ptexenc

アスキー株式会社による pTeX の文字コードを扱う関数群を,ライブラリとして切り出したものです。 ライブラリとしての ptexenc は,アスキーの著作物ではありません。 現在(2010 年以降)の TeX LiveW32TeX の pTeX 系列のプログラム*1は ptexenc を使ってコンパイルされています。

従来の pTeX では文字コードが Shift_JIS, ISO-2022-JP, EUC-JP のどれか一つのファイルしか処理できませんでしたが,現在では ptexenc というライブラリによって UTF-8 を含む文字コードを自動的に判別して変換し,処理することができます. これはあくまでも入力をそのエンジンが受け付ける文字コードに変換しているだけであり,内部処理が Unicode 化されているわけではないことに注意が必要です. 以下に見るように,Unicode にある文字でも JIS X 0208 や JIX X 0213 などにない文字や機種依存文字は使用することができません.

丸附き数字の使用について

丸附き数字(e.g. ① [U+2460], ② [U+2461], ③ [U+2462])の類は Unicode を使用せずに従来の Shift_JIS, ISO-2022-JP, EUC-JP などの文字符号化方式を用いて記述する限り機種依存文字であることに注意してください (See qa:45781).

対処法は,大別すると次の3通りになります.

  1. LuaTeX, LuajitTeX, XeTeX, upTeX など,Unicode 化された TeX を利用する.
  2. 丸附き数字などの字形をもったフォントを利用:
  3. 丸の中身と丸を合成:

環境依存文字(いわゆる機種依存文字)

これらについても,Unicode 化された TeX を利用することで解決できます.

どの環境でも気を付けるべき環境依存文字

Shift_JIS, ISO-2022-JP, EUC-JP に
おける環境依存文字
代替処置の例
テキストLaTeX や OTF/ums package の命令
(1)(10)\ding{"AC}, \ding{"C0}, \ajMaru{1}\UTF{}

\CID{}

\UMS{}
(11)(20)\ajMaru{11}
VIIIX\ajRoman{7}
ミリキロ\ajLig{ミリ}
ドルページ\ajLig{ドル}
mmkg\ajLig{mm}
m^2m$^2$, m\texttwosuperior, \ajLig{m2}
\UTF{301D}, \UTF{301F}
No.No\textnumero, \ajLig{No.}, \ajLig{No}
K.K.KK\ajLig{K.K.}, \ajLig{KK}, \ajLig{KK.}
TELTel\textsc{Tel}, \ajLig{TEL}, \ajLig{Tel}, \ajLig{tel}
(上)(中)\○上, \ajLig{○上}
(株)(代)\(株), \ajLig{(株)}
昭和平成\ajLig{平成}
$\oint$
\UTF{221F}
Δ$\mathnormal{\Delta}$, $\varDelta$
viiix\ajroman{7}

Microsoft Windows 環境で特に気を付けるべき環境依存文字

Shift_JIS,
ISO-2022-JP,
EUC-JP
における
環境依存文字
代替処置の例
テキストLaTeX や OTF/ums package の命令
Σ$\sum$, \Pisymbol{psy}{"E5}\UTF{}

\CID{}

\UMS{}
|\textbrokenbar
'\UTF{FF07}
"\UTF{FF02}
\ajHashigoTaka
\ajTatsuSaki
\ajMayuHama
 
