gedit



gedit とは

gedit は GNOME 公式のテキストエディタです.


  ファイル(F)  編集(E)  表示(V)  検索(S)  ツール(T)  ドキュメント(D)  ヘルプ(H)             

\documentclass[12pt]{scrartcl}
\usepackage{indentfirst}
\begin{document}
\section{What is gedit?}
gedit is the official text editor of the GNOME desktop environment.

While aiming at simplicity and ease of use, gedit is a powerful general purpose text editor.\par
Currently it features:

\begin{itemize}
  \item Full support for internationalized text (UTF-8)
  \item Configurable syntax highlighting for various languages (C, C++, Java, HTML, XML, Python, Perl and many others)
  \item Undo/Redo
  \item Editing files from remote locations
  \item File reverting
  \item Print and print preview support
  \item Clipboard support (cut/copy/paste)
  \item Search and replace
  \item Go to specific line
  \item Auto indentation
  \item Text wrapping
  \item Line numbers
  \item Right margin
  \item Current line highlighting
  \item Bracket matching
  \item Backup files
  \item Configurable fonts and colors
  \item A complete online user manual
\end{itemize}

gedit features also a flexible plugin system which can be used to dynamically add new advanced features to gedit itself. See the plugins page for more info on the existing plugins.

Go to the screenshots page to see gedit in action!

gedit is released under the GNU General Public License (GPL).
\end{document}

動作環境

Windows, macOS, Linux

License

GPLv2

リリース情報/ChangeLog

派生版

プラグイン

を参照.

gedit-latex

gedit-latex は gedit で LaTeX の文書作成を簡単にできるようにするためのプラグインです.

[テキストエディター] > [設定] > [プラグイン] の LaTeX Plugin にチェックをいれます.

LaTeX Plugin の [設定] で LaTeX Plugin で使用する Tools の設定ができます.

Tools の項目の LaTeX → PDF を選択して [プロパティ] をクリックします.

LaTeX → PDF はデフォルトでは

rubber --inplace --maxerr -1 --short --force --warn all --pdf "$filename"
gvfs-open "$shortname.pdf"

に設定されています.

これらを [削除] して

ptex2pdf を使用する場合は

ptex2pdf -u -l -ot '-synctex=1' "$filename"

Latexmk を使用する場合は

latexmk -e '$latex=q/uplatex %O -synctex=1 %S/' -e '$bibtex=q/upbibtex %O %B/' -e '$biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/' -e '$makeindex=q/upmendex %O -o %D %S/' -e '$dvipdf=q/dvipdfmx %O -o %D %S/' -norc -gg -pdfdvi "$filename"

を [追加] して設定します.

出力した PDF ファイルを表示するようにしたい場合は

 evince "$shortname.pdf"

も [追加] してください.

LaTeX → PDF は [☰] > [ツール] > [LaTeX Tools] > [LaTeX → PDF] で実行できます.

[☰] > [表示] > [ボトムパネル] を ON にして [Tools] タブをクリックすると Job (処理状況) が表示されます.

forward and inverse search が必要な場合は SyncTeX プラグインを使用してください.

gedit-plugins (SyncTeX)

SyncTeX プラグインは gedit-plugins に収録されています.

SyncTeX プラグインを使用すると gedit と Evince の間で forward and inverse search ができます.

[テキストエディター] > [設定] > [プラグイン] の SyncTeX にチェックをいれます.

forward search は gedit で [☰] > [ツール] > [Forward Search] または Ctrl+Alt+F または Ctrl + 左クリックを使用すると Evince の該当行にジャンプします.

inverse search は Evince で Ctrl + 左クリックを使用すると gedit の該当行にジャンプします.

エラーメッセージが表示される場合は /usr/lib/gedit/plugins/synctex/synctex.py または /usr/lib64/gedit/plugins/synctex/synctex.py を 最新版の synctex.py で上書きすれば forward and inverse search が動作するかもしれません.

gedit-plugins (Code Comment)

Code Comment プラグインは gedit-plugins に収録されています.

