*Latexmk [#ra50ed94]

Latexmk は文書を作成するのに必要な回数タイプセットしてくれるツールです.BibTeX や Makeindex などの実行も自動で行われます.
-http://personal.psu.edu/jcc8/software/latexmk/

// http://oku.edu.mie-u.ac.jp/tex/mod/forum/discuss.php?d=1645#p9535
// に従い,設定は基本的にplatex + dvipdfmxで書く,ということにしています.

----
#contents
----

**インストール [#t07c147c]

TeX Live, W32TeX には Latexmk が最初から含まれています.ただし,[[W32TeX]] の場合は別途 Perl インタプリタが必要です([[Perl]] の項目参照).

//***Arch Linux [#qee2215d]
//
//-https://www.archlinux.org/packages/?name=texlive-core
//-https://www.archlinux.org/packages/?name=texlive-bin
//
//***Linux Mint [#r8b1b822]
//
//-https://packages.ubuntu.com/ja/latexmk
//
//***Debian [#la23c405]
//
//-https://packages.debian.org/ja/latexmk


** 使い方 &aname(usage); [#nf74ee05]
sample.tex をコンパイルする例です.詳しくは latexmk --help や texdoc latexmk をご覧ください.
- dvi を生成する
 latexmk sample.tex
- dvi 経由で pdf を生成する
 latexmk -pdfdvi sample.tex
- dvi 経由で pdf を生成,platex,dvipdfmx,pbibtex,mendex を使うことを明示する.
 latexmk -pdfdvi -latex=platex -synctex=1 -e "$dvipdf='dvipdfmx %O %S';$bibtex='pbibtex';$makeindex='mendex';" sample.tex
- dvi 経由で pdf を生成し,更にプレビューを行う.
 latexmk -pdfdvi -pv sample.tex
- pdflatex で pdf を生成する
 latexmk -pdf sample.tex
- lualatex で pdf を生成する
 latexmk -lualatex sample.tex
- dvi 経由で pdf を生成し,それをプレビュー,更に sample.tex を監視させ,更新されたら再度コンパイルを行う.
 latexmk -pdfdvi -pvc -interaction=nonstopmode sample.tex
- 中間ファイルを削除する
 latexmk -c sample.tex
- 中間ファイルと .dvi, .ps, .pdf を削除する
 latexmk -C sample.tex

「dvi 経由で pdf を生成,platex,dvipdfmx,pbibtex,mendex を使うことを明示する.」では %O や %S などを latexmk に補完させています.dvipdfmx は補完に失敗するため,指定しています.

** 設定 [#g2a2cf08]
実際にコンパイル時に何を用いるか(platex か latex か,pbibtex か bibtex か等々)は,.latexmkrc と言うファイルに記述します.((.latexmkrc に記述せずに実行時オプションで指定することもできます([[使い方>Latexmk#usage]]を参照).)).latexmkrc はホームディレクトリに作成します.ただし Windows の場合ホームディレクトリとは

+ 環境変数 HOME が定義されていればそのフォルダ
+ そうでなければ環境変数 USERPROFILE で指定されたフォルダ

となります.多くの場合は HOME は定義されていないでしょうから,USERPROFILE の指定するフォルダになるでしょう.デフォルトでは USERPROFILE は C:\Users\USERNAME となります.(Wndows が C ドライブにインストールされていて,ユーザ名が USERNAME の場合.)

日本語用の簡単な .latexmkrc です.

 $latex = 'platex -synctex=1 %O %S';
 $bibtex = 'pbibtex %O %B';
 $dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S';
 $makeindex = 'mendex %O -o %D %S';
 $max_repeat = 10;
 $pdf_previewer = '"C:\Program Files\SumatraPDF\SumatraPDF.exe" -reuse-instance %O %S';

%S はソースファイル,%O はオプション,%D は出力ファイル,%B は拡張子無しのソースファイルに置き換えられます.なお,これらを省略しても latexmk は適当に補完をしてくれます.このファイルを .latexmkrc としてホームディレクトリに保存してください.

