[[LyX]] > 設定

----
#contents
----

*設定 [#d6c4c951]

**言語 [#j97f863b]

***日本語の文書を作成する場合 [#v60a198e]

日本語の文書を作成する場合は babel を off にします.

[ツール(T)] > [設定(P)...] > [言語設定] > [言語]

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%% &color(#2C9EEF,#805000){''L''};&color(#DFCE3C,#805000){''Y''};&color(#DE3232,#805000){''X''};                  %%%};&br;
      ▷ 操作性&br;
      ▷ 編集&br;
         パス&br;
         利用者情報&br;
      ◢ 言語設定&br;
         &color(Black,#DAEAFF){ 言語        };&br;
          スペルチェッカー&br;
      ▷ 出力&br;
      ▷ ファイル処理&br;
<

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%            &color(Black){''LyX: 設定''};                                 &color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%[ &color(Black){''?''}; ]%%%};&color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){&#x1f5d9;}; ]%%%};%%%};&br;
&br;
操作画面用言語(I): &color(Black,#EEEEEE){[日本語             ▼]};((操作画面 (メニューやダイアログなど) 用言語を選択してください。))&br;
言語パッケージ(P): &color(Black,#EEEEEE){[任意設定 ▼]};((どの言語パッケージをLyXが使うべきか選択してください)) %%%          %%%((言語パッケージを読み込むコマンドを入力してください (既定値:\usepackage{babel}) )) ← 言語パッケージを任意設定に変更し \usepackage{babel} を削除します.&br;
開始コマンド(T):   %%%          %%%((外国語への切替を開始するLaTeXコマンド)) ← 開始コマンドの \selectlanguage{$$lang} を削除します.&br;
終了コマンド(N):   %%%          %%%((外国語への切替を終了させるLaTeXコマンド。))&br;
小数点記号の既定値(S):   %%%.%%%&br;
長さ単位の既定値(U): &color(Black,#EEEEEE){[cm              ▼]};&br;
☐言語を大域的に設定(G)((言語を大域的に (文書クラスに) 渡して局所的に (言語パッケージに) は渡さない場合にチェックします)) ← 言語を大域的に設定のチェックをはずします.&br;
☑自動開始(B)((有効にすると、言語切替コマンドで明示的に文書言語を設定することをしないようにします))&br;
☑自動終了(E)((有効にすると、言語切替コマンドで文書言語を明示的に閉じることをしないようにします))&br;
☐外国語をマークする(F)((作業領域で外国語を視覚的にハイライトする時にチェックしてください)) ← 外国語をマークするのチェックをはずします.&br;
右から左書きの言語をサポート&br;
 ☑右横書きサポートを有効化(R)((右から左へ書く言語 (ヘブライ語、アラビア語など) をサポートするときに選択してください。))&br;
 カーソルの動き: 🔘 論理的(L) ◯ 視覚的(V)&br;

<

[適用(A)] &gt; [保存(S)] をクリックして設定を反映させます.

***babel を使用して文書を作成する場合 [#j34bc968]

babel を使用して文書を作成する場合は babel を on にします.

babel のオプションを設定する場合は以下の方法があります.

-クラスオプションでグローバルに設定する
-babel のオプションでローカルに設定する

**LaTeX, 変換子, ファイル形式, 順検索 (forward search) [#o4630905]

#ls2()
 
を参照.

*文書の設定 [#x90c6e46]

**レイアウトファイルの追加 [#g3fd040c]

-[[LyX wiki | Layouts / Layouts:http://wiki.lyx.org/Layouts/Layouts]]
-[[LyX wiki | Layouts / CreatingLayouts:http://wiki.lyx.org/Layouts/CreatingLayouts]]

LyX で自作文書クラスなどを使用したい場合は [ヘルプ(H)] &gt; [カスタマイズ篇(C)] の 『第5章 文書クラスを新規に導入する』 を参照してください.

jlreq を使用する場合はレイアウトファイルを作成して追加します.

レイアウトファイルは [[layouts:http://git.lyx.org/?p=lyx.git;a=tree;f=lib/layouts;hb=HEAD]] フォルダーに存在する [[bxjsarticle.layout:http://git.lyx.org/?p=lyx.git;a=blob;f=lib/layouts/bxjsarticle.layout;hb=HEAD]] などを参考にして作成すれば OK です.

Format 番号は LyX のバージョンによって異なります.

使用している LyX のバージョンの Format 番号を確認して編集してください.

