[[TeX Live]] > [[Linux#texlive]] > texlive-dummy

*texlive-dummy [#u693d45c]

Linux で TeX Live 公式パッケージをインストールした場合は TeX Live に依存するパッケージによって各種 Linux ディストリビューションが提供している TeX Live がインストールされないように TeX Live の dummy パッケージをインストールします.
TeX Live 公式パッケージをインストールしても TeX Live に依存するパッケージをインストールすると Linux ディストリビューションが提供している TeX Live も同時にインストールされてしまいます.
Linux ディストリビューションが提供する TeX Live をインストールさせないようにするには TeX Live の dummy パッケージを事前にインストールしてパッケージマネージャに TeX Live が既にインストールされていると錯覚させる必要があります.

-[[MyTeXpert:texlive-dummy]]

----
#contents
----

**Arch Linux &aname(archlinux); [#e2fe8ca0]
**[[Arch Linux>Linux/Arch Linux]] &aname(archlinux); [#e2fe8ca0]

-https://aur.archlinux.org/packages/texlive-dummy/
-https://aur.archlinux.org/packages/texlive-dummy/ (404 - Page Not Found)
-https://aur.archlinux.org/cgit/aur.git/?h=texlive-dummy
-https://github.com/zhou13/aur/tree/master/texlive-dummy
-[[【Arch Linux】TeX LiveインストーラでLaTeXの環境を構築する:https://qiita.com//kazushisan/items/9a5cbd389de63f4aaf75]]

TeX Live の公式サイトのインストーラで TeX Live をインストールした場合は [[texlive-dummy:https://aur.archlinux.org/packages/texlive-dummy/]] をインストールします.
TeX Live の公式サイトのインストーラで TeX Live をインストールした場合は AUR の texlive-dummy をインストールします.
texlive-dummy をインストールすると TeX Live/Arch Linux に依存するパッケージが TeX Live/Arch Linux をインストールするのを防止できます.

 yaourt -S texlive-dummy
 yay -S texlive-dummy

**Linux Mint/Debian/Ubuntu &aname(linuxmint); &aname(debian); &aname(ubuntu); [#w5728cb9]
AUR の texlive-dummy は削除されました.--> http://mao.5ch.net/test/read.cgi/linux/1506160955/911-913

AUR の texlive-dummy は https://aur.archlinux.org/cgit/aur.git/snapshot/texlive-dummy.tar.gz からダウンロードできるようです.

AUR の texlive-dummy ではなく pacman --assume-installed を使用する場合は ~/.bashrc に以下の記述を追加してターミナルから source ~/.bashrc を実行するといいようです.
>
alias pacman="pacman --assume-installed texlive-bin $(\pacman -Sgq texlive-most texlive-lang)"
<

https://aur.archlinux.org/pkgbase/texlive-dummy/ (404 - Page Not Found) のアーカイブのコメント欄でのやりとりは以下のようになります.

&COLOR(#1794D1){Latest Comments};&br;

''zhou13 commented on 2018-02-26 21:56''&br;
I am not on the mail list so I cannot post there. But I don't agree with that argument. He argued that "if we let people submit dummy packages, eventually we will have one dummy package in the AUR for each real package in the repos, on top of the numerous variations, patched versions, git version, devel versions, and compat versions". However, there is a reason why packages likes texlive and maybe nodejs deserve a different treatment. They have their own repository so essentially they are like distribution. It is reasonable to use the upstream package, which has less bugs and upgrades more frequently. In case of texlive, it has a huge list of dependency. Having an aur package is really convenient.

''Fabio&#x4c;olix commented on 2018-02-25 23:09''&br;
As per this discussion https://lists.archlinux.org/pipermail/aur-requests/2018-January/021830.html keep your pacman trickery for yourself and ask for deletion of this package or I'll do it. Thanks &#x3a;)

''zhou13 commented on 2018-01-21 23:53''&br;
I don't know why the old texlive-dummy is removed from AUR so I created this. I just looked up the --asume-installed and I think they are very different. IMO the former is more likely to be a temporary solution. I don't want to have any inconsistency in my package dependency and texlive-dummy seems to be the only solution. I don't think such functionality can be replaced by --assumend-installed.

''Foucault commented on 2018-01-21 11:57''&br;
This will get flagged for deletion again because the functionality is built-in to pacman.

pacman --assume-installed texlive-bin=2017.44590 etc.

It is however more convenient to have a separate package instead of adding a dozen command line arguments when installing a package.

