*[[Ghostscript:https://www.ghostscript.com/]] [#odb09bf1]

Ghostscript は [[PostScript]]/[[Portable Document Format (PDF)>PDF]] インタプリタです.
PostScript/PDF ファイルを読み込んで,画面やプリンタや色々な形式のファイルに出力できます.
詳しくは次のページをご覧ください.

-[[Ghostscript Website:https://www.ghostscript.com/]]
-[[ghostscript.com Mailing Lists:https://ghostscript.com/mailman/listinfo/]]
--[[The gs-bugs Archives:https://ghostscript.com/pipermail/gs-bugs/]]
--[[The gs-devel Archives:https://ghostscript.com/pipermail/gs-devel/]]

----
#contents
----


**お知らせ [#c2f53cec]

Ghostscript 9.50 (2019-10-15) 以降に更新してください.
Ghostscript 9.27 (2019-04-04) およびそれ以前には,アクセス制限回避の脆弱性が存在しますので,Ghostscript 9.50 (2019-10-15) 以降に更新してください.

- ただし,TeX Live 2019 に含まれるいくつかのツールは Ghostscript 9.50 で起きた仕様変更に対応できていない場合があります(例:dvisvgm → [[commit 7b93a91:https://github.com/mgieseki/dvisvgm/commit/7b93a9197b69305429183affd24fa40ee04a663a]],gsftopk → [[forum:2756#p16126]])。Ghostscript 9.27 (2019-04-04) およびそれ以前には,アクセス制限回避の脆弱性が存在するので、問題のある場合は TeX Live を最新版に更新してください。
- ただし,TeX Live 2019 に含まれるいくつかのツールは Ghostscript 9.50 で起きた仕様変更に対応できていない場合があります(例:dvisvgm → [[commit 7b93a91:https://github.com/mgieseki/dvisvgm/commit/7b93a9197b69305429183affd24fa40ee04a663a]],gsftopk → [[forum:2756#p16126]])。TeX Live 2020 では修正される予定です。

- gs-9.50 を使うと [[dviout]] で EPS 画像が表示できない問題が発生します。gsx: を
c:\path_to_gs\gs9.50\bin\gswin32c.exe -dDELAYSAFER
に書き換えると表示できるようになります。(path_to_gs はお使いの環境の Ghostscript のパスに従ってください。)

// gs-9.50 で hyperref のリンク枠線が太くなる? https://tex.stackexchange.com/questions/524044

// gs-9.50 で .setpdfwrite オペレータが deprecated とマークされた。
// ちなみに .dashpath オペレータが削除されたのは gs-9.22 の模様。

// gs-9.50 で XeTeX での pstricks も失敗する。以下で対応。
// (1) dvipdfmx.cfg の変更 (r52766)
// (2) (x)dvipdfmx のソース spc_dvips.c の変更 (r52765)

// gs-9.27 は下記のとおり bounding box の計算にバグがあり,より深刻なためオススメしない。

Ghostscript 9.27 (2019-04-04) およびそれ以前には,アクセス制限回避の脆弱性が存在します。

-[[JVN#52486659: Ghostscript におけるアクセス制限回避の脆弱性:https://jvn.jp/jp/JVN52486659/]]
-[[JVNDB-2019-012236 - JVN iPedia - 脆弱性対策情報データベース:https://jvndb.jvn.jp/ja/contents/2019/JVNDB-2019-012236.html]]

Ghostscript 9.27 (2019-04-04) は, pdfcrop がおかしくなる問題が発生します。
-commit [[06c920713e11bce9bd541bbf9bf294b2ba16aee8:http://git.ghostscript.com/?p=ghostpdl.git;a=commit;h=06c920713e11bce9bd541bbf9bf294b2ba16aee8]]
で修正されたようです。--> pdfcrop in gs-9.27 ([[forum:2622]])
-[[pdfcrop fails with gs9.27 · Issue #63 · ho-tex/oberdiek · GitHub:https://github.com/ho-tex/oberdiek/issues/63]]
-Debian GNU/Linux では ghostscript (9.27~dfsg-2) で修正されました。--> [[#927429 - ghostscript: incorrect bbox is produced in pdfcrop - Debian Bug report logs:https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=927429]]

