// 2005年  8月 26日 金曜日 谷村
// どんどん書き足してください

* Uniform Requirements for Manuscripts Submitted to Biomedical Journals [#xe7b281e]

医学系のトップジャーナルが採用している共通の投稿規定(Uniform Requirements for Manuscripts Submitted to Biomedical Journals: 生物医学雑誌投稿に関する統一規定)に合わせた論文をTeXで書くTipsを集めましょう。

----
** Uniform Requirements for Manuscripts Submitted to Biomedical Journals とは [#occb286d]

生物医学の分野では、「[[生物医学雑誌投稿に関する統一規定 (Uniform Requirements for Manuscripts Submitted to Biomedical Journals):http://www.icmje.org/icmje.pdf]]」が[[国際医学雑誌編集者委員会(International Committee of Medical Journal Editors):http://www.icmje.org/]]により作成されており、現在500誌以上の雑誌がこの規定に従っています。これは、1979年に発表され、最初に会議を開催した都市の名をとってバンクーバースタイルと呼ばれ、2004年10月版が最新版です。最新版の[[日本語訳:http://www.toukoukitei.net/URM0410.pdf]]も存在します。


** プリアンプルの例 [#yb81b0fc]
 \documentclass[a4paper,titlepage]{article}
 \usepackage{graphicx}
 \usepackage{times}
 \usepackage[doublespacing]{setspace}                   % 原稿全体をダブルスペースにします。
 \renewcommand{\listfigurename}{Legends of Figures}

** ダブルスペース [#j474cf50]

簡単にダブルスペース化するには、doublespace.styまたはsetspace.styを使う。特別な理由がない限り、setspace.styを使った方が無難。

- doublespaceの最新版は1986年であり、一方、setspaceの方は2000年である
- doublespaceスタイルを使うと、backgrndやpdfdraftcopyのようにcolorを使う場合にエラーになる。詳細と解決策 [[TeX FAQ 37934:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/qa/37934.html]]

部分的にシングルスペースや任意のスペーシングをしたい場合のコマンド・環境がsetspace.styに用意されているので、詳細はsetspace.styの中をのぞく。

** タイトルページの作成 [#h7ddae99]

タイトルページはtitlepage環境の中に書きます。articleにtitlepageオプションをつけると、titlepage環境やabstract環境は自動的に改ページされます。ただし、ページ番号はふられません。

// URMSBJでは、タイトルページの要素として、
// - 論文のタイトル
// - 著者氏名と最高学位及び学会員資格
// - 所属
// - 通信の責任を持つ著者の氏名と住所
// - 別刷の依頼先の著者名と住所
// - 

タイトルページに図の数や表の数を入れるにはlastpage.styを使う。表の数は
最後の\begin{table}...\end{table}の間に、\label{lasttable}を入れ、\ref{lasttable}で参照する。図の数は最後の\begin{figure}...\end{figure}の間に、\label{lastfig}を入れ、\ref{lastfig}で参照する。

*** Todo [#jd39c775]
- 総単語数(抄録、謝辞、図表キャプション、文献リストは除く)を自動的にカウントして、タイトルページに入れる

** ページ番号 [#z8ab941f]

// Abstractからページ番号を振りたい場合は、\begin{abstract}...\end{abstract}のあとに、 [#dfa3a50d]
// \addtocounter{page}{1}
// を追加する。

*** ページ番号を右上に [#a0c50ac9]
最新版のURMSBJではページ番号の位置指定はなくなったが、ページ番号の位置を簡単に変更したい場合は、pageno.styを使う。例えば右上なら下記のようにする。

 \usepackage[outsidehead]{pageno}


** 四方余白を1インチに [#ae6567ae]
最新版のURMSBJでは「十分な余白」に変更されたが、四方余白を1インチと指定されている場合は、fullpage.styで簡単に四方余白を1インチにできる。
 \usepackage{fullpage}
オプションなしで読み込むだけでOK。もし、\usepackage[outsidehead]{pageno}と併用して本文と右肩のページ番号が重なる場合は、\usepackage[outsidehead]{pageno}をはずして、単に
 \usepackage[myheadings]{fullpage}
とする。fullpageのその他のオプションは、plain, empty, headings。

** 略語を簡単に [#n64448be]
略語は初出の時にフルスペルでかかなくてはいけない。これを自動的にしてくれるacromake.styがある。
 \acromake{ANSA}{{\tt ANSA}}{another nasty stupid acronym}
と書いておくと、
 \ANSA is a new approach to the use of \ANSA, where \ANSA is ...

 another nasty stupid acronym (ANSA) is a new approach to the use of ANSA, where  ANSA is ...
となる。自分がよく使う略語の定義ファイルを作成しておき、\input{}で読み込めば、略語の展開を気にすることなく、本文に集中できる。

** 文献スタイル [#n0cb9c0e]

幸いにもURMSBJ用のbstファイル([[vancouver.bst:http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/biblio/bibtex/contrib/vancouver/vancouver.bst]] [[[詳細:http://www.ctan.org/info?id=vancouver]]])がCTANにあります。これを使って
 \bibliographystyle{vancouver}
 \bibliography{使用するbibファイル名}
とすればOKです。

** その他 [#b7405687]

** コメント [#y6aa6ec3]
#comment