* 各種パッケージ [#k7v7cr3e]

最近では,さまざまな目的に応じた便利な[[パッケージ]]が次々と公開されるようになりました.
その一方,Web 上にあふれている情報のなかには,すでに obsolete なパッケージを未だに推奨しているものが少なくありません.
そこで,ここでは各種パッケージを目的別に整理しておきます.
// TeX Wiki のパッケージ紹介は従来 FrontPage からのリンクしかなく,しかもパッケージ名のみを
// 表示しているため,目的に応じた使い方が分かりづらいと感じていました.
// そこで,texconf14 無事成功を機に,有用な情報を再度まとめなおそうという試みです.
// (賛同いただける方は,ぜひ情報をお寄せください)
// まだまだ未分類が多いので,これから作業しましょう.
// とりあえず FrontPage のものはすべて持ってきました.
// もし邪魔であれば削除していただいてかまいません.-- アセトアミノフェン (2014-11-10)

パッケージの使い方は [[LaTeX入門/各種パッケージの利用]] を参照してください.
パッケージを利用するうえで,以下のことは心得ておきましょう.

-[[TeX と「TeX 以外」]] :「各種のパッケージのすべてが TeX の機能だけで済ませているとは限らない」
-[[TeXが苦手とする処理]] :「TeX 本体では提供されず,ときとして TeX 自身は不得手とする処理」

----
#contents
----


** 和文クラスファイルとパッケージ [#r7c91f13]

-[[jsclasses]] :奥村晴彦先生による upLaTeX, pLaTeX 用新ドキュメントクラス.
-[[OTF]] :Adobe-Japan1-6 相当の和文 OpenType フォントを upLaTeX, pLaTeX で使うためのパッケージ.齋藤修三郎氏作.
-[[CJK-LaTeX/BXcjkjatype>LaTeX-CJK]] :pdfLaTeX で CJK 文書を作成できる.
-[[xeCJK/ZXjatype>xeCJK]] :[[XeLaTeX>XeTeX]] で CJK 文書 (xeCJK) または日本語文書 (ZXjatype) を作成するためのパッケージ.
-[[BXbase/PXbase>BXbase]], [[BXjscls]] :pdflatex, lualatex, xelatex, uplatex, platex で使用可能な日本語組版のための LaTeX 文書クラス.ZR 氏作.
-[[LuaTeX-ja]] :[[LuaTeX, LuaLaTeX>LuaTeX]], [[LuaJITTeX, LuaJITLaTeX>LuaJITTeX]] で日本語文書の組版を行うためのパッケージ.
-[[LuaTeX-ja]] :[[LuaTeX, LuaLaTeX>LuaTeX]], [[LuajitTeX, LuajitLaTeX>LuajitTeX]] で日本語文書の組版を行うためのパッケージ.
-[[jlreq]]:Lua(jit)LaTeX + LuaTeX-ja, upLaTeX, pLaTeX で日本語組版処理の要件を満たす日本語ドキュメントクラス.


** ページレイアウトの変更,ページ割り付け [#gec59b43]

-[[geometry]] :梅木さんによる,ページのレイアウトを柔軟に変更することができるパッケージ.
-[[pdfpages]] :小冊子用に PDF ファイルを割り付けしたり,PDF ファイルを結合・分割したりするのに便利なパッケージ.


** 数式,単位記号 [#y4832709]

-[[AMS-LaTeX]] :アメリカ数学会による開発されたパッケージおよびクラスファイル.
-[[siunitx]] :SI 単位の規則にのっとった記法をサポート.


** 箇条書き [#nd7468ac]

-[[easylist>https://ctan.org/pkg/easylist]] :LaTeX 標準の itemize や enumerate 環境の複雑な階層構造も,単純化して記述できる.
--[[LaTeXでの箇条書き作成は easylist パッケージが便利 - Colorless Green Ideas:http://id.fnshr.info/2014/01/04/easylist/]]
--[[easylist を雪だるまに対応させてみた - マクロツイーター:http://d.hatena.ne.jp/zrbabbler/20140915/1410773467]]
--[[easylist --- もう一つの『箇条書き』パッケージ:http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-98.html]]
-[[enumitem>https://ctan.org/pkg/enumitem]]:書式設定や位置の調整を施したラベル,enumerate 環境のカウンタの中断・継続,行内リストなどを設定できる.
--[[enumitem.sty の使い方 備忘録>http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-58.html]]
-[[emath>http://emath.s40.xrea.com/]] に含まれる [[emathEy.sty>http://emath.s40.xrea.com/ydir/Wiki/index.php?enumerate%B4%C4%B6%AD%A4%CE%B3%C8%C4%A5]]:箇条書き環境の拡張に加え,横に並べられる箇条書き環境を4種類用意.大熊一弘氏作,非 CTAN


** 脚注 [#c01lb75n]

-[[footnotebackref:https://ctan.org/pkg/footnotebackref]] :[[hyperref]] 依存で脚注から本文の対応箇所に戻る.


