*dvips [#y40d302b]

&color(White,#5F2F2F){  ''◆目次◆''  };&br;
dvips は DVI ファイルを [[PostScript]] ファイルに変換するソフトウェアです。
実績があり、信頼のおけるプログラムとして TeX の世界では広く用いられてきました。

-[[Tom Rokicki and Radical Eye Software:http://www.radicaleye.com/]]
--[[The Official Dvips Home Page:http://www.radicaleye.com/dvips.html]]
-[[Dvips(k):http://www.tug.org/dvips/]]

----
#contents
----

*dvips とは [#lb7ddcdb]

dvips は DVI ファイルを PS ファイルに変換するソフトウェアです.
**使い方 [#a0ed32c6]

-[[Tom Rokicki and Radical Eye Software:http://www.radicaleye.com/]]
--[[The Official Dvips Home Page:http://www.radicaleye.com/dvips.html]]
-[[Dvips(k):http://www.tug.org/dvips/]]
foo.dvi という DVI ファイルを PostScript ファイル foo.ps に変換するには,次のように打ち込みます:
 dvips -o foo.ps foo.dvi
このとき,TeX Live や最近の W32TeX では欧文フォントとして Type 1 フォントが使われます。

**ChangeLog [#o96c7d5c]
-[[[texlive] Index of /trunk/Build/source/texk/dvipsk:http://www.tug.org/svn/texlive/trunk/Build/source/texk/dvipsk/]]
--[[log:http://www.tug.org/svn/texlive/trunk/Build/source/texk/dvipsk/?view=log]]
--[[ChangeLog:http://www.tug.org/svn/texlive/trunk/Build/source/texk/dvipsk/ChangeLog?view=markup]]
少し古い W32TeX を使っている場合は Type 1 フォントでなく pk フォントが使われてしまい,これを PDF に変換すると汚くなります。
// 私の手元では 2012 年 11 月時点で pk フォントを利用していたことを確認しています。
// 2014 年 12 月にはいつのまにか Type 1 フォントになっていました。
// なお,かつての teTeX や ptetex は 2006 年時点で既に Type 1 フォントでした。
PS ファイルを引き続き PDF に変換する予定があれば
 dvips -Ppdf -o foo.ps foo.dvi
ように “-Ppdf” というオプションを付けておきましょう。
欧文 Base14 フォントを埋め込む場合は “-Pdl” といったオプションにします。

*使い方 [#a0ed32c6]
**dvips の用紙サイズ指定 [#b1d8723b]
ハイパーリンクを埋め込んであるなら
 dvips -z -o foo.ps foo.dvi
のように “-z” を付けます。

標準では A4 サイズになり,%%BoundingBox や %%PaperSize
には正しい用紙サイズが出力され,PostScript の用紙設定コマンド a4 が出力されます。この用紙設定コマンドが解釈不可能な場合には単に無視されます。
***制限事項 [#x73150ff]

レターサイズにするには dvips に -t letter というオプションをつけて実行します。
長い間新機能の追加もなく、このため技術的にはかなり遅れています。
以下のような制限があります。

私の [[新ドキュメントクラス:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/jsclasses/]] でたとえば
- TrueType や OpenType フォントは利用できない。
>
利用できるのは PostScript Type1 フォントと PK フォントです。
<
- PNG、JPEG、PDF などの画像は利用できない。
>
画像は常に EPS へ変換して利用します。
<

 \documentclass[uplatex,papersize,a4paper]{jsarticle}
***dvips の用紙サイズ指定 [#b1d8723b]

のようにオプション [papersize] を与えれば,dviファイル中に
標準では A4 サイズになり,&#x25;&#x25;BoundingBox や &#x25;&#x25;PaperSize には正しい用紙サイズが出力され,PostScript の用紙設定コマンド a4 が出力されます。
この用紙設定コマンドが解釈不可能な場合には単に無視されます。

レターサイズにするには dvips に -t letter というオプションをつけて実行します。

[[jsclasses]]でたとえば
 \documentclass[a4paper,papersize]{jsarticle}
のようにオプション [papersize] を与えれば,DVI ファイル中に
 papersize=用紙の幅,用紙の高さ
という形式の [[special 命令]]が挿入されます。

という形式の special コマンドが挿入されます。

一般のドキュメントクラスでこのような special を出力するには,LaTeX ファイルのプリアンブルにたとえば

 \AtBeginDvi{\special{papersize=210mm,297mm}}

のように書いておきます。

この papersize special の解釈は dvips の設定ファイル config.ps に依存します。
たとえば config.ps に次のように書いてあったとします。
また,dvips に -t a4 というオプションを与えれば,強制的に a4 という設定が選ばれ,PDF に変換した際に正しく A4 サイズになります。

 @ a4 210mm 297mm
 @+ ! %%DocumentPaperSizes: a4
 @+ %%BeginPaperSize: a4
 @+ /setpagedevice where
 @+  { pop << /PageSize [595 842] >> setpagedevice }
 @+  { /a4 where { pop a4 } if }
 @+ ifelse
 @+ %%EndPaperSize
***dvips で変換した PS ファイルを PDF に変換する [#m9a341d6]

