TeXlipse > 設定 > Windows



ビルダー設定

デフォルトの設定では,upLaTeX が使えないので変更します.


  ウィンドウ(W)  >  設定(P)  


                       
  …
  ◢ Texlipse
    ▷ BibTeX エディター
    ▷ エディター
    ▷ スペル・チェッカー
      ドキュメント・テンプレート
    ▷ ビューアー設定
    ▷ ビルダー設定 
  …


TeX Live がインストールされていれば以下のような表示になっているはずです.


                          設定                                [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
 ビルダー設定

  ドキュメントのビルドに使用するプログラム:
  Latex program   (C:\texlive\2018\bin\win64\latex.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\latex.exe)
  PsLatex program   ()
  PdfLatex program   (C:\texlive\2018\bin\win64\pdflatex.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\pdflatex.exe)
  XeLatex program   (C:\texlive\2018\bin\win64\xelatex.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\xelatex.exe)
  LuaLatex program   (C:\texlive\2018\bin\win64\lualatex.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\lualatex.exe)
  Bibtex program   (C:\texlive\2018\bin\win64\bibtex.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\bibtex.exe)
  Biber (BibLaTeX)   (C:\texlive\2018\bin\win64\biber.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\biber.exe)
  Makeindex program   (C:\texlive\2018\bin\win64\makeindex.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\makeindex.exe)
  Dvips program   (C:\texlive\2018\bin\win64\dvips.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\dvips.exe)
  Dvipdf program   (C:\texlive\2018\bin\win64\dvipdfm.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\dvipdfm.exe)
  Ps2pdf program   ()
  Makeindex program (nomencl)   (C:\texlive\2018\bin\win64\makeindex.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\makeindex.exe)
  Kpsewhich program   (C:\texlive\2018\bin\win64\kpsewhich.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\kpsewhich.exe)


これらを [編集(E)...] します.

編集


  Latex program …  >  [編集(E)...]  


                    Edit builder program                  [ 🗙 ]
   Setup the Latex program. If the program file field is empty, this program is disabled.
   Program file:        C:\texlive\2018\bin\win64\uplatex.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\uplatex.exe
   引数:            -no-guess-input-enc -kanji=utf8 -synctex=1 -interaction=nonstopmode "%input"
   Input format: .tex    出力フォーマット: .dvi

   Program file ok


  LuaLatex program …  >  [編集(E)...]  


                    Edit builder program                  [ 🗙 ]
   Setup the LuaLatex program. If the program file field is empty, this program is disabled.
   Program file:        C:\texlive\2018\bin\win64\lualatex.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\lualatex.exe
   引数:            -synctex=1 -interaction=nonstopmode "%input"
   Input format: .tex    出力フォーマット: .pdf

   Program file ok


  Bibtex program …  >  [編集(E)...]  


                    Edit builder program                  [ 🗙 ]
   Setup the Bibtex program. If the program file field is empty, this program is disabled.
   Program file:        C:\texlive\2018\bin\win64\upbibtex.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\upbibtex.exe
   引数:            "%input"
   Input format: .bib    出力フォーマット: .aux

   Program file ok


  Biber (BibLaTeX) …  >  [編集(E)...]  


                    Edit builder program                  [ 🗙 ]
   Setup the Biber (BibLaTeX). If the program file field is empty, this program is disabled.
   Program file:        C:\texlive\2018\bin\win64\biber.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\biber.exe
   引数:            --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechar "%input"
   Input format: .bcf    出力フォーマット: .bbl

   Program file ok


  Makeindex program …  >  [編集(E)...]  


                    Edit builder program                  [ 🗙 ]
   Setup the Makeindex program. If the program file field is empty, this program is disabled.
   Program file:        C:\texlive\2018\bin\win64\upmendex.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\upmendex.exe
   引数:            -s "%style" "%input"
   Input format: .idx    出力フォーマット: .ind

   Program file ok


  Dvipdf program …  >  [編集(E)...]  


                    Edit builder program                  [ 🗙 ]
   Setup the Dvipdf program. If the program file field is empty, this program is disabled.
   Program file:        C:\texlive\2018\bin\win64\dvipdfmx.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\dvipdfmx.exe
   引数:            "%input"
   Input format: .dvi    出力フォーマット: .pdf

   Program file ok


  Makeindex program (nomencl) …  >  [編集(E)...]  


                        Edit builder program                      [ 🗙 ]
   Setup the Makeindex program (nomencl). If the program file field is empty, this program is disabled.
   Program file:        C:\texlive\2018\bin\win64\upmendex.exe または C:\texlive\2018\bin\win32\upmendex.exe
   引数:            "%input" -s nomencl.ist -o "%output"
   Input format: .nlo    出力フォーマット: .nls

   Program file ok


設定を反映させるため [適用(A)] > [OK] をクリックします.

ビューアー設定

PDF ファイルを表示するための設定をします.


