*[[Evince:https://wiki.gnome.org/Apps/Evince]] [#fec1fb99]

Evince は PDF, PS, EPS, DVI ファイルが表示可能なドキュメントビューアーです.
[[SyncTeX]] に対応しています.
ファイルの自動更新機能もあります.
PS, EPS ファイルの表示には [[Ghostscript]] が必要です.

-[[Evince:https://wiki.gnome.org/Apps/Evince]]
-[[Evince Document Viewer:https://help.gnome.org/users/evince/stable/index.html.en]]
-[[The evince-list Archives:https://mail.gnome.org/archives/evince-list/]]
-[[MyTeXpert:Evince]]

----
#contents
----

**お知らせ [#i6e6a97a]

Evince 3.30.0 で PostScript バックエンドがデフォルトで無効化されました。

Arch Linux/Manjaro Linux, Linux Mint/Debian/Ubuntu, Fedora, openSUSE
などで使われているパッケージ管理システムからインストールされる Linux 版 Evince は
PostScript バックエンドのサポートが有効化されているので PS, EPS ファイルを表示できます。

-[[[evince] evince 3.30.0 released:https://mail.gnome.org/archives/evince-list/2018-September/msg00000.html]] <-- Disable PostScript backend by default
-[[build: Disable PostScript backend by default (1621cacf) · Commits · GNOME / evince · GitLab:https://gitlab.gnome.org/GNOME/evince/commit/1621cacf75ebff4ab4ab0fa6855977a2d8da0ac6]] <-- evince 3.30.0 で enable_ps=no に変更
-https://git.archlinux.org/svntogit/packages.git/commit/trunk?h=packages/evince&id=e364baf233db2b2455d4c990c8000df62628bbf6 <-- Arch Linux の evince 3.30.0-1 で --enable-ps が追加
-[[releasing package evince version 3.30.0-2 (7b631abe) · Commits · GNOME / evince · GitLab:https://salsa.debian.org/gnome-team/evince/commit/7b631abe927e17919243a5407c1b79fb40ed1507]], [[Enable postscript (0029cfba) · Commits · GNOME / evince · GitLab:https://salsa.debian.org/gnome-team/evince/commit/0029cfba6afdf308023f387447779ffe21716ed7]] <-- Debian GNU/Linux の evince 3.30.0-2 で --enable-ps が追加
-[[Commit - rpms/evince - 382cdcb280f4114cecd34f0df02eda7727282b34 - Pagure:https://src.fedoraproject.org/rpms/evince/c/382cdcb280f4114cecd34f0df02eda7727282b34?branch=master]] <-- Fedora の evince 3.30.1-2 で --enable-ps=yes が追加
-[[File evince.changes of Package evince - openSUSE Build Service:https://build.opensuse.org/package/view_file/openSUSE:Factory/evince/evince.changes]], [[Request 639947 - openSUSE Build Service:https://build.opensuse.org/request/show/639947]] <-- openSUSE の evince 3.30.1 で --enable-ps が追加

**動作環境 [#q9c64542]

Windows, macOS, Linux

**ライセンス [#lf30b1e1]

[[GPLv2:https://gitlab.gnome.org/GNOME/evince/blob/master/COPYING]]

**リリース情報 [#m8e1200a]

https://gitlab.gnome.org/GNOME/evince/tags

**変更履歴 [#nb7ae766]

-https://gitlab.gnome.org/GNOME/evince
--[[コミットログ:https://gitlab.gnome.org/GNOME/evince/commits/master]]

**派生版 [#z48adc83]

-[[Atril:https://github.com/mate-desktop/atril]]
-[[Xreader:https://github.com/linuxmint/xreader]]

*ダウンロード/インストール [#j395f01d]

**Windows [#f2460848]

-https://github.com/Alexpux/MINGW-packages/tree/master/mingw-w64-evince
-http://repo.msys2.org/mingw/x86_64/
-http://repo.msys2.org/mingw/i686/
-[[Windows で evince:http://www.yamamo10.jp/yamamoto/wordpress/?p=842]]

Windows 版 Evince は MSYS2 の pacman でインストールできます.

64-bit Evince をインストールする場合は

 pacman -S mingw-w64-x86_64-evince

32-bit Evince をインストールする場合は

 pacman -S mingw-w64-i686-evince

を実行します.

Evince 3.32.0 で PDF ファイルが表示できない場合は古いバージョンになりますが https://www.dropbox.com/sh/9oaq3bdmjjroiso/AADl3RV_XaiJ1dotrhH2D-8Ca?lst= から Evince 3.26.0 の Windows 版インストーラ(64-bit 版と 32-bit 版)がダウンロードできます.
Evince 3.32.0 で PDF ファイルを開こうとすると
>
ドキュメント“file:///C:/path/to/foo.pdf”を開けません。&br;
ファイルタイプ (unknown) (application/octet-stream) はサポートしていません&br;
<
といったメッセージが表示されて PDF ファイルが表示できない場合は https://www.dropbox.com/sh/9oaq3bdmjjroiso/AADl3RV_XaiJ1dotrhH2D-8Ca?lst= から Evince 3.26.0 の Windows 版インストーラ(64-bit 版と 32-bit 版)がダウンロードできます.