// gs-9.27 の他の仕様変更:GS_PDF_ProcSet オペレータの削除
// https://github.com/mgieseki/dvisvgm/issues/108#issuecomment-496382796

// gs-9.27 で xdvi 22.87.03 で EPS 画像が表示されない → TeX Live r51707 で対処
// http://takeno.iee.niit.ac.jp/~shige/unix/memo/unix-memo.html#20190924

Ghostscript 9.24 (2018-09-03) は,@filename スキームが使用できず,ps2pdf.bat などが一切使用できないという問題があるので,インストールしない方が無難です。
また Ghostscript 9.24 から PDF を出力する際のバージョンが PDF 1.5 から PDF 1.7 に変更されています。([[pdfwrite - ensure correct ICC profile version being written out:http://git.ghostscript.com/?p=ghostpdl.git;a=commitdiff;h=bb2ea8ca0482cb0bb5632c30e9184e3d19fdc8d2]])

Ghostscript 9.23 (2018-03-21) およびそれ以前の -dSAFER オプションには、脆弱性が存在します.

-[[Ghostscript の -dSAFER オプションの脆弱性に関する注意喚起:http://www.jpcert.or.jp/at/2018/at180035.html]]
-[[JVNDB-2018-006474 Ghostscript に -dSAFER オプションによる保護が回避される複数の脆弱性 - JVN iPedia - 脆弱性対策情報データベース:https://jvndb.jvn.jp/ja/contents/2018/JVNDB-2018-006474.html]]
-[[JVNVU#90390242: Ghostscript に -dSAFER オプションによる保護が回避される複数の脆弱性:http://jvn.jp/vu/JVNVU90390242/]]
-[[Ghostscript脆弱性とImageMagick/GraphicsMagick、そしてGoogle Project Zero:http://d.hatena.ne.jp/ozuma/20180826/1535258202]]

// gs-9.22 で xdvi で EPS 画像が表示されない → gs_init.ps を一箇所修正
// http://takeno.iee.niit.ac.jp/~shige/unix/memo/unix-memo.html#20190719

Ghostscript 9.21 (2017-03-16) およびそれ以前には任意のコードが実行可能な脆弱性が存在します.
TeX Live 2017 (win32) に収録されている Ghostscript 9.21 (tlgs.win32) はこの脆弱性が修正されています.

-[[JVNDB-2017-002808 Ghostscript に任意のコードが実行可能な脆弱性 - JVN iPedia - 脆弱性対策情報データベース:http://jvndb.jvn.jp/ja/contents/2017/JVNDB-2017-002808.html]]
-[[JVNVU#98641178: Ghostscript に任意のコードが実行可能な脆弱性:http://jvn.jp/vu/JVNVU98641178/]]
-[[[texlive] Revision 44181:http://www.tug.org/svn/texlive?view=revision&revision=44181]] gs-9.21: apply the patch to fix a bug ([[http://git.ghostscript.com/?p=ghostpdl.git;a=commitdiff;h=57f20719>http://git.ghostscript.com/?p=ghostpdl.git;a=commitdiff;h=57f20719]])
-[[[texlive] Revision 44112:http://www.tug.org/svn/texlive?view=revision&revision=44112]] Apply security patch for gs-9.21 ([[https://ghostscript.com/pipermail/gs-commits/2017-April/021285.html>https://ghostscript.com/pipermail/gs-commits/2017-April/021285.html]])
-[[Bug 697846 – Security fix causes regression:https://bugs.ghostscript.com/show_bug.cgi?id=697846]]
-[[Bug 697799 – corruption of operand stack:https://bugs.ghostscript.com/show_bug.cgi?id=697799]]

Ghostscript 9.15 (2014-09-22) で [[XeTeX]] 上の [[PSTricks]] で問題が発生する場合は TeX Live 2015 以降に更新してください.

