*TIPA [#z57e2958]

[[TIPA:http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~fkr/computer.htm]]は東大の[[福井玲:http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~fkr/]]先生が作られたIPA (International Phonetic Alphabet、国際音標文字、いわゆる発音記号フォント) です。TIPAのTはTeXまたはTokyo (東大?) を意味するとのことです。同じ福井先生が製作に携わったTSIPAをベースに、大幅に機能およびフォントデザインを改良したものです。

TIPAのフォントにはIPAの記号のほか、アメリカの音声学、インド・ヨーロッパ言語、東アジアの言語学などで使用される音声記号が含まれています。これらはComputer Modernをベースに設計されており、Roman、Slanted、Bold Extended、Sans Serif、Typewriter体など豊富な種類が使用できます (Italic体はありません)。また、TimesおよびHelveticaにデザインを近づけたバージョンも含まれています。

福井先生のサイトの[[tipaディレクトリ:http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~fkr/tipa/]]
から最新版がダウンロードできます (執筆時点での最新版はtipa-1.3です)。
[[CTANのfonts/tipa/:http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/fonts/tipa/]]でもミラーされています。

**インストール [#j6ff5f64]

makeが使える環境であれば、Makefileの先頭のPREFIXの定義を適宜変更し

 make install

を実行します。

手動でインストールする場合は、展開されたファイル群を以下の場所に移動します (下記/usr/local/share/texmfの部分はお使いの環境に応じて読み替えて下さい)。
- styディレクトリの中身を/usr/local/share/texmf/tex/latex/tipaに入れる。
- mfディレクトリの中身を/usr/local/share/texmf/fonts/source/fkr/tipaに入れる。
- tfmディレクトリの中身を/usr/local/share/texmf/fonts/tfm/fkr/tipaに入れる。
- type1ディレクトリの中身を/usr/local/share/texmf/fonts/type1/fkr/tipaに入れる。
- dvipsディレクトリの中身を/usr/local/share/texmf/dvips/configに入れる (※)。

>(※) TDS 1.1では/usr/local/share/texmf/fonts/map/dvips/fkr/tipaになります。

移動したら、必要に応じてmktexlsr、updmap --enable Map tipa.mapなどを実行します。

その後TIPAの配布に含まれるdocディレクトリ内にある、tipaman.texをコンパイルします。インストールに成功していれば、生成されたtipaman.dviの全ページが正常に表示されます。

**使い方 [#o25babb1]

\usepackageコマンドでtipa.styを読み込めば、TIPAの機能を使用できるようになります。

 \documentclass{jsarticle}
 \usepackage{tipa}
 \begin{document}
 :
 \end{document}

特殊な記号を使用する場合は、\usepackage{tipa}の後に続けて\usepackage{xipa}を指定します。

 \documentclass{jsarticle}
 \usepackage{tipa}
 \usepackage{xipa}
 \begin{document}
 :
 \end{document}

音声記号は、

-通常のテキスト内でマクロ名を指定する
-マクロの引数や環境内でショートカット文字を使用する

のいずれかの方法で入力できます。たとえば英語の「explanation」の発音を表す記号

>[ˌɛkspləˈneɪʃən]

は

 [\textsecstress\textepsilon kspl\textschwa
 \textprimstress ne\textsci\textesh\textschwa n]

または

 \textipa{[""Ekspl@"neIS@n]}

と入力します。

使用できるコマンド、フォントの詳細はtipaman.texをご参照下さい。