***jlreq.layout &aname(jlreq-layout); [#paa8e862]

jlreq.layout ファイルを新規作成して以下の内容を編集します.

 #% Do not delete the line below; configure depends on this
 #  \DeclareLaTeXClass{Requirements for Japanese Text Layout (jlreq)}
 #  \DeclareCategory{Articles}
 # Requirements for Japanese Text Layout textclass definition file.
 
 # This style provides japanese features 
 Format 66
 Provides japanese 1
 
 # Input general definitions
 Input article.layout

***レイアウトファイルを LyX に追加する [#k55c07b3]

Windows の場合はレイアウトファイルを

-%APPDATA%\LyX2.3\layouts\
//-C:\Users\Lydia\AppData\Local\LyX 2.3\Resources\layouts\
//-C:\Program Files (x86)\LyX 2.3\Resources\layouts\ (64-bit Windows の場合)
//-C:\Program Files\LyX 2.3\Resources\layouts\ (32-bit Windows の場合)

フォルダーにコピーします.

macOS の場合はレイアウトファイルを

//-/Applications/LyX.app/Contents/Resources/layouts/
-&#x7e;/Library/Application Support/LyX-2.3/layouts/

フォルダにコピーします.

Linux の場合はレイアウトファイルを

-&#x7e;/.lyx/layouts/

ディレクトリにコピーします.

[ツール(T)] &gt; [環境構成(R)] をクリックして LyX を再起動します.
[文書(D)] &gt; [設定(S)...] &gt; [文書クラス] に

-Requirements for Japanese Text Layout (jlreq)

が追加されていることを確認します.

**言語 [#a5afecd2]

***日本語の文書を作成する場合 [#ea058295]

日本語の文書を作成する場合は babel を off にします.

[文書(D)] &gt; [設定(S)...] &gt; [言語]

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%% &color(#2C9EEF,#805000){''L''};&color(#DFCE3C,#805000){''Y''};&color(#DE3232,#805000){''X''};                  %%%};&br;
&br;
     文書クラス&br;
     モジュール&br;
     ローカルのレイアウト&br;
     フォント&br;
     本文レイアウト&br;
     ページレイアウト&br;
     ページ余白&br;
    &color(Black,#DAEAFF){ 言語          };&br;
     色&br;
     連番と目次&br;
     書誌情報&br;
     索引&br;
     PDF特性&br;
     数式オプション&br;
     フロートの配置&br;
     プログラムリスト&br;
     ブリット&br;
     派生枝&br;
     形式&br;
     LaTeXプリアンブル&br;
<
日本語の文書を作成する場合は,言語を日本語に設定します.
LaTeX (pLaTeX) で書き出しするときに UTF-8 で出力したい場合は文字コードは 日本語(pLaTeX) (UTF8) を選択します.
言語に日本語を選択して文字コードに言語既定値を選択した場合は文字コードは JIS (ISO-2022-JP) になります.
出力した文書が文字化けしてしまう場合は uplatex, upbibtex, upmendex で処理する文字コードと出力文字コードが一致しているかどうか確認してください.

LaTeX (pLaTeX) で書き出しすると指定した文字コードで出力されます.
lyx ファイル自体は常に UTF-8 で保存されます.

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%                      &color(Black){''LyX: 文書の設定''};                           &color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%[ &color(Black){''?''}; ]%%%};&color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){&#x1f5d9;}; ]%%%};%%%};&br;
&br;
言語(L):    &color(Black,#EEEEEE){[日本語             ▼]}; ← 言語を日本語に設定します&br;
引用様式(Q): &color(Black,#EEEEEE){[「外側」および『内側』(言語既定値) ▼]};&br;
      ☐動的引用符を使用する(Y)&br;
      ☐動的引用符を使用する(Y)((上で選択した様式に自動的に適応した引用符を出力します.これを選択しない場合には,引用符は挿入されたときの様式を維持します.))&br;
文字コード&br;
 ◯言語既定値(G)&br;
 🔘その他(R): &color(Black,#EEEEEE){[日本語(pLaTeX) (UTF8)      ▼]};&br;
&br;
言語パッケージ(C): &color(Black,#EEEEEE){[任意設定 ▼]};((どの言語パッケージをLyXが使うべきか選択してください)) %%%          %%%((言語パッケージを読み込むコマンドを入力してください (既定値:\usepackage{babel}) )) ← 言語パッケージを任意設定に変更し,なにも入力しません.&br;

<

[適用(A)] をクリックします.