**macOS [#y8d21820]

-https://formulae.brew.sh/formula/evince
--https://github.com/Homebrew/homebrew-core/blob/master/Formula/evince.rb
-https://www.macports.org/ports.php?by=name&substr=evince
--https://github.com/macports/macports-ports/blob/master/gnome/evince/Portfile

**Arch Linux/Manjaro Linux [#eb51c4f9]

-https://www.archlinux.org/packages/?name=evince
-[[Arch LinuxでTeXで出力された日本語pdfをevinceで表示する & fonts.conf公開:http://blog.yomak.info/2015/03/arch-linuxtexpdfevince-fontsconf.html]]

 sudo pacman -S evince poppler-data

**Linux Mint/Debian/Ubuntu [#lacd43b5]

-https://packages.ubuntu.com/ja/evince
-https://packages.debian.org/ja/evince

Evince は GNOME の標準ドキュメントビューアーなので、最初からインストールされているケースがほとんどでしょう。手動でインストールするには次のようにします。
 sudo apt install evince poppler-data
依存関係により evince-common パッケージもインストールされます。
GNOME keyring サポートを外した evince-gtk パッケージもあります。なお、Evince に依存したプログラムをコンパイルするには
libevince-dev パッケージが必要です。

**Fedora [#jbf882d0]

-https://apps.fedoraproject.org/packages/evince

 sudo dnf install evince poppler-data

**openSUSE [#rd040fd0]

-https://software.opensuse.org/package/evince

 sudo zypper install evince poppler-data

**Beyond Linux From Scratch [#i9f92bae]

-http://www.linuxfromscratch.org/blfs/view/svn/gnome/evince.html
-http://lfsbookja.osdn.jp/BLFS/svn-ja/gnome/evince.html

*代替フォントの設定 &aname(fallback); [#id0a7178]

フォントが埋め込まれていない場合に Ryumin-Light (明朝体) がゴシック体で表示されてしまう場合は &#x7e;/.config/fontconfig/fonts.conf を作成して代替フォントの設定をします.
以下の設定では TeX Live に含まれている IPAexMincho, IPAexGothic で表示するようにしています.

 $ mkdir -p ~/.config/fontconfig
 $ vi ~/.config/fontconfig/fonts.conf

----
-&#x7e;/.config/fontconfig/fonts.conf
----
 <?xml version="1.0"?>
 <!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
 <fontconfig>
 <dir>/usr/local/texlive/2019/texmf-dist/fonts/truetype/public/ipaex</dir>
 <dir>/usr/share/texlive/texmf-dist/fonts/truetype/public/ipaex</dir>
 <dir>/usr/share/texmf-dist/fonts/truetype/public/ipaex</dir>
 <dir>/usr/share/texmf/fonts/truetype/public/ipaex</dir>
 
 <match target="pattern">
   <test qual="any" name="family">
     <string>Ryumin</string>
   </test>
   <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
     <string>IPAexMincho</string>
   </edit>
 </match>
 <match target="pattern">
   <test qual="any" name="family">
     <string>GothicBBB</string>
   </test>
   <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
     <string>IPAexGothic</string>
   </edit>
 </match>
 
 </fontconfig>
----

 $ fc-match Ryumin
 ipaexm.ttf: "IPAex明朝" "Regular"
 $ fc-match GothicBBB
 ipaexg.ttf: "IPAexゴシック" "Regular"

*使い方 [#jfee0cca]

**コマンドラインオプション [#bc93383b]

-https://gitlab.gnome.org/GNOME/evince/blob/master/shell/main.c

 $ evince --help
 用法:
   evince [OPTION…] [ファイル…] GNOME ドキュメントビューアー
 
 ヘルプのオプション:
   -h, --help                  ヘルプのオプションを表示する
   --help-all                  ヘルプのオプションをすべて表示する
   --help-gtk                  GTK+ のオプションを表示する
 
 アプリケーションのオプション:
   -p, --page-label=PAGE       表示するドキュメントのページラベル
   -i, --page-index=NUMBER     表示するドキュメントのページ番号
   -n, --named-dest=DEST       表示する Named destination
   -f, --fullscreen            フルスクリーンモードで起動する
   -s, --presentation          プレゼンテーションモードで起動する
   -w, --preview               プレビューアーで起動する
   -l, --find=STRING           ドキュメントの中から単語や語句を検索する
   --display=DISPLAY           使用するXのディスプレイを指定する

**Night Mode(夜間モード) [#c3b2e12b]

Evince には Night Mode(夜間モード)という色を反転させる機能があります。

Ctrl+I で色が反転します。

*SyncTeX [#w699c2c2]
-[[Evince Document Viewer › SyncTex:https://help.gnome.org/users/evince/stable/index.html.en#synctex]]
--[[Evince Document Viewer › SyncTex » Supported Editors:https://help.gnome.org/users/evince/stable/synctex-editors.html.en]]

**forward and inverse search [#ga060086]

fwdevince, evince_forward_search を使用して forward search ができます.
invevince, bwdevince, evince_inverse_search, evince_backward_search を使用して inverse search ができます.
inverse search は Ctrl + 左クリックで対応する TeX 文書の該当箇所にジャンプします.

***fwdevince &aname(fwdevince); [#ie18c015]

[[Evince/fwdevince]] を参照.