* 基礎知識 [#s5fc1cf9]

TeX の特徴の一つにマクロが作成できることが挙げられます。
マクロを活用することによって、ミスの少ない仕上がりや作業効率の向上などの効果が期待できます。
また、実用的な面を持つだけではなく、知的な趣味としても愉しむことができます。

マクロの作成技術を身につけるにあたって必要な基本知識を列挙しておきましょう。
これらの事柄を調べてゆくと自ずとマクロ作成技術が身に付くことでしょう。

- トークン (文字トークンとコントロールシークエンス/コントロールシンボル)
- トークン (文字トークンとコントロールシークエンス(コントロールワード/コントロールシンボル))
- カテゴリーコード (\catcode)
- 基本レジスタ (\count, \dimen, \skip, \toks)
- 基本レジスタ (\count, \dimen, \skip/\muskip, \box, \toks)
- 定義と代入 (\def, \let, \newcommand, \DeclareRobustCommand)
- 条件分岐 (\if, \ifx, などの各種 \if)
- 展開の制御 (\expandafter, \edef, \noexpand)
- 展開の制御 (\expandafter, \edef, \noexpand, \afterassignment)
// \aftergroup は有効な使用例が少ないため,保留(ただし,color パッケージで
// きわめて効果的に用いられています).
- トークンの制御 (\the, \string, \csname)
- ファイル入出力(\openin/\closein, \read, \openout/\closeout, \write,
\immediate)
- デバッグ (\show, \showthe, \meaning)
- 組版上の問題に由来する処理(\halign/\valign や \mark などの,
一般的なプログラミングの話では出てこない処理を扱うプリミティブ)
// これは,“基本知識”として挙げるべきかどうかは微妙.
// また,1 項目にしてしまうのは乱暴かもしれません.
- LaTeX における慣用的な処理(\@elt を用いたリストの処理や,
\@testopt 等の常用される内部処理用マクロの用法)
- (あと、どうしましょう?)