***babel を使用して文書を作成する場合 [#ca4fc5c1]

babel を使用して文書を作成する場合は babel を on にします.

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%                      &color(Black){''LyX: 文書の設定''};                           &color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%[ &color(Black){''?''}; ]%%%};&color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){&#x1f5d9;}; ]%%%};%%%};&br;
&br;
言語(L):    &color(Black,#EEEEEE){[日本語             ▼]}; ← 言語を日本語に設定します&br;
引用様式(Q): &color(Black,#EEEEEE){[「外側」および『内側』(言語既定値) ▼]};&br;
      ☐動的引用符を使用する(Y)&br;
文字コード&br;
 ◯言語既定値(G)&br;
 🔘その他(R): &color(Black,#EEEEEE){[日本語(pLaTeX) (UTF8)      ▼]};&br;
&br;
言語パッケージ(C): &color(Black,#EEEEEE){[任意設定 ▼]}; %%%\usepackage[ngerman,english,japanese]{babel}%%% ← 言語パッケージを任意設定に変更し,使用する言語オプションを指定します.&br;

<

[適用(A)] をクリックします.

***[[LuaLaTeX>LuaTeX]] で文書を作成する場合 [#n7a3be37]

LuaLaTeX で文書を作成する場合は文字コードを ユニコード(XeTeX) (utf8) に設定します.

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%                      &color(Black){''LyX: 文書の設定''};                           &color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%[ &color(Black){''?''}; ]%%%};&color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){&#x1f5d9;}; ]%%%};%%%};&br;
&br;
言語(L):    &color(Black,#EEEEEE){[日本語             ▼]};&br;
引用様式(Q): &color(Black,#EEEEEE){[「外側」および『内側』(言語既定値) ▼]};&br;
      ☐動的引用符を使用する(Y)&br;
文字コード&br;
 ◯言語既定値(G)&br;
 🔘その他(R): &color(Black,#EEEEEE){[ユニコード(XeTeX) (utf8)     ▼]};&br;
&br;
言語パッケージ(C): &color(Black,#EEEEEE){[任意設定 ▼]}; %%%          %%%&br;

<

[適用(A)] をクリックします.

**フォント [#r177f199]

[文書(D)] &gt; [設定(S)...] &gt; [フォント]

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%% &color(#2C9EEF,#805000){''L''};&color(#DFCE3C,#805000){''Y''};&color(#DE3232,#805000){''X''};                  %%%};&br;
&br;
     文書クラス&br;
     モジュール&br;
     ローカルのレイアウト&br;
    &color(Black,#DAEAFF){ フォント        };&br;
     本文レイアウト&br;
     ページレイアウト&br;
     ページ余白&br;
     言語&br;
     色&br;
     連番と目次&br;
     書誌情報&br;
     索引&br;
     PDF特性&br;
     数式オプション&br;
     フロートの配置&br;
     プログラムリスト&br;
     ブリット&br;
     派生枝&br;
     形式&br;
     LaTeXプリアンブル&br;
<

文書で使用するフォントを設定します.
11pt で文書を作成する場合は基本寸法を 11 に変更します.
10pt, 11pt, 12pt 以外の大きさの基本寸法を使用する場合は文書クラスのクラスオプションで指定します.
設定を反映させるために [適用(A)] をクリックします.
LuaLaTeX を使用して日本語文書を作成する場合は [[LuaTeX-ja]] を使用して LaTeXプリアンブルに日本語文書に使用するフォントの設定を記述してください.