 @ letter 8.5in 11in
 @+ ! %%DocumentPaperSizes: Letter
 @+ %%BeginPaperSize: Letter
 @+ /setpagedevice where
 @+  { pop << /PageSize [612 792] >> setpagedevice }
 @+  { /letter where { pop letter } if }
 @+ ifelse
 @+ %%EndPaperSize
dvips で出力した PS ファイルを PDF ファイルに変換するには,以下の方法があります:

 @ a4size 210mm 297mm
 @+ ! %%DocumentPaperSizes: a4
 @+ %%BeginPaperSize: a4
 @+ /setpagedevice where
 @+  { pop << /PageSize [595 842] >> setpagedevice }
 @+  { /a4 where { pop a4 } if }
 @+ ifelse
 @+ %%EndPaperSize
  
 @ jisb4 257mm 364mm
 @+ ! %%DocumentPaperSizes: jisb4
 @+ %%BeginPaperSize: jisb4
 @+ /setpagedevice where
 @+  { pop << /PageSize [729 1032] >> setpagedevice }
 @+  { /jisb4 where { pop jisb4 } if }
 @+ ifelse
 @+ %%EndPaperSize
-dvips で変換した PS ファイルは [[Ghostscript]] 付属の ps2pdf コマンドで PDF ファイルに変換できます。きちんと設定すれば,日本語部分もきれいなアウトラインで出力されます。

 % use -t unknown with a \special{papersize=...} for a nonstandard page size.
 @ unknown 0in 0in
 @+ statusdict /setpageparams known { hsize vsize 0 1 statusdict begin {
 @+ setpageparams } stopped end } { true } ifelse { statusdict /setpage known
 @+ { hsize vsize 1 statusdict begin { setpage } stopped pop end } if } if
-Adobe Acrobat DC をお持ちであれば,PS ファイルをダブルクリックすれば Adobe Acrobat Distiller DC が PDF に変換してくれます。

ここで dvi ファイル内で papersize
を与えた場合,それが210mm×297mmに±5bpの誤差で一致するなら a4 が選ばれます (1bp = 1/72 インチ)。
これは &#x25;&#x25;BoundingBox を210mm×297mmにし,
通常のドキュメントクラスでは,a4paper オプションを付けても,Adobe Acrobat Distiller DC のデフォルト設定では用紙がレターサイズになってしまいます。
A4 にするには,ジョブオプションの設定でページサイズを変えるか,あるいは dvips に “-t a4” というオプションを付けてください。
[[jsclasses]]なら
 \documentclass[a4paper,papersize]{jsarticle}
のように “papersize” オプションを付けると dvips が用紙サイズを認識してくれます。

 %%DocumentPaperSizes: a4
***図の挿入 [#e0b06e9a]

というコメントを出力し,最後のところで
図を挿入する際には [[graphicx]] パッケージに
 \usepackage[dvips]{graphicx}
のように dvips オプションを指定します.
図として EPS を挿入できます.

 %%BeginPaperSize: a4
 /setpagedevice where
 { pop << /PageSize [595 842] >> setpagedevice }
 { /a4 where { pop a4 } if }
 ifelse
 %%EndPaperSize
***しおりの文字化けを防ぐ [#v5d4fb65]

を出力します。従って Distiller で PDF
に変換する際には正しく A4 サイズになります。
LaTeX で作成した日本語文書を
dvips を用いて PDF 化する際,しおりが文字化けしないようにするためには
[[convbkmk>https://ctan.org/pkg/convbkmk]] または bkmk2uni を使います。

また,257mm×364mmに±5bpの誤差で一致するなら jisb4
が選ばれますが,これは &#x25;&#x25;BoundingBox を257mm×364mmにし,頭の部分で
-http://www.t-lab.opal.ne.jp/tex/uptex.html
-[[convbkmkコマンドの使い方 覚え書き:http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-35.html]]

 %%DocumentPaperSizes: jisb4
なお,convbkmk は Ruby スクリプトですので,[[Ruby]] の処理系が必要です.

という1行,最後のところで

 %%BeginPaperSize: jisb4
 /setpagedevice where
 { pop << /PageSize [729 1032] >> setpagedevice }
 { /jisb4 where { pop jisb4 } if }
 ifelse
 %%EndPaperSize
**リンク集 [#fd89856f]

という6行を出力します。
従って PDF に変換した際に正しく JIS B4 サイズになります。
-TeXLiveのdvips [[forum:678]]
-pdfへのフォントの埋め込みとPSプリンタ [[qa:38540]]

papersize が 5bp の誤差範囲内でどの項目にも一致しないなら,最後の unknown
が選ばれ,
***ChangeLog [#o96c7d5c]
-[[[texlive] Index of /trunk/Build/source/texk/dvipsk:http://www.tug.org/svn/texlive/trunk/Build/source/texk/dvipsk/]]
--[[log:http://www.tug.org/svn/texlive/trunk/Build/source/texk/dvipsk/?view=log]]
--[[ChangeLog:http://www.tug.org/svn/texlive/trunk/Build/source/texk/dvipsk/ChangeLog?view=markup]]

 statusdict /setpageparams known { hsize vsize 0 1 statusdict begin {
 setpageparams } stopped end } { true } ifelse { statusdict /setpage known
 { hsize vsize 1 statusdict begin { setpage } stopped pop end } if } if

という3行が出力され,プリンタ依存になりますがページサイズが正しく設定されます。

また,dvips に -t a4 というオプションを与えれば,強制的に a4
という設定が選ばれ,PDF
に変換した際に正しく A4 サイズになります。