-[[QA: gs9.15 and gs9.10:https://oku.edu.mie-u.ac.jp/tex/mod/forum/discuss.php?d=1393]]
-[[[texlive] Revision 35312:http://www.tug.org/svn/texlive?view=revision&revision=35312]]

また Ghostscript 9.15 (2014-09-22) で,output device から epswrite が廃止され,Ghostscript 9.14 (2014-03-26) で追加・推奨されていた eps2write に完全に置き換わりました.
eps2write/epswrite の挙動の詳細は,[[Ghostscript/使い方]] を参照してください.
以下のようなアプリケーションは,すでに対応を完了しています.
-TeX ソースコードをタイプセットして画像で出力するアプリケーション「[[TeX2img]]」([[参考:http://acetaminophen.hatenablog.com/entry/2014/10/12/081754]])
-InDesign に TeX の数式を貼り込むスクリプト「インてふてふ」([[参考:http://sysys.blog.shinobi.jp/Entry/18/]])
-Windows で TeX に挿入できるグラフ,図を作成するツール「WinTpic」([[参考:http://aogaeru-lab.my.coocan.jp/sub1.html]])
-[[MetaPost]] を発展させたベクトルグラフィック記述ツール「[[Asymptote]]」([[参考:https://twitter.com/aminophen/status/601611509001687040]])

Ghostscript 9.15 (2014-09-22) では回転したテキストを含むファイルを eps2write で処理すると BoundingBox がおかしくなるバグが報告されています.
-[[Bug 695671 - eps2write gives incorrect bounding box with rotated text:https://bugs.ghostscript.com/show_bug.cgi?id=695671]]

Ghostscript 9.14 (2014-03-26) ではハイパーリンクが動作しないので,最新版の TeX Live, 最新版の Ghostscript に更新してください.
-[[pdfwrite - fix Named destinations with Names tree:http://git.ghostscript.com/?p=ghostpdl.git;a=commit;h=c79b0ee1dbc1cbbcbe406abd4bc47f617ed5cb2c]]
-[[Bug 695162 – Internal hyperlinks lost when converting to pdf:https://bugs.ghostscript.com/show_bug.cgi?id=695162]]
-[[Bug 695175 – can't save PDF file if compiled with hyperref packages:https://bugs.ghostscript.com/show_bug.cgi?id=695175]]
-[[Hyper Link fails in gs-9.14:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/tex/mod/forum/discuss.php?d=1292]]
-[[[tex-live] Links fails in latex->dvips after update of tlgs.win32:http://tug.org/pipermail/tex-live/2014-April/thread.html#35059]]
-http://tug.org/pipermail/tex-live/2014-May/035415.html

**動作環境 [#e8b195dc]

Windows, macOS, Linux


**縦書きに関して [#o39e11da]

Ghostscript 9.22 (2017-10-04) 以降は日本語の縦書き PostScript ファイルがうまく表示できるようです。([[gs-9.22:https://oku.edu.mie-u.ac.jp/tex/mod/forum/discuss.php?d=2276]])

//GNU Ghostscript 7.07 は日本の gs-cjk の寄与を含み,和文の扱い(縦書き)に優れています.
//残念ながら Ghostscript 8 以降ではこれが削除されてしまいました.
//Ghostscript 7.07 と比べて,CJK(中国語・日本語・韓国語)の縦書きへの対応が不充分です.
//CID フォントや Windows API を使った日本語の表示はできます.
//Ghostscript 7.07 には脆弱性が存在しますので,縦書きが必要ない場合は最新版の Ghostscript を使用してください.


**フロントエンド [#ka477802]

Microsoft Windows では [[GSview]], [[PS_View]], [[SumatraPDF]], [[Evince]], [[Ghostscript.NET.Viewer:https://github.com/jhabjan/Ghostscript.NET]], macOS では [[Evince]], [[Okular]], [[gv]], Linux では [[Evince]], [[Okular]], [[zathura]], [[qpdfview]], [[gv]] などの Ghostscript のフロントエンドがあります.
これらはいずれも背後で Ghostscript を動かすことにより,PostScript ファイルを表示することができます.


//**不具合 [#o389845b]


**各 OS 特有の Ghostscript 情報 [#w33eec77]

-[[Ghostscript/Windows]]
-[[Ghostscript/macOS]]
-[[Ghostscript/Linux]]


**使い方 [#odaff2e6]

[[Ghostscript/使い方]] を参照.