なお,Windows のエクスプローラーでは ".latexmkrc" というファイル名への変更を行おうとするとエラーになります.".latexmkrc."と最後にピリオドをつけてください.(改名後最後のピリオドはなくなります.)または,メモ帳を起動し上記を貼り付けた後「名前をつけて保存」ダイアログを開き,「ファイルの種類」を「全てのファイル (*.*)」に変更してから保存してください.

** .latexmkrc のサンプル [#qeabdd2c]
***LaTeX コマンドのオプションに -interaction=nonstopmode を使用する場合 [#ke005cd5]
TeXstudio, Texmaker, TeXlipse, Emacs の TeX mode, AUCTeX (TeX-interactive-mode が OFF の場合), vimtex, quickrun などの -interaction=nonstopmode を使用するエディタ・パッケージの場合
----
~/.latexmkrc
----
 #!/usr/bin/env perl
 if ($^O eq 'MSWin32') {
   $latex = 'uplatex %O -kanji=utf8 -no-guess-input-enc -synctex=1 -interaction=nonstopmode %S';
   $pdflatex = 'pdflatex %O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %S';
   $lualatex = 'lualatex %O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %S';
   $xelatex = 'xelatex %O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %S';
   $biber = 'biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B';
   $bibtex = 'upbibtex %O %B';
   $makeindex = 'upmendex %O -o %D %S';
   $dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S';
   $dvips = 'dvips %O -z -f %S | convbkmk -u > %D';
   $ps2pdf = 'ps2pdf.exe %O %S %D';
   $pdf_mode = 3;
   if (-f 'C:/Program Files/SumatraPDF/SumatraPDF.exe') {
     $pdf_previewer = '"C:/Program Files/SumatraPDF/SumatraPDF.exe" -reuse-instance';
   } elsif (-f 'C:/Program Files (x86)/SumatraPDF/SumatraPDF.exe') {
     $pdf_previewer = '"C:/Program Files (x86)/SumatraPDF/SumatraPDF.exe" -reuse-instance';
   } else {
     $pdf_previewer = 'texworks';
   }
 } else {
   $latex = 'uplatex %O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %S';
   $pdflatex = 'pdflatex %O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %S';
   $lualatex = 'lualatex %O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %S';
   $xelatex = 'xelatex %O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %S';
   $biber = 'biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B';
   $bibtex = 'upbibtex %O %B';
   $makeindex = 'upmendex %O -o %D %S';
   $dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S';
   $dvips = 'dvips %O -z -f %S | convbkmk -u > %D';
   $ps2pdf = 'ps2pdf %O %S %D';
   $pdf_mode = 3;
   if ($^O eq 'darwin') {
     $pvc_view_file_via_temporary = 0;
     $pdf_previewer = 'open -ga /Applications/Skim.app';
   } else {
     $pdf_previewer = 'xdg-open';
   }
 }
----

Latexmk-upLaTeX の場合
 latexmk -gg -pdfdvi foo.tex
Latexmk-upLaTeX-pdfps の場合
 latexmk -gg -pdfps foo.tex
Latexmk-pdfLaTeX の場合
 latexmk -gg -pdf foo.tex
Latexmk-LuaLaTeX の場合
 latexmk -gg -pdflua foo.tex
Latexmk-XeLaTeX の場合
 latexmk -gg -pdfxe foo.tex