**[[Linux Mint/Debian/Ubuntu>Linux/Linux Mint]] &aname(linuxmint); &aname(debian); &aname(ubuntu); [#w5728cb9]

-http://www.tug.org/texlive/debian.html#vanilla
-[[WSL に TeX Live の導入(+AucTeX の設定)#設定:https://qiita.com//ignorant/items/f8039a1e01292afff07f#%E8%A8%AD%E5%AE%9A]]
-[[インストール後にやること#dummy パッケージの作成・インストール:http://www.fugenji.org/~thomas/texlive-guide/post_install.html]]

TeX Live の公式サイトのパッケージをインストールしたあとで TeX Live/Debian に依存するパッケージをインストールしようとすると TeX Live/Debian も同時にインストールされてしまいます.
TeX Live/Debian がインストールされないように [[dummy パッケージ:http://www.tug.org/texlive/debian.html#vanilla]]を作成して依存関係の問題を回避します.

 sudo apt install equivs
 wget http://www.tug.org/texlive/files/debian-equivs-2015-ex.txt
 equivs-build debian-equivs-2015-ex.txt
 sudo dpkg -i texlive-local_2015-1_all.deb
 wget http://www.tug.org/texlive/files/debian-equivs-2019-ex.txt
 equivs-build debian-equivs-2019-ex.txt
 sudo dpkg -i texlive-local_2019-1_all.deb

**Fedora &aname(fedora); [#cf6b23bc]
**[[Fedora>Linux/Fedora]] &aname(fedora); [#cf6b23bc]

-https://copr.fedorainfracloud.org/coprs/fatka/texlive-dummy/

TeX Live の公式サイトのインストーラで TeX Live をインストールした場合は [[texlive-dummy:https://copr.fedorainfracloud.org/coprs/fatka/texlive-dummy/]] をインストールします.
texlive-dummy をインストールすると TeX Live/Fedora に依存するパッケージが TeX Live/Fedora をインストールするのを防止できます.

 sudo dnf copr enable fatka/texlive-dummy
 sudo dnf install texlive-dummy

**openSUSE &aname(opensuse); [#y33add76]
**[[openSUSE>Linux/openSUSE]] &aname(opensuse); [#y33add76]

-http://www.ctan.org/tex-archive/support/texlive/texlive-dummy/
--http://www.ctan.org/tex-archive/support/texlive/texlive-dummy/openSUSE
-http://www.ctan.org/pkg/texlive-dummy-opensuse
-https://software.opensuse.org/package/texlive-dummy
-https://ctan.org/tex-archive/support/texlive/texlive-dummy/
--https://ctan.org/tex-archive/support/texlive/texlive-dummy/openSUSE
-https://ctan.org/pkg/texlive-dummy-opensuse
-https://software.opensuse.org/package/texlive-dummy_install

TeX Live の公式サイトのインストーラで TeX Live をインストールした場合は [[texlive-dummy:http://www.ctan.org/tex-archive/support/texlive/texlive-dummy/]] をインストールします.
texlive-dummy をインストールすると TeX Live/TeX Live for opensuse.org に依存するパッケージが TeX Live/TeX Live for opensuse.org をインストールするのを防止できます.
TeX Live の公式サイトのインストーラで TeX Live をインストールした場合は [[texlive-dummy:https://ctan.org/tex-archive/support/texlive/texlive-dummy/]] をインストールします.
texlive-dummy をインストールすると TeX Live/TeX Live for SUSE Linux に依存するパッケージが TeX Live/TeX Live for SUSE Linux をインストールするのを防止できます.

 sudo zypper install http://mirrors.ctan.org/support/texlive/texlive-dummy/openSUSE/texlive-dummy-2015.9999-1.noarch.rpm
 sudo zypper install http://mirrors.ctan.org/support/texlive/texlive-dummy/openSUSE/texlive-dummy-2019.9999-1.noarch.rpm

**RHEL/CentOS/SL &aname(rhel); &aname(centos); &aname(sl); [#ha758dd0]
**[[RHEL/CentOS>Linux/CentOS]] &aname(rhel); &aname(centos); [#ha758dd0]

-http://www.ctan.org/tex-archive/support/texlive/texlive-dummy/
--http://www.ctan.org/tex-archive/support/texlive/texlive-dummy/EnterpriseLinux-7
-https://ctan.org/tex-archive/support/texlive/texlive-dummy/
--https://ctan.org/tex-archive/support/texlive/texlive-dummy/EnterpriseLinux-7

TeX Live の公式サイトのインストーラで TeX Live をインストールした場合は [[texlive-dummy:http://www.ctan.org/tex-archive/support/texlive/texlive-dummy/]] をインストールします.
texlive-dummy をインストールすると TeX Live/RHEL/CentOS/SL に依存するパッケージが TeX Live/RHEL/CentOS/SL をインストールするのを防止できます.
TeX Live の公式サイトのインストーラで TeX Live をインストールした場合は [[texlive-dummy:https://ctan.org/tex-archive/support/texlive/texlive-dummy/]] をインストールします.
texlive-dummy をインストールすると TeX Live/RHEL/CentOS に依存するパッケージが TeX Live/RHEL/CentOS をインストールするのを防止できます.

 sudo yum install http://mirrors.ctan.org/support/texlive/texlive-dummy/EnterpriseLinux-7/texlive-dummy-2012a-1.el7.noarch.rpm

**Gentoo Linux &aname(gentoolinux); [#i10c1e71]

-[[GentooでTeXLiveを使う話:http://ryokubudoh.hatenadiary.com/entry/2015/12/09/171356]]