけです。
もうちょっと詳しく言えば、

 latex apssamp

と打ち込んで

 LaTeX Warning: Label(s) may have changed. Rerun to get cross-references right .

と言われれば、再度

 latex apssamp

と打ち込まなければなりませんし、

 Package natbib Warning: Citation(s) may have changed.
 (natbib)                Rerun to get citations correct.

と言われれば再度

 bibtex apssamp

と打ち込みます。
何も言われなくなったら完成です。