  ウィンドウ(W)  >  設定(P)  


                       
  …
  ◢ Texlipse
    ▷ BibTeX エディター
    ▷ エディター
    ▷ スペル・チェッカー
      ドキュメント・テンプレート
    ▷ ビューアー設定 
    ▷ ビルダー設定
  …


                          設定                                [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
 ビューアー設定

 このページは使用可能なビューアーのためにデフォルトを構成します。プレビューがエディターから起動されたと
 き、現在の出力に合う最も優先度の高いビューアーが選択されます。

 ビューアー構成 (優先度降順):
 yap ()
 xdvi ()
 itexmac ()
 kdvi ()
 gv ()
 sumatra PDF (C:\Program Files\SumatraPDF\SumatraPDF.exe)
 acroread ()
 none ()


PDF ファイル ビューアー

Pdf4Eclipse

Pdf4Eclipse は PDF ファイルの自動更新と SyncTeX による forward and inverse search に対応しています.
フォントを埋め込めば日本語も表示可能です.
プロジェクト・エクスプローラーの PDF ファイルをダブルクリックすると Pdf4Eclipse で開きます.
編集中の TeX ファイルのタブをクリックしたまま下方にドラッグ (移動) すると TeX ファイルと PDF ファイルを水平分割または垂直分割して表示できます.
ドラッグする方向や移動する距離によって水平分割・垂直分割を指定できます.
編集中の TeX ファイルの編集画面を右クリック → Forward search (Ctrl+Alt+F) で forward search ができます.
PDF ファイルの画面をダブルクリックすると inverse search ができます.


  ウィンドウ(W)  >  設定(P)  


                       
  …
    Pdf4Eclipse 
  ▷ Texlipse
  …


                          設定                                [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
 General settings for viewing PDF documents
 ☑ Enable pseudo continuous scrolling(E)
  PDF renderer (document must be reopend for change to take effect)
  ◯ SUN renderer (より速い)
  ◯ JPedal renderer (higher compatibility)
  🔘 JPedal renderer for some document types that can not be displayed by SUN renderer, otherwise SUN renderer


SumatraPDF


  sumatra PDF (C:\Program Files\SumatraPDF\SumatraPDF.exe)  >  [     編集(E)...     ]  


■ SumatraPDF を前面に表示したい場合
                          Modify existing viewer configuration                        [ 🗙 ]
   ビューアーを構成します。
   ビューアー名:                sumatra PDF
   ビューアー・コマンド:             C:\Program Files\SumatraPDF\SumatraPDF.exe
   ビューアー引数:               -reuse-instance "%fullfile" -forward-search "%texfile" %line
    ビューで送信する DDE メッセージ
    コマンド: [ForwardSearch("%fullfile","%texfile",%line,0,0,1)]
    サーバー: SUMATRA                    トピック: control

    再ビルド前に送信する DDE メッセージ
    コマンド:
    サーバー:                            トピック:
   ビューアー入力ファイル・フォーマット:  [pdf ]
   逆検索サポート:              [ビューアー実行外部コマンド           ]
   ☑ ビューアーでフォーマット済み検索をサポート

   File ok.


■ SumatraPDF を前面に表示したくない場合
SumatraPDF/fwdsumatrapdf の fwdsumatrapdf.exe を使用します.
                          Modify existing viewer configuration                        [ 🗙 ]
   ビューアーを構成します。
   ビューアー名:                sumatra PDF
   ビューアー・コマンド:             C:\texlive\2018\bin\win32\fwdsumatrapdf.exe
   ビューアー引数:               "%fullfile" "%texfile" %line
    ビューで送信する DDE メッセージ
    コマンド:
    サーバー:                            トピック:

    再ビルド前に送信する DDE メッセージ
    コマンド:
    サーバー:                            トピック:
   ビューアー入力ファイル・フォーマット:  [pdf ]
   逆検索サポート:              [ビューアー実行外部コマンド           ]
   ☑ ビューアーでフォーマット済み検索をサポート

   File ok.


SumatraPDF を使用する場合は,

 sumatra PDF (C:\Program Files\SumatraPDF\SumatraPDF.exe) 

の優先度を一番上にします.

TeXworks


  [     新規(W)...     ]  


                             新規ビューアー構成の追加                           [ 🗙 ]
   ビューアーを構成します。
   ビューアー名:                TeXworks
   ビューアー・コマンド:             C:\texlive\2018\tlpkg\texworks\texworks.exe
   ビューアー引数:               "%file"
    ビューで送信する DDE メッセージ
    コマンド:
    サーバー:                            トピック:

    再ビルド前に送信する DDE メッセージ
    コマンド:
    サーバー:                            トピック:
   ビューアー入力ファイル・フォーマット:  [pdf ]
   逆検索サポート:              [使用不可                      ]
   ☐ ビューアーでフォーマット済み検索をサポート

   File ok.


TeXworks を使用する場合は,

 TeXworks (C:\texlive\2018\tlpkg\texworks\texworks.exe) 

の優先度を一番上にします.