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%                      &color(Black){''LyX: 文書の設定''};                           &color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%[ &color(Black){''?''}; ]%%%};&color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){&#x1f5d9;}; ]%%%};%%%};&br;
&br;
☐ 非TeXフォントを使用(XeTeX/LuaTeX経由)(U)((fontspecパッケージを使用して、OpenTypeやTrueTypeフォントを使用する (要XeTeXないしLuaTeX) ))&br;
既定のフォント族(D):      &color(Black,#EEEEEE){[既定値                    ▼]};((文書の既定フォント族を選択してください)) 基本寸法(B):&color(Black,#EEEEEE){[11    ▼]};&br;
LaTeXフォントエンコーディング: &color(Black,#EEEEEE){[既定値                    ▼]}; %%%            %%%((フォントエンコーディングを指定します (例: T1)。))&br;
ローマン体(R):          &color(Black,#EEEEEE){[既定値                    ▼]};((ローマン (セリフ) 体の書体を選んでください))&br;
サンセリフ体(S):         &color(Black,#EEEEEE){[既定値                    ▼]};((サンセリフ (グロテスク) 体の書体を選んでください)) &color(#888888,#EEEEEE){縮尺(C) (%): %%%100   [''⇕'']%%%};&br;
タイプライタ体(T):        &color(Black,#EEEEEE){[既定値                    ▼]};((タイプライタ (等間隔) 体の書体を選んでください)) &color(#888888,#EEEEEE){縮尺(A) (%): %%%100   [''⇕'']%%%};&br;
数式(M):             &color(Black,#EEEEEE){[自動                     ▼]};((数式の書体を選んでください))&br;
CJK:               %%%                            %%%((日中韓 (CJK) で文字で使用するフォントを入力してください))&br;
                   &color(#888888,#EEEEEE){☐ 真のスモールキャップ体を使う(M)};((フォントが提供していれば、擬似でないスモールキャップ体を使用する))&br;
                   &color(#888888,#EEEEEE){☐ オールドスタイル数字を使う(O)};((ライニング数字ではなくオールドスタイル数字を使用する))&br;
                   ☐ マイクロタイポグラフィ拡張を有効にする(O)((microtypeパッケージを使用したぶら下げやフォント拡大などの拡張を有効にします))&br;
                   ☐ Disallow line breaks after dashes((By default, a line break can occur en- and em-dashes. Checking this box prevents that.))&br;
<

**出力形式 [#pcd2eafa]

[文書(D)] &gt; [設定(S)...] &gt; [形式]

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%% &color(#2C9EEF,#805000){''L''};&color(#DFCE3C,#805000){''Y''};&color(#DE3232,#805000){''X''};                  %%%};&br;
&br;
     文書クラス&br;
     モジュール&br;
     ローカルのレイアウト&br;
     フォント&br;
     本文レイアウト&br;
     ページレイアウト&br;
     ページ余白&br;
     言語&br;
     色&br;
     連番と目次&br;
     書誌情報&br;
     索引&br;
     PDF特性&br;
     数式オプション&br;
     フロートの配置&br;
     プログラムリスト&br;
     ブリット&br;
     派生枝&br;
    &color(Black,#DAEAFF){ 形式          };&br;
     LaTeXプリアンブル&br;
<

***PDF (dvipdfm) [#lca582a6]

文字コードが 日本語(pLaTeX) の場合は既定値は PDF (dvipdfm) です.
日本語の文書を作成する場合に,dvipdfmx を使用して PDF ファイルで表示を確認したい場合は,既定出力形式を PDF (dvipdfm) に変更して [適用(A)] をクリックします.

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%                      &color(Black){''LyX: 文書の設定''};                           &color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%[ &color(Black){''?''}; ]%%%};&color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){&#x1f5d9;}; ]%%%};%%%};&br;
&br;
出力形式&br;
 既定出力形式(F):               &color(Black,#EEEEEE){[PDF (dvipdfm)                    ▼]};((既定の用紙寸法を指定してください(表示・更新用) ))&br;
<

***PDF (LuaTeX) [#g2e3c1cf]

文字コードが ユニコード(XeTeX) (utf8) の場合は既定値は PDF (pdflatex) です.
LuaLaTeX を使用したい場合は,既定出力形式を PDF (LuaTeX) に変更して [適用(A)] をクリックします.

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%                      &color(Black){''LyX: 文書の設定''};                           &color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%[ &color(Black){''?''}; ]%%%};&color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){&#x1f5d9;}; ]%%%};%%%};&br;
&br;
出力形式&br;
 既定出力形式(F):               &color(Black,#EEEEEE){[PDF (LuaTeX)                    ▼]};&br;
<

**文書クラス [#g33dd885]

[文書(D)] &gt; [設定(S)...] &gt; [文書クラス]

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%% &color(#2C9EEF,#805000){''L''};&color(#DFCE3C,#805000){''Y''};&color(#DE3232,#805000){''X''};                  %%%};&br;
&br;
    &color(Black,#DAEAFF){ 文書クラス       };&br;
     モジュール&br;
     ローカルのレイアウト&br;
     フォント&br;
     本文レイアウト&br;
     ページレイアウト&br;
     ページ余白&br;
     言語&br;
     色&br;
     連番と目次&br;
     書誌情報&br;
     索引&br;
     PDF特性&br;
     数式オプション&br;
     フロートの配置&br;
     プログラムリスト&br;
     ブリット&br;
     派生枝&br;
     形式&br;
     LaTeXプリアンブル&br;
<

***upLaTeX + dvipdfmx の場合 [#ica39b31]

文書クラスで Japanese Article (BXJS Class) または Requirements for Japanese Text Layout (jlreq) を選択し,クラスオプションを設定します.
upLaTeX + dvipdfmx で Japanese Article (BXJS Class) を使用する場合は,グラフィックドライバに既定値を指定します.
upLaTeX + dvipdfmx で Requirements for Japanese Text Layout (jlreq) を使用する場合は,クラスオプションに dvipdfmx を設定してグラフィックドライバに既定値を指定します.
設定を反映させるために [適用(A)] をクリックします.