Shift_JIS,
ISO-2022-JP,
EUC-JP
における
環境依存文字
代替処置の例
テキストOTF
ums






\UTF{}

\CID{}

\UMS{}
旧字体


本字
古字
同字
俗字
異体字
表外漢字
他,多数

Mac OS 環境で特に気を付けるべき環境依存文字

Shift_JIS, ISO-2022-JP, EUC-JP に
おける環境依存文字
代替処置の例
テキストLaTeX や OTF package の命令
©(c)\copyright, \Pisymbol{psy}{"D3}, \Pisymbol{psy}{"E3}\UTF{}\CID{}
TM\texttrademark, \Pisymbol{psy}{"D4}, \Pisymbol{psy}{"E4}, \ajLig{tm}
…...
(1)(10)\ajKakko{1}\UTF{}\CID{}
(11)(20)\ajKakko{11}
(1)(9)\ding{"B6}, \ding{"CA}, \ajKuroMaru{1}
0.0.\ajPeriod{0}
1.9.\ajPeriod{1}\UTF{}
XIXII\ajRoman{11}
XIIIXIII\ajRoman{13}
XIVXIV\ajRoman{14}
XVXV\ajRoman{15}
xixii\ajroman{11}\UTF{}
xiiixiii\ajroman{13}
xivxiv\ajroman{14}
xvxv\ajroman{15}
(a)(j)\ajKakkoalph{10}, \(j)\UTF{}
(k)(t)\ajKakkoalph{20}, \(t)
(u)(z)\ajKakkoalph{26}, \(z)
mm^2cm^2mm$^2$, mm\texttwosuperior, \ajLig{mm2}
cm^3m^3m$^3$, m\textthreesuperior, \ajLig{m3}
m\ajLig{m}
g\ajLig{g}
mldlm$\ell$, \ajLig{ml}
l$\ell$, \ajLig{l}
msns\ajLig{ms}
μs\textmu s, \Pisymbol{psy}{"6D}s, $\mu$s, \ajLig{micros}
°F\textdegree F, {}$^\circ$F
mbHP\ajLig{HP}
TBTB\ajLig{TB}
FAX\ajLig{FAX}\UTF{}
\ajvarSpade
\ajvarClub
$\heartsuit$, \ajHeart
$\diamondsuit$, \ajDiamond
\ding{"AB}, \Pisymbol{psy}{"AA}, $\spadesuit$, \ajSpade
\ding{"A8}, \Pisymbol{psy}{"A7}, $\clubsuit$, \ajClub
\ding{"AA}, \Pisymbol{psy}{"A9}, \ajvarHeart
\ding{"A9}, \Pisymbol{psy}{"A8}, \ajvarDiamond
\ajPostal
\ajPhone
(JIS)\ajJIS
\ding{"2B}, \ajRightHand
\ajLeftHand
\ajUpHand
\ajDownHand
$\leftrightarrows$
$\rightleftarrows$
↑↓$\mathord{\uparrow\downarrow}$, \Pisymbol{psy}{"AD}\Pisymbol{psy}{"AF}
↓↑↓↑$\mathord{\downarrow\uparrow}$, \Pisymbol{psy}{"AF}\Pisymbol{psy}{"AD}, \CID{8312}
\ajRightWArrow\UTF{}
\ajLeftWArrow
\ajUpWArrow
\ajDownWArrow
\ding{"E1}, \ajRightBArrow
\ajLeftBArrow
\ajUpBArrow
\ajDownBArrow
(日)(土)\(土), \ajKakkoYobi{7}
(祝)(呼)\(祝), \ajLig{(祝)}
(資)(財)\(財), \ajLig{(財)}
大⃝(大)\○大, \ajLig{○大}
小⃝(小)\○小, \ajLig{○小}
控⃝(控)\○控, \ajLig{○控}
(印)(秘)\○印, \ajLig{○印}\UTF{}
インチヘルツ\ajLig{インチ}
コーポビル\ajLig{コーポ}
有限会社有限会社\ajLig{有限会社}
財団法人財団法人\ajLig{財団法人}
う゛ワ゛\゛う, \ajLig{う゛}\UTF{}
\CID{7887}, \CID{7888}, \CID{7897}
\UTF{FE33}\UTF{}
︿\UTF{FE35}
\UTF{FE3D}

*1 pTeX, upTeX, e-pTeX, e-upTeX, pPLtoTF, upPLtoTF, pBibTeX, upBibTeX, mendex などがあります。

Last-modified: 2018-07-11 (水) 13:07:08 (9d)