[[LaTeX入門]] /
[[最初の例>LaTeX入門/最初の例]] /
[[簡単な数式 (1)>LaTeX入門/簡単な数式(1)]] /
[[簡単な数式 (2)>LaTeX入門/簡単な数式(2)]] /
[[各種パッケージの利用>LaTeX入門/各種パッケージの利用]] /
[[レポート>LaTeX入門/レポート]] /
[[HTML と LaTeX の比較>LaTeX入門/HTMLとLaTeXの比較]] /
複雑な数式 /
[[図表>LaTeX入門/図表]] /
[[図表の配置>LaTeX入門/図表の配置]] /
[[相互参照とリンク>LaTeX入門/相互参照とリンク]] /
[[文献引用]] /
[[索引作成]] /
[[LaTeX マクロの作成>LaTeX入門/LaTeXマクロの作成]] /
[[スライドの作り方(jsarticle 編)>LaTeX入門/スライドの作り方(jsarticle編)]] /
[[応用的な使い方>LaTeX入門/応用的な使い方]] /
[[発展編>LaTeX入門/発展編]]

----


* 複雑な数式 [#zb2c3812]

ここでは,より高度な数式を入力する方法を説明します。

#contents

**より高度な数式:AMS-LaTeX パッケージ [#n787c2fd]

複雑な数式は,AMS(American Mathematical Society,米国数学会)の [[AMS-LaTeX]] パッケージを使うのが便利です。
AMS-LaTeX を使うには,次のように書きます。

 \documentclass[dvipdfmx]{jsarticle}
 \usepackage{amsmath,amssymb}
 \begin{document}
   ……本文……
 \end{document}

たとえば行列を書いてみます。

#ref(http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/intro/pmatrix.jpg,center,nolink)
#ref(https://web.archive.org/web/20101128152039if_/http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/intro/pmatrix.jpg,center,nolink)
 
 \documentclass[dvipdfmx]{jsarticle}
 \usepackage{amsmath,amssymb}
 \begin{document}
 \begin{equation*}
   A = \begin{pmatrix}
         a_{11} & \ldots & a_{1n} \\
         \vdots & \ddots & \vdots \\
         a_{m1} & \ldots & a_{mn}
       \end{pmatrix}
 \end{equation*}
 \end{document}

pmatrix は parenthesized matrix(丸かっこ付き行列の意味です)。

\ldots , \vdots , \ddots はそれぞれ lower(下),vertical(垂直),diagonal(対角線)に沿った点線です。

**フォントを Times 系に変更:newtx パッケージ [#pb4a87a9]

//% 「簡単な数式(1)」から「複雑な数式」に記述を持ってきたら,
//“標準では Computer Modern が使われます” と
//“amssymb パッケージを読み込んだ場合は AMSFonts が使われます”
//が並んでしまった… この違いってなんでしたっけ?

LaTeX では,欧文や数式中の文字として標準では Computer Modern という Knuth 氏オリジナルのフォントが使われます。
また,上のように amssymb パッケージを読み込んだ場合には米国数学会の数式用フォント AMSFonts が使われます。
Times フォントに基づいた [[newtx]] フォント(新しい TX フォント)を使うには次のようにします。

 \documentclass[dvipdfmx]{jsarticle}
 \usepackage{amsmath,newtxmath}
 \begin{document}
   ……本文……
 \end{document}

**数式記号の一覧 [#u5a83f1b]

複雑な数式記号の一覧を表にしたものを PDF 形式でリンクしておきます。

-[[数式記号一覧:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/intro/symbols.pdf]] (PDF, 120K) [CTAN の [[symbols.tex>CTAN:info/symbols.tex]] を日本語にしたものです] 

もっと実例が豊富な解説をリンクしておきます(ただし英語)。

-[[AMS-LaTeX:http://www.ams.org/publications/authors/tex/amslatex]] (American Mathematical Society) : 特にこの中の Short Math Guide for LaTeX 
-[[Higher Mathematics:ftp://ftp.tex.ac.uk/purged/info/companion-rev/ch8.pdf]] (LaTeX Companion の第8章; PDF 631K)
-[[Herbert Voss's Math mode>CTAN:info/math/voss/mathmode/Mathmode.pdf]] (LaTeX や AMSmath の数式モード解説のほか,Part III には数式組版にかかわる TeX のプリミティブ小事典があります。)

また,数式中でよく用いられるギリシャ文字・ドイツ文字・花文字・筆記体の出力法が以下にまとめられています。

-[[ギリシャ文字, ドイツ文字, 花文字, 筆記体の TeX 表記をまとめておいた:http://phasetr.com/2013/04/14/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E6%96%87%E5%AD%97-%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E6%96%87%E5%AD%97-%E8%8A%B1%E6%96%87%E5%AD%97-%E7%AD%86%E8%A8%98%E4%BD%93%E3%81%AE-tex-%E8%A1%A8%E8%A8%98%E3%82%92/]]