■ Japanese Article (BXJS Class) の場合

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%                      &color(Black){''LyX: 文書の設定''};                           &color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%[ &color(Black){''?''}; ]%%%};&color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){&#x1f5d9;}; ]%%%};%%%};&br;
&br;
 文書クラス(C)&br;
 &color(Black,#EEEEEE){[Japanese Article (BXJS Class)                           ▼]};&br;
&br;
 クラスオプション&br;
 ☑事前定義(P):  %%%autodetect-engine, dvi=dvipdfmx, ja=standard%%%&br;
 任意設定(T):    %%%11pt%%%&br;
&br;
グラフィックドライバ(G):    &color(Black,#EEEEEE){[既定値    ▼]};&br;
<

■ Requirements for Japanese Text Layout (jlreq) の場合

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%                      &color(Black){''LyX: 文書の設定''};                           &color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%[ &color(Black){''?''}; ]%%%};&color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){&#x1f5d9;}; ]%%%};%%%};&br;
&br;
 文書クラス(C)&br;
 &color(Black,#EEEEEE){[Requirements for Japanese Text Layout (jlreq)                    ▼]};&br;
&br;
 クラスオプション&br;
 &color(#888888,#EEEEEE){☑事前定義(P):};  &color(#888888,#EEEEEE){[事前定義されたオプションがありません]};&br;
 任意設定(T):    %%%dvipdfmx,11pt%%%&br;
&br;
グラフィックドライバ(G):    &color(Black,#EEEEEE){[既定値    ▼]};&br;
<

***LuaLaTeX の場合 [#l1a666c4]

文書クラスで Japanese Article (BXJS Class) または Requirements for Japanese Text Layout (jlreq) を選択し,クラスオプションを設定します.
LuaLaTeX で Japanese Article (BXJS Class) を使用する場合は,グラフィックドライバに既定値を指定します.
LuaLaTeX で Requirements for Japanese Text Layout (jlreq) を使用する場合は,グラフィックドライバに既定値を指定します.
設定を反映させるために [適用(A)] をクリックします.

■ Japanese Article (BXJS Class) の場合

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%                      &color(Black){''LyX: 文書の設定''};                           &color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%[ &color(Black){''?''}; ]%%%};&color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){&#x1f5d9;}; ]%%%};%%%};&br;
&br;
 文書クラス(C)&br;
 &color(Black,#EEEEEE){[Japanese Article (BXJS Class)                           ▼]};&br;
&br;
 クラスオプション&br;
 ☑事前定義(P):  %%%autodetect-engine, dvi=dvipdfmx, ja=standard%%%&br;
 任意設定(T):    %%%11pt%%%&br;
&br;
グラフィックドライバ(G):    &color(Black,#EEEEEE){[既定値    ▼]};&br;
<

■ Requirements for Japanese Text Layout (jlreq) の場合

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%                      &color(Black){''LyX: 文書の設定''};                           &color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%[ &color(Black){''?''}; ]%%%};&color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){&#x1f5d9;}; ]%%%};%%%};&br;
&br;
 文書クラス(C)&br;
 &color(Black,#EEEEEE){[Requirements for Japanese Text Layout (jlreq)                    ▼]};&br;
&br;
 クラスオプション&br;
 &color(#888888,#EEEEEE){☑事前定義(P):};  &color(#888888,#EEEEEE){[事前定義されたオプションがありません]};&br;
 任意設定(T):    %%%11pt%%%&br;
&br;
グラフィックドライバ(G):    &color(Black,#EEEEEE){[既定値    ▼]};&br;
<

**フロートの配置 [#ofebe217]

図や表を使用する場合は

[文書(D)] &gt; [設定(S)...] &gt; [フロートの配置] で設定可能です.

