[[TeXstudio]] > [[設定>TeXstudio/設定]] > Linux

----
#contents
----

**コマンド [#fdb50ca9]

-コマンドの LaTeX に設定されている latex を uplatex に変更して -src を -synctex=1 に変更します.
-コマンドの DviPdf に設定されている dvipdfm を dvipdfmx に変更します.
-コマンドの BibTeX に設定されている bibtex を upbibtex に変更します.
-コマンドの Biber に設定されている biber を biber --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars に変更します.
-詳細な設定をする場合は高度なオプションの表示を ON にします.
----
:LaTeX|
:|uplatex -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
:PdfLaTeX|
//:|latexmk -e "$latex=q/uplatex %%O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %%S/" -e "$bibtex=q/upbibtex %%O %%B/" -e "$biber=q/biber %%O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %%B/" -e "$makeindex=q/upmendex %%O -o %%D %%S/" -e "$dvipdf=q/dvipdfmx %%O -o %%D %%S/" -norc -gg -pdfdvi -silent %
:|pdflatex -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
:XeLaTeX|
:|xelatex -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
:LuaLaTeX|
:|lualatex -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
:|luajitlatex -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
:外部PDFビューア|
:|synctex view -i "@:0:?c:am.tex" -o "?am.pdf" -x "evince -i %%{page+1} '%%{output}'"
:|fwdevince "?am.pdf" @ "?c:am.tex"
:|okular --unique "file:?am.pdf#src:@ ?c:am.tex"
:|zathura -x "texstudio '%%{input}' -line %%{line}" --synctex-forward "@:0:?c:am.tex" "?am.pdf"
:|qpdfview --unique "?am.pdf#src:?c:am.tex:@:0"
:|synctex view -i "@:0:?c:am.tex" -o "?am.pdf" -x "texworks --position=%%{page+1} '%%{output}'"
:DviPs|
:|ruby -e "cmd='dvips -Ppdf -z -f '+0x22.chr+'?am.dvi'+0x22.chr+' '+0x7c.chr+' '+'convbkmk -u'+' '+0x3e.chr+' '+0x22.chr+'?am.ps'+0x22.chr;system(cmd)"
:DviPng|
:|dvipng -T tight -D 120 %.dvi
:Ps2Pdf|
:|ps2pdf %.ps
:DviPdf|
:|dvipdfmx %.dvi
:BibTeX|
:|upbibtex %
:BibTex 8ビット|
:|bibtex8 %
:Biber|
:|biber --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %
:Makeindex|
:|upmendex %.idx
:Texindy|
//:|ptexindy %.idx
:|texindy %.idx
:Makeglossary|
:|makeglossaries
:Metapost|
:|upmpost -interaction=nonstopmode %
:Asymptote|
:|asy %.asy
:Ghostscript|
:|gs
:Latexmk|
:|latexmk -e "$latex=q/uplatex %%O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %%S/" -e "$bibtex=q/upbibtex %%O %%B/" -e "$biber=q/biber %%O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %%B/" -e "$makeindex=q/upmendex %%O -o %%D %%S/" -e "$dvipdf=q/dvipdfmx %%O -o %%D %%S/" -norc -gg -pdfdvi -silent %
//:|latexmk -pdf -silent -latexoption="-synctex=1" %
:SVN|
:|svn
:SVNADMIN|
:|svnadmin
----

*[[Evince]] との連携 [#y63d1279]

LaTeX コマンド, PdfLaTeX コマンド, XeLaTeX コマンド, LuaLaTeX コマンドのオプションに -synctex=1 を追加します.

**forward search [#c5c506ca]

[[Evince/fwdevince]] の fwdevince を使用します.~

forward search は外部PDFビューアに

 fwdevince "?am.pdf" @ "?c:am.tex"

です.

**inverse search [#b18e31c8]

[[Evince/fwdevince]] の invevince を使用します.~

inverse search はユーザーコマンドに invevince を作成して以下のようにコマンドを設定します.~

 invevince "?am.pdf" "texstudio '%%f' -line %%l"

外部PDFビューアに evince を設定して evince で PDF ファイルを表示してユーザーコマンドを実行します.~
Ctrl + 左クリックで inverse search ができます.~
ユーザーコマンドを実行するタイミングは evince で PDF ファイルを表示する前でも後でもどちらでも OK です.~

*[[Okular]] との連携 [#c6d921dc]

LaTeX コマンド, PdfLaTeX コマンド, XeLaTeX コマンド, LuaLaTeX コマンドのオプションに -synctex=1 を追加します.

**forward search [#x57d864f]

forward search は外部PDFビューアに

 okular --unique "file:?am.pdf#src:@ ?c:am.tex"

です.

**inverse search [#xd0f2973]

[Settings]-[Configure Okular...]-[Editor] の項目から Custom Text Editor を選択します.
:Editor:|Custom Text Editor
:Command:|texstudio "%f" -line %l

Shift + 左クリックで対応する TeX 文書の該当箇所にジャンプします.

*[[zathura]] との連携 [#i139e4bb]

LaTeX コマンド, PdfLaTeX コマンド, XeLaTeX コマンド, LuaLaTeX コマンドのオプションに -synctex=1 を追加します.

**forward and inverse search [#hd7f6d9d]

forward and inverse search は外部PDFビューアに

 zathura -x "texstudio '%%{input}' -line %%{line}" --synctex-forward "@:0:?c:am.tex" "?am.pdf"

です.

Ctrl + 左クリックで対応する TeX 文書の該当箇所にジャンプします.

*[[qpdfview]] との連携 [#j7ca7059]

LaTeX コマンド, PdfLaTeX コマンド, XeLaTeX コマンド, LuaLaTeX コマンドのオプションに -synctex=1 を追加します.

**forward search [#d9853641]

forward search は外部PDFビューアに

 qpdfview --unique "?am.pdf#src:?c:am.tex:@:0"

です.

**inverse search [#f31d5e80]

[Edit]-[Settings...]-[Behaviour]
:Source editor:|texstudio "%1" -line %2

ダブルクリックで対応する TeX 文書の該当箇所にジャンプします.