jsclasses(pLaTeX2e 新ドキュメントクラス)

jsclasses は奥村晴彦先生による upLaTeX, pLaTeX 用新ドキュメントクラスです. 従来の jarticle や jbook といったドキュメントクラスは JIS フォントメトリックに従っていませんでしたが,今では日本語文書の行組版方法に即した jsclasses が標準になっています.

派生版として,pLaTeX2e 依存部分を取り除いて uplatex, platex 以外のエンジンでも利用可能にした BXjscls があります.



インストール

TeX Live には jsclasses パッケージが最初からインストールされています.

W32TeX の場合は (fileuptex-w32.tar.xz) をインストールすれば新ドキュメントクラスがインストールされます. 手動でインストールする場合は jsclasses パッケージを $TEXMFLOCAL/tex/platex/jsclasses/ (例えば C:\w32tex\share\texmf-local\tex\platex\jsclasses\) に展開すれば OK です。

もしファイル名のデータベース $TEXMF/ls-R(例えば C:\w32tex\share\texmf\ls-R)が存在するのなら,mktexlsr コマンド*1でデータベースを更新しないと,新しくインストールしたファイルが認識されません. しかしこれは忘れやすいので,初心者のかたは mktexlsr コマンドを打ち込まないほうがいいでしょう. W32TeX を使用していて間違って mktexlsr コマンドを打ち込んでしまった場合は deltexlsr コマンドを打ち込めば,$TEXMF/ls-R ファイルが削除されます。

使い方

LaTeX入門 を参照.

jsclasses による縦組み

古い jclasses には tarticle, tbook などといった縦組み用文書クラスがありますが,これらには問題点があります。 jsclasses には標準で縦組み対応のクラスファイルがありませんが,工夫次第で縦組みも可能なようです。

% [TODO] ほかの例も集めましょう。

関連リンク

開発版リポジトリ

ChangeLog

CTAN 配布サイト


*1 環境によっては texhash コマンドかもしれません.

Last-modified: 2017-08-17 (木) 14:03:59 (461d)