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%% &color(#2C9EEF,#805000){''L''};&color(#DFCE3C,#805000){''Y''};&color(#DE3232,#805000){''X''};                  %%%};&br;
&br;
     文書クラス&br;
     モジュール&br;
     ローカルのレイアウト&br;
     フォント&br;
     本文レイアウト&br;
     ページレイアウト&br;
     ページ余白&br;
     言語&br;
     色&br;
     連番と目次&br;
     書誌情報&br;
     索引&br;
     PDF特性&br;
     数式オプション&br;
    &color(Black,#DAEAFF){ フロートの配置    };&br;
     プログラムリスト&br;
     ブリット&br;
     派生枝&br;
     形式&br;
     LaTeXプリアンブル&br;
<

>
☐ 既定の配置を使用する(D) ← チェックをはずす&br;
 配置の詳細オプション&br;
 &color(#888888,#EEEEEE){☐ ページ上部(T)};&br;
 &color(#888888,#EEEEEE){☐ ページ下部(B)};&br;
 &color(#888888,#EEEEEE){☐ フロートを独立したページに(P)};&br;
 &color(#888888,#EEEEEE){☐ 可能ならば現在位置に(H)};&br;
 ☑ 何としても現在位置に置く(F)&br;
 &color(#888888,#EEEEEE){☐ LaTeXの規則を無視する(I)};&br;
<

**LaTeXプリアンブル [#lb7cb5ad]

プリアンブルを編集したい場合は

[文書(D)] &gt; [設定(S)...] &gt; [LaTeXプリアンブル] で編集可能です.

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%% &color(#2C9EEF,#805000){''L''};&color(#DFCE3C,#805000){''Y''};&color(#DE3232,#805000){''X''};                  %%%};&br;
&br;
     文書クラス&br;
     モジュール&br;
     ローカルのレイアウト&br;
     フォント&br;
     本文レイアウト&br;
     ページレイアウト&br;
     ページ余白&br;
     言語&br;
     色&br;
     連番と目次&br;
     書誌情報&br;
     索引&br;
     PDF特性&br;
     数式オプション&br;
     フロートの配置&br;
     プログラムリスト&br;
     ブリット&br;
     派生枝&br;
     形式&br;
    &color(Black,#DAEAFF){ LaTeXプリアンブル  };&br;
<

upLaTeX + dvipdfmx あるいは LuaLaTeX で文書のプロパティのタイトル・作成者・サブタイトル・キーワードを作成したい場合は LaTeXプリアンブルで

>
&color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%                      &color(Black){''LyX: 文書の設定''};                           &color(#DFBE0C,#DFBE0C){%%%[ &color(Black){''?''}; ]%%%};&color(#DD4444,#DD4444){%%%[ &color(White){&#x1f5d9;}; ]%%%};%%%};&br;
 \usepackage{ifpdf}
 \usepackage{ifluatex}
 \usepackage{ifxetex}
 \ifpdf
   \ifluatex
     \usepackage[pdfencoding=auto]{hyperref}
   \else
     \usepackage[whole,autotilde]{bxcjkjatype}
     \usepackage[unicode]{hyperref}
   \fi
 \else
   \ifxetex
     \usepackage{hyperref}
     \usepackage{zxjatype}
     \setjamainfont{ipaexm.ttf}
     \setjasansfont{ipaexg.ttf}
     \setjamonofont{ipaexg.ttf}
   \else
     \usepackage[dvipdfmx]{hyperref}
     \usepackage{pxjahyper}
   \fi
 \fi
 \hypersetup{%
  bookmarksnumbered=true,%
  colorlinks=true,%
  setpagesize=false,%
  pdftitle={WYSIWYMのLyXで},%
  pdfauthor={たのしい},%
  pdfsubject={LaTeXが},%
  pdfkeywords={ポポポポ~ン}}
<

のように編集すれば OK です.

LaTeXプリアンブルで [[hyperref]] パッケージを読み込んでいる場合

[挿入(I)] &gt; [TeXコード] で

 \def\LyX{\texorpdfstring{L\kern-.1667em\lower.25em\hbox{Y}\kern-.125emX\@}{LyX}}
 \section{\LyX{}するたびファイルがふえるね}

のように入力して [文書(D)] &gt; [[PDF (dvipdfm)] を表示(V)] をすると自動的にしおりを作成してくれます.

*[[Inkscape]] との連携 [#r74179c0]

-[[LyXとInkscapeを連携させる:http://shogo82148.hatenablog.com/entry/20100521/1274429760]]
-[[LyX wiki | Tips / UseInkscapeSVGImages:http://wiki.lyx.org/Tips/UseInkscapeSVGImages]]