Code Comment プラグインを使用するとコメントアウト,コメントアウトの解除ができます.

[テキストエディター] > [設定] > [プラグイン] の Code Comment にチェックをいれます.

gedit-plugins (Bracket Completion)

Bracket Completion プラグインは gedit-plugins に収録されています.

Bracket Completion プラグインを使用すると閉じかっこを自動的に追加してくれます.

[テキストエディター] > [設定] > [プラグイン] の Bracket Completion にチェックをいれます.

コードスニペット

コードスニペットは,よく使用する文字列をすばやく挿入するためのプラグインです.

[テキストエディター] > [設定] > [プラグイン] の コードスニペットにチェックをいれます.

[テキストエディター] > [スニペットの管理...] からコードスニペットの設定ができます.

外部ツール

外部ツールは,外部コマンドと Shell スクリプトを実行するためのプラグインです.

[テキストエディター] > [設定] > [プラグイン] の 外部ツールにチェックをいれます.

[テキストエディター] > [外部ツールの管理...] から外部ツールの設定ができます.

[+] をクリックするとツールが追加できます.

#!/bin/sh が記述されている編集画面にシェルスクリプトを追加します.

適用範囲はデフォルトでは All Languages に指定されているので LaTeX に変更します.

[☰] > [ツール] > [外部ツール] から設定した外部ツールを実行できます.

[☰] > [表示] > [ボトムパネル] を ON にして [Tool Output] タブをクリックすると処理状況が表示されます.

pdfupLaTeX


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
ptex2pdf -u -l -ot '-synctex=1' "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME"

保存(S):
編集中のドキュメント

LuaLaTeX


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
lualatex -synctex=1 "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME"

保存(S):
編集中のドキュメント

Latexmk


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
latexmk "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME"

保存(S):
編集中のドキュメント

Latexmk-upLaTeX


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
latexmk -e '$latex=q/uplatex %O -synctex=1 %S/' -e '$bibtex=q/upbibtex %O %B/' -e '$biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/' -e '$makeindex=q/upmendex %O -o %D %S/' -e '$dvipdf=q/dvipdfmx %O -o %D %S/' -norc -gg -pdfdvi "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME"

保存(S):
編集中のドキュメント

Latexmk-LuaLaTeX


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
latexmk -e '$lualatex=q/lualatex %O -synctex=1 %S/' -e '$bibtex=q/upbibtex %O %B/' -e '$biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/' -e '$makeindex=q/upmendex %O -o %D %S/' -norc -gg -pdflua "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME"

保存(S):
編集中のドキュメント

Evince


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
synctex view -i $GEDIT_CURRENT_LINE_NUMBER:0:"$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" -o "`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`.pdf" -x "evince -i %{page+1} %{output}"

fwdevince

fwdevince は Evince/fwdevince の fwdevince を使用します.


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
fwdevince "`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`.pdf" $GEDIT_CURRENT_LINE_NUMBER "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME"

Okular


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
okular --unique "file:"`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`.pdf"#src:$GEDIT_CURRENT_LINE_NUMBER "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH""

zathura


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
zathura -x "gedit "%{input}" +%{line}" --synctex-forward $GEDIT_CURRENT_LINE_NUMBER:0:"$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" "`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`.pdf"

qpdfview


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
qpdfview --unique ""`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`.pdf"#src:"$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME":$GEDIT_CURRENT_LINE_NUMBER:0"

TeXworks


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
texworks "`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`.pdf"

TeXstudio


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
texstudio --pdf-viewer-only "`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`.pdf"

MuPDF


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
mupdf "`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`.pdf"

Mozilla Firefox (PDF.js)


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
firefox -new-window "`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`.pdf"

Chrome PDF Viewer


#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
chromium --new-window "`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`.pdf"


Last-modified: 2018-05-26 (土) 10:39:52 (25d)