** 参考文献の管理 [#qe9c0015]

-[[BibLaTeX>Biblatex]] :参考文献管理の強化.


** 表 [#v78r6f2c]

[[変換ツール>変換ツール#wf7315cb]] も参照.
-[[csvsimple:https://ctan.org/pkg/csvsimple]] :表計算ソフトで入出力可能なカンマ区切りの CSV 形式ファイルを直接読み込んで整形.tabular 環境と融合可能.
--[[csvsimple.sty: LaTeX パッケージ:http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/csvsimple.html]]
--[[csvsimple -- CSVで表作成 ~初歩の初歩~:http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-79.html]]
-[[tabularx:https://www.ctan.org/pkg/tabularx]] :表組みの横幅指定(\linewidth とすれば文書幅)や、セル内の書式指定など.
--[[tabularx.sty: LaTeX パッケージ:http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/tabularx.html]]
-[[colortbl:https://www.ctan.org/pkg/colortbl]] :表組み内の色指定.列ごと、行ごと、セルごとの指定が可能.罫線の色指定もできる(その場合はhhlineパッケージとの併用が望ましい).
--[[colortbl.sty: LaTeX バッケージ:http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/colortbl.html]]
-[[multirow:https://www.ctan.org/pkg/multirow]] :セルを縦に結合.(横結合は標準の \multicolumn{列数}{列指定}{列の内容} で可能.)
--[[multirow.sty: LaTeX パッケージ:http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/multirow.html]]
--横罫線を引く場合は \hline ではなく \cline{開始列-終了列] を用いる.
-[[hhline:https://www.ctan.org/pkg/hhline]] :罫線機能の拡張.\cline 同様の使い方をしたり二重線を引けるほか,colortbl パッケージと併用すれば罫線の色指定も自在.
--[[hhline.sty: LaTeX パッケージ:http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/hhline.html]]


** 図と描画 [#m45df762]

[[描画・グラフツール]] も参照.
-[[graphicx]] :画像を挿入したり,テキストや図の拡大縮小・回転を行うためのパッケージ.
-[[TikZ/PGF>TikZ]] :描画エンジン PGF のフロントエンドとして利用される強力な描画コマンド群.作者は [[Beamer]] と同じ Till Tantau 氏.
-[[PSTricks]] :PostScript の機能をの命令を直接利用する強力な描画パッケージ.
-[[Xy-pic]] :可換図式,フローチャート,グラフなどを描画するパッケージ.
-[[emath>http://emath.s40.xrea.com/]] :大熊一弘氏による初等数学プリント作成マクロ集.非 CTAN


** 枠で囲む [#w5826b14]

[[TeXが苦手とする処理>TeXが苦手とする処理#t43fb31c]] も参照.よく知られている ascmac パッケージは線が細い,ずれるなどの不具合が生じるので,代わりに以下のようなパッケージがあります.
-[[tcolorbox:https://ctan.org/pkg/tcolorbox]] :[[TikZ]] を内部で読み込み,綺麗な枠を作る.ページ分割可.
--[[tcolorbox.sty を使ってみた. - 天地有情:http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-61.html]]
--[[LaTeX におけるページをまたいだ囲み記事スタイルのまとめ:http://note.golden-lucky.net/2009/07/latex.html]]
--[[TeXユーザの集い2015 発表スライド:tcolorbox による装飾表現:http://texmedicine.hatenadiary.jp/entry/2015/11/08/122447]],[[TeXユーザの集い2015:http://texmedicine.hatenadiary.jp/entry/2015/11/08/113310]]
--[[tcolorbox の基本:http://texmedicine.hatenadiary.jp/entry/2015/12/17/000339]]
--[[tcolorbox で遊んでみた:http://hikaru515.hatenablog.com/entry/2015/11/08/175348]]

