TeXworks > 設定 > Linux



タイプセットの設定

TeX Live

upLaTeX (ptex2pdf)

ptex2pdf を使って設定します.



  名前:    upLaTeX (ptex2pdf)
  プログラム:  ptex2pdf
  引数:    -u
         -l
         -ot
         $synctexoption
         $fullname


                                         [list add] [list remove]
  ☑ 実行後、PDFを表示する


Latexmk

タイプセットの方法を設定します.



  名前:    Latexmk
  プログラム:  latexmk
  引数:    $fullname






                                         [list add] [list remove]
  ☑ 実行後、PDFを表示する


Latexmk-upLaTeX

タイプセットの方法を設定します.



  名前:    Latexmk-upLaTeX
  プログラム:  latexmk
  引数:    -e
         $latex=q/uplatex %O -synctex=1 %S/
         -e
         $bibtex=q/upbibtex %O %B/
         -e
         $biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/
         -e
         $makeindex=q/upmendex %O -o %D %S/
         -e
         $dvipdf=q/dvipdfmx %O -o %D %S/
         -norc
         -gg
         -pdfdvi
         $fullname
                                         [list add] [list remove]
  ☑ 実行後、PDFを表示する


Latexmk-LuaLaTeX

タイプセットの方法を設定します.



  名前:    Latexmk-LuaLaTeX
  プログラム:  latexmk
  引数:    -e
         $lualatex=q/lualatex %O -synctex=1 %S/
         -e
         $bibtex=q/upbibtex %O %B/
         -e
         $biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/
         -e
         $makeindex=q/upmendex %O -o %D %S/
         -norc
         -gg
         -pdflua
         $fullname
                                         [list add] [list remove]
  ☑ 実行後、PDFを表示する


Okular との連携

inverse search

[Settings]-[Configure Okular...]-[Editor] の項目から Custom Text Editor を選択します.

Editor:
Custom Text Editor
Command:
texworks --position=%l

Shift + 左クリックで対応する TeX 文書の該当箇所にジャンプします.

qpdfview との連携

inverse search

[Edit]-[Settings...]-[Behaviour]

Source editor:
texworks --position=%2 "%1"

ダブルクリックで対応する TeX 文書の該当箇所にジャンプします.


Last-modified: 2017-08-24 (木) 21:11:13 (759d)