[[Atom]] > LaTeX

----
#contents
----

*LaTeX 環境の整備 [#z8c19e98]

**パッケージのインストール [#i20a9a37]

+Ctrl+Comma で Settings タブを開きます。
+左側の Install をクリックします。
+Install Packages の Search packages と表示されている入力欄にパッケージ名を入力してパッケージをインストールします。
++入力欄に latex を入力して [[latex:https://atom.io/packages/latex]] パッケージをインストールします。
++入力欄に language-latex を入力して [[language-latex:https://atom.io/packages/language-latex]] パッケージをインストールします。
++入力欄に latex-tree を入力して [[latex-tree:https://atom.io/packages/latex-tree]] パッケージをインストールします。
++入力欄に pdf-view を入力して [[pdf-view:https://atom.io/packages/pdf-view]] パッケージをインストールします。

**日本語文書向けの設定 [#ca64206f]

日本語をサポートしているエンジン(upLaTeX エンジンまたは LuaLaTeX エンジン)を使って日本語文書を作成する設定をします。
latex パッケージを使うには [[Latexmk]] か texify が必要です。
[[DiCy:https://yitzchak.github.io/dicy/]] を使うこともできます。
Latexmk がインストールされ、パスが通っている前提で進めます。

+latex パッケージの Settings をクリックします。
+Engine のリストから日本語をサポートしているエンジンを選択します。upLaTeX を使用する場合は uplatex、LuaLaTeX を使用する場合は lualatex を選択します。
+Output Format が pdf に設定されていることを確認します。設定されていない場合はリストから pdf を選択します。
+PDF Producer が dvipdfmx に設定されていることを確認します。設定されていない場合はリストから dvipdfmx を選択します。
+ファイルを保存したときに自動的にビルドしたい場合は Build on Save を true にします。デフォルトでは false になっています。

**language-latex パッケージ [#q2b63e16]

LaTeX の シンタックスハイライト(色分け)とスニペットを追加します。

スニペットの使用に関して注意点があります。

itemize 環境などは
>
b<Enter>it<Enter>
<
のように b を入力して Enter キーをタイプして it を入力して Enter キーをタイプすると
>
\begin{\begin{itemize}&br;
&nbsp;&nbsp;\item &br;
\end{itemize}}&br;
&nbsp;&nbsp;&br;
\end{\begin{itemize}&br;
&nbsp;&nbsp;\item &br;
\end{itemize}}&br;
<
のように出力されてしまいます。
>
it<Enter>
<
のように it を入力して Enter キーをタイプすると
>
\begin{itemize}&br;
&nbsp;&nbsp;\item &br;
\end{itemize}&br;
<
のように出力されます。



**latex-tree パッケージ [#w9a117b7]

Ctrl+Alt+M で Document Tree の表示/非表示の切り替えができます。

ツリービューの項目をクリックすると LaTeX ファイルの該当する項目にジャンプします。

**latex パッケージと pdf-view パッケージとの連携 [#l8d4ce3a]

pdf-view パッケージを使用することで Atom 内で PDF プレビューができます。SyncTeX にも対応しています。

***設定 [#e1f3ae0a]

+latex パッケージの Settings をクリックします。
+Enable SyncTeX が true に設定されていることを確認します。設定されていない場合は true にします。
+Opener のリストから pdf-view を選択します。

***使い方 [#x26304ba]

Ctrl+Alt+B をタイプするとタイプセットしたあと pdf-view で PDF が表示されます。

Ctrl+Alt+S をタイプすると PDF ファイルの該当するページを表示します。

PDF の表示画面をクリックすると TeX ファイルの該当する行にジャンプします。

**latex パッケージと SumatraPDF との連携 (Windows) [#xd2a02e0]

Windows で LaTeX package をインストールすると SumatraPDF で forward and inverse search が実行できます。

***設定 [#wa284717]

+latex パッケージの Settings をクリックします。
+Enable SyncTeX が true に設定されていることを確認します。設定されていない場合は true にします。
+Opener のリストから sumatra を選択して SumatraPDF Path を設定します。

***使い方 [#f1b15dfc]

Ctrl+Alt+B をタイプするとタイプセットしたあと SumatraPDF で forward search が実行されます。

Ctrl+Alt+S をタイプすると SumatraPDF で forward search が実行されます。

SumatraPDF の画面をダブルクリックすると Atom の該当する TeX ファイルの行にジャンプします。