// http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/cm-super.html

*CM-Super → 問題が発生する場合は [[Latin Modern]] を使用する [#vb256d79]

CM-Super とは,Knuth が [[METAFONT]] で作成した Computer Modern フォントをベースに T1 エンコーディングに対応させ,かつ PostScript Type 1 形式に変換したものです.

-http://www.ctan.org/pkg/cm-super

現在では [[Latin Modern]] のほうが品質において優れていますので,Latin Modern の使用をお薦めします.

//[[CTAN:fonts/ps-type1/cm-super/]] でミラーされています.
//[[cm-super.zip>CTAN:fonts/ps-type1/cm-super.zip]] がダウンロードできます.

//-[[CTAN:fonts/ps-type1/cm-super/]]
//から&ref(http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/fonts/ps-type1/cm-super/type1ec.sty);
//をダウンロードし,$TEXMFLOCAL/tex/latex/cm-super/ 内に格納する
//(存在しないディレクトリは予め作っておく).

//-(cm-super には LH [キリルアルファベット]や EC [ラテンアルファベット]の
//Type 1 フォントが含まれています)
//[[CTAN:fonts/ps-type1/]]
//から&ref(ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/fonts/ps-type1/cm-super.zip); を
//ダウンロードし,
//元のツリー構造を保ったまま $TEXMFLOCAL/tex/latex/cm-super/ 以下に展開する.
//先の type1ec.sty は上書きして良い.

//-$TEXMFLOCAL/tex/latex/cm-super/ ディレクトリを開き,
//その中にある pfb/ ディレクトリだけを cm-super/ とリネームしてから,
//ディレクトリごと $TEXMFLOCAL/fonts/type1/ 以下に移動する
//(それ以外のファイルは,さしあたって不必要).

[[TeX Live]] には標準で含まれています.
[[W32TeX]] には標準で含まれていないので CTAN から入手します.
→ [[PDFへの変換について,:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/tex/mod/forum/discuss.php?d=1201]]

*関連リンク [#e74a0814]
-[[Babel な話:type1ec パッケージの 10pt オプションがアレな件:http://d.hatena.ne.jp/zrbabbler/20120906/1346931893]]
-[[cm-super - 松浦高志のページ:http://user.ecc.u-tokyo.ac.jp/users/user-12036/wiki.cgi?page=cm-super]]
-[[cm-super - MyTeXpert:http://mytexpert.sourceforge.jp/index.php?cm-super]]