***LaTeX コマンドのオプションに -interaction=nonstopmode を使用しない場合 [#q3ee8e1b]
TeXworks, TeXShop, AUCTeX (TeX-interactive-mode が ON の場合), YaTeX などの -interaction=nonstopmode を使用しないエディタ・パッケージの場合
----
~/.latexmkrc
----
 #!/usr/bin/env perl
 if ($^O eq 'MSWin32') {
   $latex = 'uplatex %O -kanji=utf8 -no-guess-input-enc -synctex=1 %S';
   $pdflatex = 'pdflatex %O -synctex=1 %S';
   $lualatex = 'lualatex %O -synctex=1 %S';
   $xelatex = 'xelatex %O -synctex=1 %S';
   $biber = 'biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B';
   $bibtex = 'upbibtex %O %B';
   $makeindex = 'upmendex %O -o %D %S';
   $dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S';
   $dvips = 'dvips %O -z -f %S | convbkmk -u > %D';
   $ps2pdf = 'ps2pdf.exe %O %S %D';
   $pdf_mode = 3;
   if (-f 'C:/Program Files/SumatraPDF/SumatraPDF.exe') {
     $pdf_previewer = '"C:/Program Files/SumatraPDF/SumatraPDF.exe" -reuse-instance';
   } elsif (-f 'C:/Program Files (x86)/SumatraPDF/SumatraPDF.exe') {
     $pdf_previewer = '"C:/Program Files (x86)/SumatraPDF/SumatraPDF.exe" -reuse-instance';
   } else {
     $pdf_previewer = 'texworks';
   }
 } else {
   $latex = 'uplatex %O -synctex=1 %S';
   $pdflatex = 'pdflatex %O -synctex=1 %S';
   $lualatex = 'lualatex %O -synctex=1 %S';
   $xelatex = 'xelatex %O -synctex=1 %S';
   $biber = 'biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B';
   $bibtex = 'upbibtex %O %B';
   $makeindex = 'upmendex %O -o %D %S';
   $dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S';
   $dvips = 'dvips %O -z -f %S | convbkmk -u > %D';
   $ps2pdf = 'ps2pdf %O %S %D';
   $pdf_mode = 3;
   if ($^O eq 'darwin') {
     $pvc_view_file_via_temporary = 0;
     $pdf_previewer = 'open -ga /Applications/Skim.app';
   } else {
     $pdf_previewer = 'xdg-open';
   }
 }
----

Latexmk-upLaTeX の場合
 latexmk -gg -pdfdvi foo.tex
Latexmk-upLaTeX-pdfps の場合
 latexmk -gg -pdfps foo.tex
Latexmk-pdfLaTeX の場合
 latexmk -gg -pdf foo.tex
Latexmk-LuaLaTeX の場合
 latexmk -gg -pdflua foo.tex
Latexmk-XeLaTeX の場合
 latexmk -gg -pdfxe foo.tex

**リンク [#yb5452a3]
-[[Latexmkを使った,LaTeX文書の自動コンパイル:http://wq1.github.io/blog/2015-06-21/]]
-[[latexmk で楽々 TeX タイプセットの薦め(& biblatex+biberで先進的な参考文献処理) - konn-san.com:http://konn-san.com/prog/why-not-latexmk.html]]
-[[ぼくの .latexmkrc:http://kwakita.wordpress.com/2014/04/01/my-latexmkrc-setting/]]
-[[【質問】日本語環境における文献処理について:http://qiita.com/mr_konn/items/3f523eb6dcf1d9837c92]]
-https://gist.github.com/konn
--https://gist.github.com/konn/8234466
-[http://miyazakikenji.wordpress.com/2014/01/27/latexmk/ latexmk | miyazakikenji]
-[[latexmk:http://kamae-norihiro.blogspot.jp/2013/06/latexmk.html]]
-[[Latexmkのススメ:http://xaro.hatenablog.jp/entry/2013/01/06/125723]]
-[[latexmk と ptex2pdf:http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-25.html]]
-[[latexmk を LaTeX コンパイルに使ってみた:http://unvalance.g.hatena.ne.jp/KainokiKaede/20111124/1322117707]]
-[[latexmk つかって LaTeX コンパイルしたら簡単すぎて身長が10cm伸びた:http://d.hatena.ne.jp/yambi/20091117/1258452926]]
-[[Latexmk(Windows特化で使い方を書いてみる):http://d.hatena.ne.jp/abenori/20150110]]