TeXstudio


  [     新規(W)...     ]  


                             新規ビューアー構成の追加                           [ 🗙 ]
   ビューアーを構成します。
   ビューアー名:                TeXstudio
   ビューアー・コマンド:             C:\Program Files (x86)\TeXstudio\texstudio.exe (64-bit Windows の場合) C:\Program Files\TeXstudio\texstudio.exe (32-bit Windows の場合)
   ビューアー引数:               --pdf-viewer-only "%file"
    ビューで送信する DDE メッセージ
    コマンド:
    サーバー:                            トピック:

    再ビルド前に送信する DDE メッセージ
    コマンド:
    サーバー:                            トピック:
   ビューアー入力ファイル・フォーマット:  [pdf ]
   逆検索サポート:              [使用不可                      ]
   ☐ ビューアーでフォーマット済み検索をサポート

   File ok.


TeXstudio を使用する場合は,

 TeXstudio (C:\Program Files (x86)\TeXstudio\texstudio.exe (64-bit Windows の場合) C:\Program Files\TeXstudio\texstudio.exe (32-bit Windows の場合)) 

の優先度を一番上にします.

Mozilla Firefox (PDF.js)


  [     新規(W)...     ]  


                             新規ビューアー構成の追加                           [ 🗙 ]
   ビューアーを構成します。
   ビューアー名:                Mozilla Firefox
   ビューアー・コマンド:             C:\Windows\System32\cmd.exe
   ビューアー引数:               /c start firefox -new-window "%fullfile"
    ビューで送信する DDE メッセージ
    コマンド:
    サーバー:                            トピック:

    再ビルド前に送信する DDE メッセージ
    コマンド:
    サーバー:                            トピック:
   ビューアー入力ファイル・フォーマット:  [pdf ]
   逆検索サポート:              [使用不可                      ]
   ☐ ビューアーでフォーマット済み検索をサポート

   File ok.


Mozilla Firefox (PDF.js) を使用する場合は,

 Mozilla Firefox (C:\Windows\System32\cmd.exe) 

の優先度を一番上にします.

Chrome PDF Viewer


  [     新規(W)...     ]  


                             新規ビューアー構成の追加                           [ 🗙 ]
   ビューアーを構成します。
   ビューアー名:                Chrome PDF Viewer
   ビューアー・コマンド:             C:\Windows\System32\cmd.exe
   ビューアー引数:               /c start chrome --new-window "%fullfile"
    ビューで送信する DDE メッセージ
    コマンド:
    サーバー:                            トピック:

    再ビルド前に送信する DDE メッセージ
    コマンド:
    サーバー:                            トピック:
   ビューアー入力ファイル・フォーマット:  [pdf ]
   逆検索サポート:              [使用不可                      ]
   ☐ ビューアーでフォーマット済み検索をサポート

   File ok.


Chrome PDF Viewer を使用する場合は,

 Chrome PDF Viewer (C:\Windows\System32\cmd.exe) 

の優先度を一番上にします.

Adobe Acrobat Reader DC


  acroread ()  >  [     編集(E)...     ]  


                          Modify existing viewer configuration                        [ 🗙 ]
   ビューアーを構成します。
   ビューアー名:                acroread
   ビューアー・コマンド:             C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat Reader DC\Reader\AcroRd32.exe (64-bit Windows の場合) C:\Program Files\Adobe\Acrobat Reader DC\Reader\AcroRd32.exe (32-bit Windows の場合)
   ビューアー引数:               "%fullfile"
    ビューで送信する DDE メッセージ
    コマンド: [DocOpen("%fullfile")][FileOpen("%fullfile")]
    サーバー: acroviewR18                    トピック: control

    再ビルド前に送信する DDE メッセージ
    コマンド: [DocClose("%fullfile")]
    サーバー: acroviewR18                    トピック: control
   ビューアー入力ファイル・フォーマット:  [pdf ]
   逆検索サポート:              [使用不可                      ]
   ☐ ビューアーでフォーマット済み検索をサポート

   File ok.


Adobe Acrobat Reader DC を使用する場合は,

 acroread (C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat Reader DC\Reader\AcroRd32.exe (64-bit Windows の場合) C:\Program Files\Adobe\Acrobat Reader DC\Reader\AcroRd32.exe (32-bit Windows の場合)) 

の優先度を一番上にします.


設定を反映させるため [適用(A)] > [OK] をクリックします.

SumatraPDF との連携

引数に -synctex=1 を追加します.

forward search

forward search は PDF ファイル ビューアーの TeXlipse/設定/Windows#SumatraPDF の項を参考に設定してください.

inverse search

inverse search は C:\eclipse\invtexlipse.bat を作成します.

texlipse.jar の PATH は自分の環境に合わせて修正してください.



@echo off
java -classpath "C:\eclipse\plugins\net.sourceforge.texlipse_1.5.0\texlipse.jar" net.sourceforge.texlipse.viewer.util.FileLocationClient -p 55000 -f %1 -l %2

SumatraPDF の [☰]-[設定(S)]-[オプション(O)...] の逆順検索コマンドラインの設定で C:\eclipse\invtexlipse.bat を指定し,

C:\eclipse\invtexlipse.bat "%f" %l

とします.


Last-modified: 2018-04-01 (日) 05:13:52 (21d)