*ptex2pdf [#u0ef9f2c]

&color(White,#5F2F2F){  ''◆CONTENTS◆''  };&br;

#contents

*ptex2pdf とは [#c565a6de]
* TeX ファイルから PDF ファイルを生成するコマンド ptex2pdf [#c565a6de]
ptex2pdf は uplatex, euptex, uptex, platex, eptex, ptex の中から指定したコマンドと dvipdfmx を実行する Lua スクリプトです.~
ptex2pdf は TeX Live, W32TeX に含まれています.~
もともとは TeXworks での使用を簡便にするために開発されましたが、TeXShop その他の統合環境においても使用できますし、コマンドライン(ターミナルからの直接の入力)でも使用できます。~

-http://www.ctan.org/pkg/ptex2pdf
-http://www.preining.info/blog/software-projects/ptex2pdf/

**License [#b37c3e22]
----
#contents
----

** License [#b37c3e22]

[[GPLv2:https://gitorious.org/tlptexlive/ptex2pdf/source/COPYING]]

**ChangeLog [#e3bc9999]
** ChangeLog [#e3bc9999]

-https://gitorious.org/tlptexlive/ptex2pdf
--https://gitorious.org/tlptexlive/ptex2pdf/commits
-http://www.tug.org/svn/texlive/trunk/Master/texmf-dist/scripts/ptex2pdf/ptex2pdf.lua?view=markup
--http://www.tug.org/svn/texlive/trunk/Master/texmf-dist/scripts/ptex2pdf/ptex2pdf.lua?view=log

*注意点 [#g4630026]
* 注意点 [#g4630026]

**OS X の TeXstudio で ptex2pdf が動作しない → ptex2pdf.lua の shebang line #!/usr/bin/env texlua   の texlua の後ろの余分なスペース2つを削除して ~/.bash_profile に export PATH=$PATH:/usr/texbin を追加する [#v4d20b34]
** OS X の TeXstudio で ptex2pdf が動作しない → ptex2pdf.lua の shebang line #!/usr/bin/env texlua   の texlua の後ろの余分なスペース2つを削除して ~/.bash_profile に export PATH=$PATH:/usr/texbin を追加する [#v4d20b34]

-[http://tipsboardx.blogspot.jp/2014/06/mac-texstudioptex2pdf.html (mac) TexStudioでptex2pdfが動かない]

*不具合 [#n3e20d7f]
* 不具合 [#n3e20d7f]

バーション0.6にこのバグが直された。

**TeX Live/Cygwin で ptex2pdf を実行すると /usr/bin/env: texlua  : No such file or directory のエラーが発生する → ptex2pdf.lua の shebang line #!/usr/bin/env texlua   の texlua の後ろの余分なスペース2つを削除 [#g2950b8d]
** %%TeX Live/Cygwin で ptex2pdf を実行すると /usr/bin/env: texlua  : No such file or directory のエラーが発生する%%(バーション0.6で修正済み) [#g2950b8d]

バージョン0.6より前では,
TeX Live/Cygwin で ptex2pdf を実行すると /usr/bin/env: texlua  : No such file or directory のエラーが発生します.~

 $ ptex2pdf -u -l hoge.tex
 /usr/bin/env: texlua  : No such file or directory

ptex2pdf -u -l <FILENAME> を実行すると "/usr/bin/env: texlua  : No such file or directory" と表示される場合は ptex2pdf.lua の shebang line
この場合,ptex2pdf.lua の shebang line
 #!/usr/bin/env texlua  
の texlua の後ろの余分なスペース2つを削除してください.~
の texlua の後ろの余分なスペース2つを削除してください.

-[[Cygwin の setup から texlive パッケージを入れて ptex2pdf -l <FILENAME> としたら "/usr/bin/env: texlua  : No such file or directory" ってエラーになった.:https://twitter.com/tsubuyakisc/status/351962192901443585]]
-[[#!/usr/bin/env texlua   って texlua の後ろに空白文字が2文字ついてた.これを削除して無事 ptex2pdf が動くようになった.:https://twitter.com/tsubuyakisc/status/351962660453093376]]
バージョン0.6でこのバグは修正されました.~

- [[Cygwin の setup から texlive パッケージを入れて ptex2pdf -l <FILENAME> としたら "/usr/bin/env: texlua  : No such file or directory" ってエラーになった.:https://twitter.com/tsubuyakisc/status/351962192901443585]]
- [[#!/usr/bin/env texlua   って texlua の後ろに空白文字が2文字ついてた.これを削除して無事 ptex2pdf が動くようになった.:https://twitter.com/tsubuyakisc/status/351962660453093376]]

*使い方 [#dfd1522f]
 ptex2pdf <オプション> <ファイル名.tex>
**オプション一覧 [#q9a85657]
- -v  version
- -h  help
- --help (help の完全版で、TeXworks での設定の説明も含む)
- -e  use eptex class of programs(euptex, eptex を使用する場合に指定)
- -u  use uptex class of programs(uplatex, euptex, uptex を使用する場合に指定)
- -l  use latex based formats(uplatex, platex を使用する場合に指定)
- -s  stop at dvi(PDF を作成しない)
- -i  retain intermediate files(dvi を削除しない)
- -ot '<opts>' extra options for TeX(TeX コンパイラのオプション指定)
- -od '<opts>' extra options for dvipdfmx(dvipdfmx のオプション指定)

**使用例 [#ldc0b8f0]
-upLaTeX でコンパイル
 ptex2pdf -u -l hoge.tex
-upLaTeX でコンパイル、synctex 有効(TeXShop の設定プロファイルから upTeX (ptex2pdf) を設定したときのデフォルト)
 ptex2pdf -u -l -ot "-synctex=1 -file-line-error" hoge.tex
-upLaTeX でコンパイル、synctex 有効、-shell-escape 有効、B5 サイズ指定、PDF 暗号化、印刷のみ許可
 ptex2pdf -u -l -ot "-synctex=1 -file-line-error -shell-escape" -od "-p b5 -S -P 0x0804" hoge.tex
-[[latexmk と ptex2pdf:http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-25.html]]