-[[mdframed:https://ctan.org/pkg/mdframed]] :[[TikZ]] や [[PSTricks]] に対応.ページ分割可.
--[[mdframed 入門 ~初歩の初歩~:http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-73.html]]
--[[mdframedを用いた定理環境の修飾(platex+dvipdfmx, tikz):http://ubutun.blogspot.jp/2014/05/mdframedplatexdvipdfmx-tikz.html]]
-[[niceframe:https://ctan.org/pkg/niceframe]] :飾り文字を並べて作成した枠.ページ分割は不可.
--[[niceframe.sty: LaTeX パッケージ:http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/niceframe.html]]


** ソースコード表示 [#u7m90b2f]

-[[alltt>https://ctan.org/pkg/alltt]] :verbatim 環境に似ているが,¥ と { } が通常通り働く.脚注内でも利用可能.color による着色も可.
--[[alltt.sty: LaTeX パッケージ:http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/alltt.html]]
--[[allttパッケージ:http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/3992/latex/package/alltt.html]]
-[[listings>https://ctan.org/pkg/listings]] :ソースコードをハイライトする.主要なプログラミング言語に全対応,行番号表示可.日本語を含む場合は [[plistings:https://github.com/h-kitagawa/plistings]] を併用.
--[[listings.sty: LaTeX パッケージ:http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/listings.html]]
-[[minted]]:ソースコードをハイライトする.


** ハイパーリンク [#h0f523d1]

-[[hyperref]] :HTML と同様のハイパーリンク機能を加えるためのマクロ.


** マルチメディア [#i9gx16m5]

-[[media9]] :動画や 3D モデルを挿入.movie15 の上位版.
-[[animate]] :画像の連続表示によるアニメーション.


** プレゼンテーション・スライド作成 [#t9j23umx]

[[プレゼンツール>プレゼンツール#y4db0d85]] も参照.
-[[Beamer]] :プレゼンテーション用の LaTeX クラス.
-[[powerdot]] :プレゼンテーション用の LaTeX クラス.Prosper の後継.dvipdfmx に非対応.


** 多言語処理 [#n40415a4]

-[[Babel]] :LaTeX で多言語文書を作成するためのパッケージ.
-[[bidi]] :左から右または右から左へ双方向 (Bi-Directional) な文書を作成するためのパッケージ.


** フォント [#j923n8m6]

[[TeX とフォント>TeXとフォント]],[[フォント]],[[各種記号やフォント]] を参照.
-[[fonttable:https://ctan.org/pkg/fonttable]] :あるフォントに含まれる文字の一覧を出力する [[testfont]] の手続きを簡単にする.


** クラスファイル [#i83t57h2]

[[学会スタイル等]],[[クラスファイル一覧]] を参照.
-[[KOMA-Script]] :LaTeX 標準のクラス (article, report, book etc.) を置き換えるクラスファイルとパッケージの集まり.


** プログラミング [#z0492a7c]

-[[PythonTeX]] :[[Python]], [[Ruby]], Julia, Octave, Sage, Bash, Rust で記述されたプログラムを実行して実行結果を LaTeX 文書に埋め込むためのパッケージ.
-[[The AcroTeX eDucation Bundle>AeB]] :JavaScript を埋め込んだ PDF ファイルを作成.


** その他 [#p1hs962j]

*** TeX ソースの差分マーキング [#q5920593]
[[TeX 原稿校正>英文校正#f7b8becf]]も参照.
-[[proofread:http://www.kagami.org/diary/2005-01-30-1.html]] :LaTeX 原稿 赤入れスタイル.非 CTAN

*** 化学の構造式や反応式 [#t40a1685]
[[TeX と化学]] も参照.
-[[XyMTeX]] :藤田眞作先生による化学構造描画パッケージ.
-[[ChemFig]] :[[TikZ]] ベースの化学構造描画パッケージ.
-[[mhchem]] :化学式や反応式をかくためのパッケージ.

*** 楽譜 [#p1732970]
[[楽譜]]を参照.


* 関連リンク [#o95d86b4]
-[[TeX & LaTeX Advent Calendar 2014:http://www.adventar.org/calendars/553]] :重点テーマは「このパッケージがスゴイ!」
-[[熊澤吉起氏による各種パッケージ紹介:http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/texindex.html]]
-[[天地有情:http://konoyonohana.blog.fc2.com/]]