**関連リンク [#we8f22aa]

-[[CJK fonts and Ghostscript integration:http://www.preining.info/blog/software-projects/cjk-fonts-ghostscript/]]
-[[GhostScriptあれこれ:http://xanadu62.blogspot.jp/2014/11/ghostscript_22.html]]
-[[ghostscriptのコマンドライン引数:http://sage-t.tumblr.com/post/71333720989/ghostscript]]
-[[ghoastscriptの日本語文字化けについて.:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11121158676]]
-[[Ghostscript についてちょっとだけ:http://d.hatena.ne.jp/naruoga/20130110/1357827274]]
-[[Data storage for gs-cjk project:https://www.aihara.co.jp/~taiji/gyve/]](山田さん)
-[[情報工学特別講義 II:http://www.hisenkei.net/~tohru/Lectures/2003/SLICS2/]]
--[[A Guide to gs-cjk Project:http://www.hisenkei.net/~tohru/Lectures/2003/SLICS2/PDFs/guide_to_gs-cjk.distil.pdf]] guide_to_gs-cjk.distil.pdf (PDF)
--[[A Guide to gs-cjk Project:http://www.hisenkei.net/~tohru/Lectures/2003/SLICS2/PDFs/guide_to_gs-cjk.slide.distil.pdf]] guide_to_gs-cjk.slide.distil.pdf (PDF)

***License [#g7897d81]

[[GNU Affero General Public License (AGPL), Artifex Commercial License:http://artifex.com/licensing/]]

現在の Ghostscript のオープンソースライセンスは GNU Affero General Public License (AGPL) です.
((過去の Ghostscript のバージョンには [[AFPL>Wikipedia:Aladdin_Free_Public_License]] 版があります.AFPL 版は商業的な配布に制限があります.このあたりの事情は,古いですが,Ghostscript の作者 [[L. Peter Deutsch>Wikipedia:L_Peter_Deutsch]] の次のインタビュー記事をご覧ください:[[L. Peter Deutsch in conversation with Stig Hackvän [Internet Archive]:http://web.archive.org/web/20041013082602/http://devlinux.org/deutsch-interview.html]]))

***リリース情報 [#jbfe1b2f]

-http://git.ghostscript.com/?p=ghostpdl.git;a=tags
-[[Ghostscript: Release History:https://www.ghostscript.com/release_history.html]]

***ChangeLog [#ua2f6680]

//-[[git.ghostscript.com Git:http://git.ghostscript.com/]]
-[[git.ghostscript.com Git - ghostpdl.git/summary:http://git.ghostscript.com/?p=ghostpdl.git]]
--[[コミットログ:http://git.ghostscript.com/?p=ghostpdl.git;a=shortlog]]

//**Comment [#z51688d5]
//
//- 「PDF への欧文用フォントの埋め込み制御」で書き換えすべきファイルが,gs9.00,8.70では"Resource/Init/gs_pdfwr.ps"に移動しています. -- 13th-note &new{2010-10-12 (火) 15:51:13};
//- 「PDFへの欧文用フォントの埋め込み制御」でgs_pdfwr.psについて/.standardfontsを書き換えずに,"/.distillersettings mark"の下の"/default mark"の下の設定(8.71だと104~130行目,最後の空行も含む)をコピーして/NeverEmbedの行を変更したpsfontsembedという新しい設定を作り,dvipdfmx -D "ps2pdf -dPDFSETTINGS=/psfontsembed %i %o"としても良いようです. -- stamura &new{2010-10-21 (木) 12:00:51};
//- 先ほどは上記のように書きましたが,その後調べてみると/AlwaysEmbed, /NeverEmbedがうまく働かない問題は"http://ghostscript.com/pipermail/gs-cvs/2009-March/009170.html"で解決されているようです.ただし,gs_pdfwr.psのdefaultでは/NeverEmbedが基本14フォントが指定されているので/AlwaysEmbedは効かず,基本14フォントから埋め込みたいフォントを除いたリストを/NeverEmbedに指定するということになりますが. -- stamura &new{2010-10-21 (木) 13:41:39};
//
//#comment